スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バイオリンと語学


連休は私なりに充実した日々でした。普段出来ないことが多く出来ましたし、日常のなかでも知らなかったことがたくさんあるもんだなーと感慨にふけったり。
そんななかで、一番力を入れていたのがやはりGeigeの練習でしょう。
通っていた教室を、仕事が忙しくなって辞めて以来、それほど弾かなくなってしまったのですが、ひょんなことからまた音楽の趣味の世界に引き戻されました。
毎日、肩こりと腕の筋肉痛に悩まされていますが、それもまた久々の感覚で懐かしく、筋トレと共に続けています。(いかにそれまで弾いていなかったのかがわかる症状です)
まあ私が第一バイオリンの首席を務めるわけでもなし、と気軽に気負わず考えているので、音と親しむのにいまはとても楽しい時期なのかも。
久々に趣味の音楽の道に戻ってみると、いま私が続けているドイツ語(外国語習得)と通じるものがあるよなーとしみじみ思えます。
一通りさらって、今度は一音ずつ構築された音の記憶と、繰り返し弾くことによる慣れ、そして最後に自分以外の人との差異を埋めていく。
一朝一夕で仕上がるものでもないところが、合い通じるような気もします。
(そういうくくりでいうと、何事もそうかもしれませんが)

与えられた一曲を弾きこなせるようになるまでまだまだ道のりは長いですが、まあぼちぼち続けていこうと思います。


連休中に知った、お隣のお嬢さん(小学校低学年かな?)がピアノを始めたこと。普段日中家にいないので、ピアノの音色など聞いたことなかったのでびっくりしました。
曲はかつて私も習った、ボッケリーニのメヌエット。
私がバイオリンを習っている先生は教則本として、「鈴木メソッド」を選択しているのですが、この鈴木さんの第二巻の最後の曲として、このメヌエットが掲載されています。
華やかな出だしが特に私のお気に入りでした。
私はピアノを習った経験が皆無なので、このお嬢さんが弾いているメヌエットがピアノでいうどのレベルにあるのかわかりませんが、いつかお嬢さんと一緒にメヌエット弾けたら、なんてちょっと想像して楽しくなりましたv

参考までに、MIDIお借りしました。
『ボッケリーニのメヌエット』

midiファイルを聞くにはプラグインが必要です。@Adagio


Fremdspracheランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございますv
bundes


2008/05/06(火) 20:15 | 【日々のつれづれ】 ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/889-4e66f258
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。