スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【読-7】Ansteckend


ようやくナンバー7です。ようやっと、一週間続けることができました。
この調子で、あと二ヶ月と3週間(できるかぎりまいにち)精読をしましたよ記事をあげていきたいです。ほんの少しだけ、慣れてきたように思います。

Werder - das offizielle Jahrbuch 2007/08@Amazon.de
の記事その7です。

Ansteckend(93文字)
~伝染性の

[概略]
(小さな小さな、緑と白の応援グッズに身を固めた少年ふたりが手を振っている可愛らしいショット)
ブレーメンにおいて、サッカー狂はころころと表情を変える。感嘆し、悲鳴を上げ、そして喜びに満ち溢れる。ヴェルダーがゴールの花火を打ち上げるたび、彼らは顔を輝かせる。
その緑と白の輝きは、ゆりかごに揺られているときから、幼稚園、小学校、常に彼らと共にある。そして、決して失われない。
このヴェルダー・ウイルスははてしなく、猛スピードで、とどまることなく伝播していく。


タイトルがいきなり、「伝染する」??
でなにかと思いました。
伝染する、うつるのは病原菌ではなくて、Werder-Virusで、それに侵されたら大変なようですよ。
どうなるか、というと……。

今日の一文:
■Bremer sind lebenslang gruen-weiss.
Jede Menge Fussballfans in der ganzen Welt sind bereits infiziert.

・lebenslang : 生涯にわたる、終身の
・Jede Menge : 大量、無数
・infiziert < infizieren : (~に)感染させる、伝染させる

●ブレーマーは生涯、緑と白に包まれている。
●全世界の無数のサッカーファンが、すでに感染している。

“Lebenslang gruen-weiss”は日本語にするとなんとなく野暮ったくなりますね。言語の持つ力というのは大きいなあと思います。
そして、大量の感染者を出している、と自覚しているそこの執筆者さん、クラブに直接掛け合ってもっと世界に向けたサービスをビッテですよ~~~~~。


Deutschランキング参加中です。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch
自分はこのウイルスに感染してまだ日が浅いですが、この病は完治したくないなあ、そう思います。

2008/03/16(日) 22:28 | 【ドイツ語】 9 Monate | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

アリエル

『』

“Lebenslang gruen-weiss”はどういう邦訳がしっくり来るか考えてみましたが、国語はその国の文化そのもの、微妙な味わいを表現するのはとっても難しいですね!と書きつつずっと考えていたんですけどう~ん(苦笑

「感染させる」とは面白い表現ですね!私もすっかりWerderとフスバル愛という「病気」に感染してしまい熱が下がることなく、もうこれはお医者様でも草津の湯でも治らないし、治すつもりは全くないです♪

2008/03/17(月) 19:49:46 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>アリエルさん

邦訳、むつかしいですよね。「生涯緑白」だとどこかの生命保険かツッパリ(死語)みたいになってしまいますし(笑)

アリエルさん、Werderとフスバルに「ホの字」ですね♪←ってこれも、この国独自の文化そのもの、翻訳に難しい言葉のひとつでしょうか~。
ちょっとくらい負けがこんでもそうですよね、草津の湯で治すつもりもないですし、前向きに、まえむき……に……(べそ)

2008/03/17(月) 21:31:55 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/820-99b32354
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。