スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

絵で見るドイツ語2

EMも終わり、ブンデスも8月の中旬までない週末です。
観戦&聴戦の予定のないフリーな週末、いまのうちに貯め込んでおかねば。時間の有効活用です。

フスバルに明け暮れた6月の分、今月はドイツ語を重点的に、集中的に取り組んでいく予定です。

さて、最近常時カバンの中に忍ばせている本が一冊。
これは普段の多読用の一冊とはまた別の、「ドイツ語をドイツ語として覚える本」カテゴリで携帯しています。


絵で見るドイツ語2 新装版 (スルーピクチャーズシリーズ) (スルーピクチャーズシリーズ)絵で見るドイツ語2 新装版 (スルーピクチャーズシリーズ)
(2008/02/07)
I.A.リチャーズ

商品詳細を見る


この本の内容は、私の説明よりも、ひとつ見ていただいたほうがわかるかと思います。
本文9P。
080706_1717~0001


頁の見方は、上から
1)→2)
3)→4)
という風に、四コマ調でドイツ語が絵で表現されています。

左上の女性。どこからどう見ても、歯を磨いています。絵は万国共通で、この絵を見て、「髪をとかしている」と答える人はあまりいないでしょう。
それで、この絵から、「この文は、『歯を磨いている』という意味なんだな」と認識し、ドイツ語で歯を磨くのは、こう言うんだな、と理解するのが目的の本です。
コマ2)は、
「Was ist das? - Das ist ein Kamm.」
「Und das?」
「Das ist eine Buerste.」

コマ3)は、
「Sie buerstet sich das Haar.」

そして笑えるコマ4)
「Er buerstet sich das Haar mit zwei Haarbuersten.」

いや、ふつうしないから、そんなこと(笑)
変化をつけて覚えるための文でしょうが、たまにこうして、「え!?」という絵があってくすりとさせられます。
ひとコマにつき、一描写。そして何度も何度も同じ表現、同じ単語が出てきますので、辞書を使わず、いやむしろ注意書きで、「辞書は使わず、日本語に置き換えるのではなくそのままのドイツ語として覚えてください」とあるくらいです。
まるまるそっくりこの表現を覚えるのが、一番ドイツ語を吸収するのにいいのかもしれません。

私はこのはじめの注意書きの、「日本語に置き換えず、ドイツ語をまるごとそのままドイツ語として覚えてしまいましょう」に惹かれて購入しました。
本の後半は、この四コマ教材の復習として、ワークブックがついています。練習帳として、自分がどこまでこの四コマから吸収できたのか、試せるようになっているところも、さらに○です。

もともとは、この絵で見るシリーズは、「絵で見る英語」がルーツらしく、そこから派生してドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ロシア語、とたくさんの言語で同じ絵が採用されているようです。
若干違うページもあるでしょうが、これで一言語を習得したら別の言語の同じ本を買ってみると、2言語目の習得も、早くなるのかも……?


辞書を使わず、頭の中で日本語に訳さずにそのままそっくり覚えるドイツ語。
わからない単語も、何度も出てくるうちに(そして対義語などで説明されているところが多い)自然と身についている、不思議な本です。

※初版が1975年、その復刻版のため、通貨単位はマルクのまま(ユーロでなし)、新正書法にも非対応です。マルク時代が懐かしい、シュミット氏は旅行のため600ドイツマルクを持っていきました、なんていう表現もあります。


Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます!!
deutsch


2008/07/06(日) 17:37 | Buch | トラックバック(0) | コメント(3)

てくてくドイツ

旅行に行く前には、なにがしか参考になるものが欲しくなりますよね。
旅行記を読んだり、旅行会話本を安心と保険のために購入したり。
いろいろな本屋を渡り歩きましたが、一番面白くブレーメンを紹介してくれていたのは、この本でした。

てくてくドイツてくてくドイツ
(2006/04/26)
いしかわ ともこ

商品詳細を見る
芸大生なイラストレーターさんの(ほぼ)ドイツ一周イラスト旅行記本。写真なし、イラストのみですが、体験記としてはこれ以上ないくらい魅力的。ドイツに行きたくなること請け合いです。


ミュンヘンから旅が始まり、シュツッツ→フランクフルト→ケルン→ハンブルク(この章の中にブレーメンがありました)→ベルリン、という章立てになっています。

071117_0709~0001
ブレーメン紹介ページを前記事(ベトベンのしおりに関する記事)よりちょろっと拝借。ロバの足がぴかぴか描写されていて、足に触られまくって磨かれているさまを想像してちょっと笑いました。(ロバの足にさわると幸せになれるとか、お願い事が叶うとか、まあどの街にもあるお願いスポット……いやいや、私も触ってきますとも、ええ!)

