スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【読-4】Die Hauptdarsteller


花粉と風邪のDoppelで今日が一番今シーズン私的ピークかもしれません……大変なことになっている我が体内。

気を取り直して、日課は守りたい、精読の時間です。
Werder - das offizielle Jahrbuch 2007/08@Amazon.de
の記事その4です。

“Die Hauptdarsteller”(105文字)
~主演俳優たち

[概略]
(Weser Stadionでのワンシーン。東側ガラスのトンネルから入場してくる選手たち。カットは2006年11月23日、CLはロンドンのいわゆる通称Bluesさんたちとの記念すべき対戦のもの)
22人の俳優たちが、肩を並べて彼らがこれからサッカーという舞台を披露する劇場へと足を踏み入れる。彼らがみな主役を務めたいと願っている舞台は、この選手花道からスーパースターたちが「吐き出され」て初めて始められる。
この花道の1シーンのあとに行われた大一番は、記憶に値する試合となった。


このDas Stadionの章は、ずっとFussballをひとつの大きな舞台として扱っているので、彼ら選手も、この章の中では、「舞台俳優」なわけですv
いやー、「主演俳優」なんて、今までお付き合いしたことのない単語と馴染みになれて、お得な気がします。

今日の一文:
■Per Mertesacker besiegelte mit seinem Kopfballtor die Niederlage des Millionen - Teams aus London.

・besiegelte < besiegeln : 固める、確実にする
・die Niederlage : 敗戦

●ペア・メルテザッカーは彼自身のヘディングシュートによって、ロンドンのミリオン・チームの敗戦を確実なものとした。


061123_05
↑そのヘディングシュート。

DVDでもう何度見返したかわからん、値千金のヘディングですよ。
一文は別段Merteだから、というわけで選んだのではなくてですね(<あやしい)
単純に「自分たちが」「勝った」、というのではなく、「敗戦」「相手が」「なにによって」という言い回しが婉曲的かつとても使えそうに思えたからです。


さて、これで「スタジアム」の章が終わりました。次の記事からは、“Die Fans”です。


Deutschランキング参加しています。
deutsch
クリック応援、ありがとうございますv

2008/03/12(水) 22:45 | 【ドイツ語】 9 Monate | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/814-b5eaf116
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。