スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Benefizspiel “die Revanche”


Per Mertesacker fordert Oliver Pocher im Fussball-Benefizspiel zur Revanche heraus.
@Per-Mertesacker-Stiftung.de

で、チケット発売が6月2日から、あります。
今年もチャリティー試合がありますよ、ハノーファー。
メルテザッカーさんが昨年PK戦で負けたリターンマッチとして、今年も開催することとあいなりました。
7月12日、16時キックオフ。
大人おひとりさま12ユーロとなっております。

昨年のチャリティー試合が好評のためか、それとも毎年恒例化するのかはわかりませんが、今年もあって嬉しいです。
……私が現地に向かえたらもっと嬉しかったのですが、この期日では弾丸ツアーでもせねばちと無理ですね~。


080127_02
昨年のチャリティーの模様は、こうして一冊の本になりました。

080127_04
今年もまた、こうして小さなPocher氏(隣のひととの比較)とおおきなMertesacker氏の対決を記事だけにせよ見られるのは嬉しきこと。

きっとまた後ほど何がしかの形にして残してくれるといまからどきわくですv

どちらが勝つにしても、きっとチャリティーとして良い雰囲気で成功に終わることでしょう。
しかし、この時期……ひょっとしてもうクラブの夏休み後練習始まっている時期ではなかろうかと思われるのですが、このためにお休みってもらえるものなんでしょうか??
Werderからは昨年、ボロとFritz氏が応援に参加してくれたのですが、今年も誰かが参戦してくれるの、かな?



Fussballランキング参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
fussball


2008/06/02(月) 00:17 | 【サッカー】 Merte | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

東風

『』

私から見ると本業なのか副業なのかといいたくなるほど社会貢献に熱心なあのラムたんが「優しい人柄で、チャリティ基金を立ち上げた」とニホンの雑誌に紹介しているほどの身体もココロも大きなメルテ君。今年もあるんですね!
つくづく、雑誌お家社のみなさん、サッカー選手の社会貢献の目の付け所が違っていたんじゃないか、と・・・。入場料が12ユーロっていうのがこれまたいいじゃないですか!
Pocherさんってハンブルクの選手なのでしょうか?もしハンブルクの選手が・・・ということだったら代表イチ小さなピオトル君もハンブルクの所属ですね。

2008/06/02(月) 09:49:33 | URL | [ 編集]

ふかふか

『』

>控えめさんの選手紹介
お父様がとても厳しく躾をなさったようです。確か男の子3人兄弟ですよね?そうなるとどうしてもお父様が活躍なさらないとお母様だけでは大変ですものね。サッカーがダメでも普通に生きていけるようにしておきたかったのもあるかもです。若くしてキラキラした理想的とも言えるキャリアを積んでいるように人からは見えるし、実際そうなのですがMerteはとても自分に厳しく浮かれているところが無い!みたいなことが書いてありました。(全文はほとんど直訳のため、Jusuraさんにお見せするのは恥かしいのでちょっとかいつまんで書きました。もしニュアンスが違っていたらゴメンナサイ。何しろ私のドイツ語のレベルまだ初級のため)

そうそうWerder公式のプロフィールも最近訳したのですが、ハノーファ地域におけるスポーツ育成のために人力を尽くしているそうで、このチャリティー試合もその一環なのかなと思いました。これもご両親からの影響かな。(もちろんMerteの元々持っているものもあるとは思いますが。)

2008/06/02(月) 14:49:09 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>東風さん

社会貢献熱心さはラムたんとメルテは2トップ!? でしょうか。
ラムたんも紹介の仕方が優しいですね~その雑誌を手に入れ損ねたのが悔やまれます。。。
チケット代12ユーロ、良心価格で訪れやすいですよね。私もこの価格なら、って飛行機代のがばか高くついてしまいますけど(汗
>Pocherさん
ごめんなさい、私の説明不足です。
Oliver Pocherさんはハノーファー生まれのコメディアンでエンターティナーでしゃうしゅぴーらーさんな、WM2006で応援歌「Schwarz und Weiss」を歌ってらした、Pocherさんです。
東風さんブログでも紹介されてたこと、ありましたでしょうか? 違ったかな……彼もメルテ基金の賛同者で参加メンバーのひとりですので、こうして一緒に盛り上げてくださっているそうです。


