スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WERDER liest!


ブンデス冬休み中にはネタも少なくなりがち(そして移籍話で恐々としがち)ですが、この冬の間に自分は「まじめに最後、初級文法超理解」を目指してます。
ですが、毎日ただ机に向かうのも厳しいもの。
たまには息抜きも必要です。

そこで、「学ぶ」ためのドイツ語とは別に、「楽しむ」ためのドイツ語も日々取り入れています。
ここのところのブームは、ずばりこちら。

werderliest
Werder liest!, (Audio CD)
Preis: EUR 11,89
@Amazo.de


以前にも、【メルテ、『豆つぶの上のおひめさま』になる?】なんてタイトルで紹介させていただきました、Werder選手&監督&フロント陣によるメルヒェン朗読CDです。

「学ぶ」を切り離して聞いているので、まったくのストレスフリーで楽しむことができています。
つまり、聞き取り・意味の把握は二の次。
聞いているのは彼らの「声」とその「調子」
これがまた、単なる音の連なりとして認識して聞くといろいろわかるものです。
今回は、このCDを軽くひと撫で紹介させていただきます。
(詳しい内容などはまた後日・・・・・・あれば・苦笑)

折りたたみ追記にて詳しく。


フスバルの世界では栄光の時代はかなり早い時期、下手すると20歳代で頂点であとは……ということがままありますが、このCDではおさすが。このことわざを送ります。
亀の甲より年の功
現役選手よりも、引退選手・チームのお偉いさんのがうまかった。
特にマルコ・ボーデ氏の演技は異常なほど。声優かと思った。
彼だけですよ、鼻つまんで(推測)声色使い分けてるの(笑)
彼の声優顔負けの「かえるの王様」を聞いた後にメルテの豆粒姫さまを聞くと――

青いなあ」と思ってしまいます。

や、ペアさんはそれでいいんです。ちょこっと不器用、かなり朴訥、それくらいでいいんです。下手に世渡り上手、すべてにおいて器用だったらそれはそれでつまらないし。

080110_2052~0001
CDの中表紙。もちろんドイツのCDですので、テキストが載ってる、とか何ページかの冊子状、なんてなっているわけがない。このぺらい一枚だけですが、右上のあたりで演技指導(違)を受けるペアさんの姿が。
「ここのところはもっとこう……『もう寝心地最悪だったわ~』っていうプリンセスの不満を前面に押し出してだね」
「……(なんでこの姫様嵐の夜にひとりでさまよってたんだろう)」
「聞いてるかい、ペア~~~?」
みたいな感じでしたら楽しいですね!<妄想捏造話

あと、テキストを読んでいるときにメガネをかけているシャフさんの姿が。ろうが…きょ…げほごほ。


080110_2053~0001
CD本体にもプリントがされています。
“Es war einmal...”
と刻印されたこの本体。
「昔むかしあるところに……」のドイツ語版ですね。
この冒頭の台詞を聞くと、メルヒェンの世界に入り込んでいける気がします。


***********


このCDは全部で67分収録されています。
一番長いお話で、11分。
最短は、2分54秒です。
一番偉い人が一番長いお話を(Klaus-Dieter Fischer氏の漁師と妻)、
Werderのキャリアが一番短い人が一番短いお話を(Per Mertesackerさんの豆粒の上のおひめさま)朗読しています。
ブレーメンの地で、Werderファンショップで、このCDを何度もみかけましたが、最初に手に取ったときの笑いを忘れられません。
メルテ、みじかっ!! って。
あなただけよ3分にも満たないの。
der Langeは朗読においてはウルトラマンの法則のようです。

ちなみに収録順と収録時間は以下の通りです。


1)Klaus-Dieter Fischer=‟Fischer und seiner Frau”(漁師と妻)~11分11秒
2)Willi Lemke =‟Des Kaisers neue Kleider”(はだかの王様) ~8分12秒
3)Frank Baumann =‟Hasen und dem Igel”(ウサギとハリネズミ) ~5分35秒
4)Uwe Harttgen =‟Wolf und den sieben Geisslein”(狼と七匹の子ヤギ)~5分48秒
5)Patrick Owomoyela =‟Rapunzel“(ラプンツェル)~5分21秒
6)Marco Bode = ‟Froschkoenig” (カエルの王様)~6分14秒
7)Per Mertesacker=‟Prinzessin auf der Erbse”(豆つぶの上のおひめさま)~2分54秒
8)Dieter Eilts =‟Der standhafte Zinnsoldat” (錫の兵隊)~6分36秒
9)Thomas Schaaf=‟Bremer Stadtmusikanten”(ブレーメンの音楽隊)~6分05秒
10)Tim Borowski =‟Fundevogel”(めっけ鳥)~5分08秒
11)Klaus Allofs =‟Dornroeschen”(いばら姫=眠れる森の美女)~6分47秒