本当に、写真は一枚もなく、見たもの触れたもの聞いたもの(?)すべてがイラストで表現されています。
それにユースホステルの楽しさも書いてくださっています。ユースというのは、かなりの若者でないと泊めてもらえないところだと勝手に思っていたのですが、どうやらドイツの一部の州だけが上限年齢を定めていて、後の場所は上はいくつでもOK!ということみたいですね。
詳しくはこちらで→『日本ユースホステル協会

ドイツ語しゃべれない、でも行っちゃおう!
という飛び込み精神が、いかにも若者らしいですが、本の内容もまさにそれ。
しゃべれなくてもなんとかなるさ、というのを体言しているかのような旅行本です。
参考になる部分あり、ここは「う~ん」というところありの本ですが、2ページだけでもブレーメンに触れてくれているところで、プラス200ポイント<100ポイント満点で
食べるのがお好きな方のようで、ブレーメンのおすすめレストランなども紹介してくれてます。一人旅だときつそうな肉のかたまり料理などもありますが、行ってみたいなあ。私自身はかなりの少食なので、誰か連れがいないと厳しそうですが。

この本が出たのが2006年の4月という、まさにWM2006ドイツ大会の前だったためか、9ページに渡って(うち1ページは『おまけ』でしたが)【サッカースタジアムツアー~2006年W杯~】と銘打って開催12都市すべてのスタジアムの紹介がされていました。イラストで表されてるそれぞれのスタジアムは写真で見るのとまた違って面白いです。簡単な行きかた案内なぞも一言残されていたりで、ちょっとお得ページ。
他のスタジアムが盛り上がってるぞー的な紹介をされているのに、ライプツィッヒのZentralstadionだけが閑古鳥の鳴くようなイラストで、よっぽどここはさびしい場所だったんだろうなあ、というイラストならではの表現方法が面白いです。きっと試合日には賑わう場所なんでしょうけれども、行った日が悪かったですね……。
ちなみにこのスタジアムツアーのおまけは、日本代表が合宿を行った場所、『ボン』の紹介=街一番の名士・ベトベンさまの出番ですよ。
ボンにはベトベンの生家があるのです。
あの芸術にうといエーベルバッハ少佐ですら(@エロイカより愛をこめて)ベトベンに関しては詳しかったですからね。<NATOの本部は冷戦当時(漫画の中の時間軸で)ボンにありましたから

ガイドブック、という点では(つまり旅行社にとって役立つ、事細かな情報が満載かどうかという点では)旅行会社発行のものには遠く及びませんが、楽しい読み物、旅行前に気分を盛り上げる本としては、とってもおすすめです。
少し前の本ですが、大きめの書店では、『旅行記』コーナーにひっそりと置いてあったりするので、一度ぱらぱらっとめくってみるのもよろしいかと。
私はこの本で、ケルンのチョコレート博物館の工場見学の内容を知り、ものすごーく行きたくなりました。(チョコレート大好きです)
通り一辺倒な旅行本だけでなく、こういった変り種本がもっと出てくれば、ドイツももっと身近な国になると思うのですが、どうでしょうね~?


ランキングに参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch
コメントにてお問い合わせいただきました皆様、こんなんですがいかがでしょうか~?