>>ふかふかさん

かいつまんで、なんてとんでもない!
素晴らし~選手紹介文ですね♪もうこれであのページは読まなくていいです私(苦笑)
自分に厳しく、というのはとても感じますね。年齢の割しておちついているというか、悟りを開いているというか(微笑)元からの性格もあるのでしょうが、親御さんのしつけはやはり人格形成に大きな影響を及ぼすものですからね。親御さんがまず立派だった、そして息子さんたちもそれを受けてまっすぐ育った(ちょっと育ちすぎちゃった)という感じをふかふかさんの訳された文から受けましたv

ハノーファー地域スポーツ育成、というのもたしかメルテ基金の目的のひとつだったと思います。
もちょっと詳しく私も基金のサイトを読んでみますね!

2008/06/02(月) 21:26:56 | URL | [ 編集]

東風

『』

やっぱりそうだったんですね!私もブログに彼を取り上げました。2回ぐらいかな。
いまPocherはEMの応援歌を歌ってますね!そして、世界中のバイヤンファンを笑わせ怒らせているバイヤンWG!ポルディ王子も面白いけれど、リベリのマネかな、それも面白いですし、EM Songの Bringt ihn heim の人まねも面白いですよね!
まあ、ポ王子と仲良しとは聞いたことがありましたが、大きな人ともなんですね!
ラムたんによる代表選手紹介は、EM2008スペシャルガイド(週刊サッカーマガジン別冊)に載ってます。本屋で見つかるといいですね!

ふかふかさんの解説もありがとうございます。メルテ君は、代表入りの電話だか連絡があった時、Zivi(兵役忌避者がおこなう社会奉仕)中だったと何かで読んだことがあります。ドイツ代表選手って親がしっかりとした育ちのよい選手が多いと思います。

2008/06/02(月) 22:50:22 | URL | [ 編集]

ふかふか

『』

>東風さん
微妙な(苦笑)解説読んでいただいてありがとうございます。Ziviと言えば、そうそうMerteのプロフィールに障害者施設で働いてというところがありました。ドイツの兵役ってどうなっているのかなって思っていたのですがこういう社会奉仕で代替があることを初めて知りました。そこへ代表の電話って何だか妙にリアルです。^-^

>Jusuraさん
施設での兵役代替社会奉仕も立派に勤め上げたって書いてありましたよ。あとはだいたいJusuraさんも知っているだろうっていう内容でしたが、一番印象的だったのは怪我などで自分のサッカー人生を狂わせたりしないということろです。すごい強い心の持ち主だなって。もちろん怪我をしないことが一番ですが、ここ何回かの怪我からの回復しその後の活躍ぶりを見ると本当に精神力の強い人だなって思います。
しかし、ラムたんといい本当に社会のために役に立ちたいという行動はあちらではとても活発ですね。

2008/06/03(火) 12:54:43 | URL | [ 編集]

Jusura

『おふたりにたくさん教わりましたv』

>>東風さん

Pocher氏がいまの応援歌を歌っているとは知りませんでした(汗)
ハノーファーのご出身ですので、郷土を愛してメルテと志を同じくしているのかなあ、と思います。仲良しかどうかは…どうなんでしょうかね(笑)


>>ふかふかさん

怪我うんぬんのくだりがすごく気になりますね! なんといっているのでしょうかーうーん後で読んでみよう(といってすべてが後回しになってしまう私です)
社会のために役に立つことで、自分の持たねばならぬ責任もいくらかは果たせる、という考えが小さい頃から染み付いているのでしょうね。二ホンでこれだけのことができる選手や制度がないのがとても残念です(まずは基金や寄付をするのにも税金がかかる社会ですものね)

2008/06/04(水) 00:38:17 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/923-9204545a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。