フロント陣は子供に聞かせるためにゆっくりと、抑揚も強く聞き取りやすい朗読です。安心して聞けるものばかり。
監督は、声の特徴として少し喉にひっかかているので、ちょこっと聞き取りづらいところも。しかし読んでらっしゃるのが「音楽隊」なので、想像でカバーできるところもあり。
元選手さんたち(緑白一筋な両氏、マルコ・ボーデ氏&ディーター・エイルツ氏)は演技力がずば抜けてます。声優さんで食べていけるのではなかろうか。
現役選手さんたちは……オヴォ>バウミ>ボロ>メルテ、といった不等式でしょうか。メルテに「もうちょっとがんばりましょう」賞を差し上げたいです。子供に読み聞かせるように、ってきっと演技指導されてたと思うですが、メルテにまだお子がいないから、それもなかなか難しい注文?
どうしても抑揚少なく、早口になりがちなところはご愛嬌で。


ランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございますv
deutsch
CDを聞いて、ボーデ氏のファンになりそうな自分がいます(苦笑)いかんいかん。
好きなクラブの好きな選手たちがこうして朗読しているCDでドイツ語を楽しく習得、というレベルに早くたどり着きたいものです。

2008/01/10(木) 23:01 | CD | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

まい-mai-

『』

私はこれを聞いて、
『うぉー、Baumannが私にだけ話してる~』
って思いました<ビョーキ
Baumannの時だけ妙にドキドキ☆
Micoudだったら仮死状態に陥ったかもしれませんっ。
Jusuraさんは大丈夫でしたか?

私は1冊だけドイツ語のアンデルセン絵本を持ってますが、物語だと普段使う言葉とは違って過去形が出てくるのでやっかいですよね。私はさらっとしか・・・いやほとんどやってませんけど^^;
絵本なのにまだ半分くらいは読んでない(笑

2008/01/11(金) 06:38:56 | URL | [ 編集]

ふかふか

『』

私もJusuraさんと評価同じだわ。フロント陣の方が上手ですよね。
ディーター・エイルツ氏が一番だと思ってましたが、マルコ・ボーデ氏もいいですね!
現役ではオヴォが一番だと思いました。
ゆっくりめだし声が優しい。
ちょっと勉強すればすごく良くなりそうな感じがします。
Merteはやっぱりまだ子供がいないことが大きいかもしれませんね。
大きいっ子が一生懸命録音した姿を想像すると微笑ましいですからそこが今回の一番のポイントということで。
ボロさんも早口でしたが、お子さんも生まれた事ですしもう少し大きくなったら本を呼んで聞かせるでしょうから上手くなるかも。(笑)

2008/01/11(金) 09:04:23 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>まいさん

ビョーキは私も右(ってどっち?)に同じくでした★
初見ならぬ初聞きで、できるだけ近くに、なんて思ってイヤホンつけて聞いたら……笑ってしまいました。あれ?
まいさんのバウミに対する愛のようにどっきんこはしなかったようです。演技力の問題でしょうか(苦笑)

過去形、それはゆゆしき問題です。
書き言葉を読む、というとそういう整合性とれないところとかありますよね~私たちの言葉だと古文を読んでるような感じになるんでしょか。
アンデルセン童話なら、いつか原語のデンマーク語にチャレンジしてみたいですね、Jensenとアンドレアセン君のふるさとですしv
いやいやその前にドイツ語の絵本からですが、私も。


>>ふかふかさん

見解の一致を見ましたか? やはりそうですか~気のせいじゃないですよね、読み聞かせレベルの差っていうのは。
もちろん録音に初見で、っていう無茶なことはないと思うので何度か自分でも読み返したりしていたのでしょうが、おっきい子はほんとせわしない喋り方ですよねえ。オヴォが指導してあげたらよかったのに(笑)
童話はいろいろ星の数ほどあるのだから、いつか第二弾として発売、あるかもしれませんね。そのときまたこの面子の誰かがいて格段にうまくなっていたら面白いです。特におっきいコ。

2008/01/11(金) 22:43:54 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/744-786f1fbd
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。