2007/11/23(金) 14:40 | Buch | トラックバック(0) | コメント(6)

続・ドイツ代表ポートレート本

Deutschlands Fussball-Nationalspieler. Jogis Jungs im PortraetDeutschlands Fussball-Nationalspieler. Jogis Jungs im Portraet
(2007/03)
Dino Reisner、Sven Simon 他

商品詳細を見る
@Amazon.co.jp

お求めはあちら(↑)の日本支店もしくは、
Amazo.deで。しかしdeで購入ですとさらに送料もかかるので日本で買ったほうが単品ならお安くつきます。

思った以上に反響いただいてびっくりしております。
私も何かを買おうと思ったときにはよそ様のレビューは参考にしているので、多少なりとも私の書いたことが皆さんのお心のどこかにひっかかってくれたなら本望であります。
そしていくばくかのご質問もいただきましたので、昨日私も書きもれたな、と思ったことを追記したいと思います。

特別6ページ仕様になっている選手のことは前記事に名前をあげましたが、普通に4ページの取り扱いの選手は以下の通り。
・メルテ
・アルネくん
・メツさん
・サソリんJansenくん
・オドンコ
・ボロ
・スナイダさん
・クラニィ
・ノイたん
・アザ
・Jogiさん
+コーチ陣は2ページ

以上が主力としてひとりでババンと紹介されている選手たち(+監督)です。
それに、WMからEMへの新戦力として、GK・DF・MF・FW部門でそれぞれひとくくりにされて、期待の若手が紹介されてます。
GKからは、ヒルデくん・うちのWiese大明神・エンケさん・ドルのWeidenfellerさん。
DFからは、Madlungくん・Mの方のフリードリヒくん・フリッツィ・Panderくん・Fathiくん。
MF部門は、Boatengくん・東風さんのところ(笑)のオットルくん・Castroくんに、トロくんことTrochowskiくん。
FWはちょっと多くて、ズーパーマリオゴメスくん・うちのHunt(苦笑)・キースリングくんにシュラウドラフくん。それに忘れちゃいけないハンケたん。
写真がある人、記事だけの紹介の人もいますが、これだけの若手がドイツ代表の座を虎視眈々と狙っているわけです。やっぱり、WM後に活躍している選手(で、2007年3月出版ですのでそれまでの間に活躍した選手)は記事の紹介も長いです。
若手がどんどん出てくるのはいいことだ~。

ちなみに本の厚みを表紙紙込みで計ったら1.6cmありました。分厚いな~。
重量は、うちに今計量器がなかったので割愛で(笑)

はてさて、ご質問にはこれでお答えできているかどうか。


Ranking参加中です。
fussball
クリック応援たまにいただけると嬉しいです。


2007/10/15(月) 23:59 | Buch | トラックバック(0) | コメント(2)

ドイツ代表ポートレート本

本日、めでたく我らがドイツ代表マンシャフトさんたちがEM本選行きを決めた記念に、一冊の本をご紹介したいと思います。
購入自体はずい分前にしていたのですが、紹介するタイミングがなかなかつかめなかった一冊です。
代表週間中に代表本の紹介。これはGute Idee!<自画自賛(笑)

Deutschlands Fussball-Nationalspieler. Jogis Jungs im PortraetDeutschlands Fussball-Nationalspieler. Jogis Jungs im Portraet
(2007/03)
Dino Reisner、Sven Simon 他

商品詳細を見る

装丁:ハードカバー
サイズ:A4より一回り大きいサッカー雑誌サイズ
全120ページ

かなりずっしりとした重量の本です。気軽に持ち歩けるものじゃあございません(笑)
しかし、重量に見合った内容本でもあります。
WM2006後、Klinsiが退いた後の代表チームを、ひとりひとりの選手に焦点を当てて文と写真でたっぷり紹介してくれてます。
ですので、WMのころにはいなかったクラ兄やフリッツィ、さらにはU21から期待の星としてHuntの写真まで載っています。

本のタイトルが、『Jogis Jungs』ですので、もしや“Jungs”とは呼べないようなカピテン・フリ・ボロ・ノイたん・スナイダさん・レーマンにいは登場しないのでは、と届くまでは実はどきどきしていたのですが、ばっちりページ割かれていて一安心です。
そういえば私は緑白Werder本はそれなりに所有しているのですが、代表に関して本という媒体では持っていないことに気づき、それで今回どうしても代表本が欲しくて購入に踏み切った、というどーでもイイ裏事情が。
そしてもちろん当たり前にドイツ語表記本ですので、全員分をさらさらっと読めるわけなく。いまだにミロ・メルテ・アルネくん・うさラムたんあたりをさらっと読み流している感じであります。
今はまだつたない辞書片手ですけれども、来年か再来年にはすらすらーっと辞書無しでも面白く読めたりするんでしょうか。そういったところも、語学を学習しているときには楽しみのひとつですよね。今日わからないことでも明日はわかるかもしれない。ましてや来年なら、なんて期待だけがふくらみます。


