スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

die Pruehfung (試験)-1

まだドイツ語検定試験のすべてが終わったわけではありませんが、それでも4分の3は終わりました。あと残すは、口答試験(Muendlicher Ausdruck)のみ。
口答試験は別の日に行われます。
ですのでひとまず、ここでほっと一息。
これでようやく、いろいろな情報を 漁りに 求めてネットの大海に漕ぎ出せます。
Merteの手術が無事成功したことだけは確認したのですが、それ以外はさっぱりですので、いろいろいままで通り過ぎてしまったあれやこれやのニュースもじっくりと読みたいなーと思いながら、ほかにもたくさんやりたいことが。
ああでもまだ口答試験の対策学習もあったのでした。

口答試験まで試験の感想は待とうと思いました。
が、おそらく日を追うごとにどんどん忘れていってしまうだろう自分の記憶力の適性認識のもとに、今回の試験について少しばかり書き残しておきたいと思います。



折りたたみ追記にて、詳しい感想なぞ。


Deutschランキング参加しています。クリック応援、いつもありがとうございます。
deutsch


思えばこの検定試験を受けようと思ったのは、ドイツ語学校の先生の一言からでした。
「一度は受けておいた方が自分のためになりますよ」
そのときは、『そうかーそうだよな、次の検定試験はいきなり難しくなるという話だし、腕試しに受けてみて、試験というもの自体に慣れておかないと』と気安く考えていたところがありました。

しかしたしかに、いま思い返すとこの試験、ものすごーくためになりました。
試験そのものは一時間強で終わったものですが、それまでにかけてきた時間と集中力、そして自分の頭の中に残ったその間に習得したドイツ語は、これまでのなんちゃってだらだら続けてきたドイツ語学習の時間よりも密で、濃厚で、貴重な経験になっている、とひしひしと感じます。

試験を受ける=真面目にやらねば。

単純すぎる自分は試験を受けることに決めてから、もうそれだけに回路が働いていていっそ天晴れ、というくらいの猪突猛進でした。いのしし年ではないんですけれどもね(笑)
正直これほどテキストに真面目に向かったのは初めてではなかろうか。人間、目先の越えたいハードルが目の前にあるとがむしゃらに頑張れるものなのですね。

このがむしゃらさを最後の口答試験まで持続すること、いまはそれが目先の目標です。


実際に受けたパート別の感想など。

『 Hoerverstehen(ヒアリング) 』
気軽に、気張らずに、と思っていたのですがやはり十数年ぶりのテスト。緊張しいの私ははじめ、がっちがちでした。そんなところに、最初のパートがヒアリング問題です。
2回繰り返してくれる問題と、1回のみの一発勝負の問題があったのですが、これが普段の授業や家で構えているときとはまるっきり違う言語のように聞こえてしまいまして。。。
よくテレビのクイズ番組で、「こんな問題簡単だよー」とお茶の間で言っているのと、実際にスタジオで答えている芸能人さんとの違いを実感できたような気が。
いま思い返してみると、決して難しいことは言っていないんですよね。なぜあのときは聞き取れなかったのだろうか……あと、私は数字に弱いとは思っていましたが、緊張中には40と60が同じに聞こえてびっくりしました。そんなわけないない。フィァツィッヒとゼヒツィヒ。どうしてだ。
数字以外の聞き取りは、大方できていたと思います。


『 Leseverstehen(文章読解) 』
平坦なテキストや広告を読んで、選択肢から回答を選ぶというもの。これは、日ごろから某緑白クラブの公式記事を斜め読みにせよ目を通していた甲斐あってか、間違いは少なかったかと思います。
特に、回答がRichtig(正)かFalsch(誤)かを選択する問題は好きなので、嬉々として取り組み……いや、意外とこれが時間をとられました。
試験には時間配分というものが必要、ということで、わからないものは後で戻ろう、と空欄のまま次に進みます。


『 Schriftlicher Ausdruck(記述) 』
提示された数種類のテキストから、あるフォーマットのなかの空欄を埋めていく記述問題と、簡単なメールを記述問題の2パートでした。
ここの練習が一番私に足りていない(口答試験は除く)と実感できた問題でしたね~。
表埋めはなんとか最後の3分まで粘って埋められたのですが、メールを書きましょう、が。
普段どれだけ自分の言葉でドイツ語を書いていないのかがバレバレです。
文を表現する能力を養うには、やっぱり練習あるのみ、ですかね。
このメールの記述問題が、いったいどれくらいの点数をつけられるのか、すごーく不安です。
でも、これもすべていまの自分の実力のうち。不得手なものが見つけられたのですから、これから努力して改善していけばいいだけですヨ!

Uebung macht den Meister!!
(練習あるのみ)


わからない問題もありましたが、空欄はよくない、とひとまずすべての欄を埋めて提出しました。
これがどう出るか。次は来週の口答試験です。
それが終われば、晴れて再び自由の身。
もうしばらく、もぐります~。


2008/07/26(土) 00:11 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/989-7e08f426
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。