はてさて、それでは折りたたみ追記にて詳しい中身の紹介なぞ。

【weiter...】(続きを読む)...

2007/10/14(日) 21:01 | Buch | トラックバック(0) | コメント(10)

Werder Bremen - Sonderheft Saison 2005/06

Werder公式記事にあがっていた、「新DVD情報!」とともにあったぺらい本は付録ではありませんよ~(笑)
同じ本を前期(05-06シーズン)のものですが持っておりますので、軽くご紹介したいと思います。

SV Werder Bremen - Sonderheft Saison 2005/06: Die Bilanz! Alle Spieler, alle Tore, alle Statistiken SV Werder Bremen - Sonderheft Saison 2005/06: Die Bilanz! Alle Spieler, alle Tore, alle Statistiken
(2006/05)
Werkstatt GmbH
この商品の詳細を見る
※これは前のシーズン(05-06シーズン)の本です!ご注意!

コレはドイツに注文しなくても、日本国内発送もできます。
Amazon.co.jpで取り扱い有です。
私はco.jpで購入しました。
もちろん、Amazon.deでも取り扱ってます。
Werder DVDとご一緒にお買い上げになれば、ドイツ本国からのWerderパック(勝手に命名・荷物を開けたら緑白ばかりなり)になってお届けです(笑)DVDにシーズンブックに…いいですねえ。
Amazon.deでお求めの際は、こちらでどうぞv

このシーズンブック、お値段がそうとうお求めやすくなっております。
ドイツでいうと、3,50EURO。
日本価格だと(Amazon.co.jp)¥551(税込)
しかし、この本は実際90ページもあります。
なのに、なぜこの価格? 安すぎない?
と思っていましたら、その理由は本のつくりにありました。

本の内容としましては、
「シーズン終了後のまとめ本」
というところでしょうか。
Werder05-06シーズンのすべての試合結果とどんな内容だったのか、おそらく公式HPに載っていた内容を一部改定して載せているもの。それに試合中の写真があって、でまるまるHPを本にしたよ、ってな感じです。試合後のシャフさん、アロフスさんのコメントなどもその試合にそれぞれ載っています(すべての試合についてではありませんが)

こんなページが延々と。
070615_02
Seite(ページ)24,25より

左ページ上から、
・試合写真(ミロがドッペル決めて喜んでるとこ・NaldoとHuntがゆりかごパフォ・ボロがKicerさんとこの月間優秀選手賞もらっているところ)
・何節か(13節、2005/11/19<おっ自分の誕生日v
・対戦カード(Werder対ヴォルフスブルク 6:1)
・試合の分析

と、こういった構成です。
試合のスタメン、誰がTorを決めたか、黄紙が誰にでたか、などは後半に載っていますので、まあほんとに丸々1シーズンの記録本、ですね。
ハイライトDVDには試合結果、誰がどんだけTor決めたか、なんてのは見てればわかるよ、くらいで案内がないので、DVDとこの本のセットで一人前なんですねえ。
そりゃあWerder公式もセットで画像を載せますわ。


そしてもうひとつ。
この本がお求め安い価格な理由。

ものっすごい“薄い”です。
90ページあるのに、薄いです。
あれです、日本でいうところの女性週刊誌などは表紙もしっかりしていい紙使ってますが、これはもう、表紙も中の紙も送料対策しました、ってくらい一枚一枚が薄いです。
まあ中の紙までざらざらの粗悪紙だったら紹介はしなかったでしょうが、その点は紙自体が薄くともちゃんと光沢紙使って綺麗に画像もプリントされてますので、安心でした。
A4サイズ、でもちょっとぺらぺら気味なので、カバンに入れて持ち歩くにはちと不向き。
DVDを見ながら、ソファでコーヒー片手にペラペラめくる用、というのが私のこの本のもっともお似合いな活用方だと思うのですが、どうですか。

今年も同じ価格での発売らしいですので、おそらくこのぺらさ加減はなおっていないと思われます。
しかし06-07シーズンを振り返るなら、この本の存在はかかせないかな、と思いましたのでご紹介でした。


……といってもまだ06-07シーズンの我らの購入可能時期は未定なんですが。いつAmazon.deで公開されるかなあ、と首を長くして待ってます。

2007/06/16(土) 07:38 | Buch | トラックバック(0) | コメント(2)

ドイツ語おもしろ翻訳教室

少しばかりBlogを留守にしていた間に、いろいろなことを見直すいい機会になりました。
まずは、自分のドイツ語に対する姿勢について。

ドイツ語おもしろ翻訳教室 ドイツ語おもしろ翻訳教室
太田 達也 (2007/03)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る


エヌハーカー(笑)出版より、こんな本が出ました。
もとは「ドイツ語テレビ会話」テキストに連載されていた話を再録したものらしいのですが、自分はラジオ専門でしたので、当然テレビ会話のテキストは買っておらず。
また、一冊の本にまとまっていることで読み進めるにもとても楽でした。
ドイツ語を日本語に訳すときに必要な、「コツ」を対話形式でわかりやすく、かつ的確に教えてくれるこの本のおかげで、ずいぶんと翻訳に対する考えも変わりました。
これまで、幾度か「なんちゃって翻訳」をBlog内で投稿してきたりしましたが、そんな『なんちゃって』ではいけないんだなあ、としみじみ思ったり。
お給金をもらっている、いないにかかわらず、テキストに向かうときには真摯に、丁寧に、わかりやすく。
自分のドイツ語レベルがそこまで達していないのは自分が一番よくわかってはいますが、この本が一日も早く自分の血にも肉にもなるように頑張っていく所存でございます。

それにしても、この本に登場する『O先生』=著者の先生はほんとうにわかりやすい文を書いてくださいます。
ラジオ講座も担当された方なのですが、私個人としてはこの先生の講座のときが一番面白くてわかりやすく、ドイツ語に向き合えた気がします。
まああくまで私の主観ですが。

2007/03/25(日) 00:05 | Buch | トラックバック(0) | コメント(0)

DREAM ELEVEN VOL.1 GERMANY



本
DREAM ELEVEN GERMANY
DREAM ELEVEN VOL.1
ドイツ代表特集



表紙から尻尾まで、まるごとぜんぶ、ドイチュ大特集。
銀座コアのなかにある書店「ブックファースト」では特集コーナーにW杯・サッカー関連誌をずらり。
今朝方の……ヤーパンの結果により、この特集棚が近々撤収されるかもしれないので、もしも↑のカピテン・バラックさんの魅力にくらりな方はお早めに(って銀座に足を伸ばすことが前提なのですが)
今年の1月に出たものらしく、普通の本屋さんではなかなか置いていないやも。リンク先のAmazonでも出荷が、「通常4~6週間以内に発送します」になっているので、私のようににわかドイチュフースバルフアンな方にはとてもオススメ。

目玉ページとして、ドイツ代表&監督のインタビュー有。
メンツは、カピテン・バラック/カーン/シュバインシュタイガー/クリンスマン監督/ベルティ・フォクツ元監督。
また、ご意見番・皇帝ベッケンバウアーとハンガリー代表監督のマテウスの選ぶ、新旧ベストイレブンの左右見開き選手紹介が面白いです。
ベッケンバウアー歴代ベスト。マテウスが現代ベストイレブンをそれぞれ選んで、薀蓄を垂れています(笑)
発行されたのが繰り返すようですが今年に入ってすぐなので、メンツが今の実際のW杯と違っていたりしますが、これはこれで「なるほどね」に納得です。

――しかし、インタビュー記事のなかでシュヴァイニの前に置かれているプレッツェルの美味しそうなこと!
ビールによくあいそうです。

2006/06/23(金) 23:59 | Buch | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。