スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時には昔の話を♪

しようか~
通いなれた なじみのあの店
マロニエの並木が窓辺に見えてた
コーヒーを一杯で一日
見えない明日を むやみにさがして
誰もが希望をたくした
@『時には昔の話を』


新しい仕事に就いてから、山手線を使うようになったのですが、とうとうめぐり合えました。
071026_02
“Lufthansa”が列車側面に全面展開された広告編成車。
確かに広告効果は高そうです。あの人ごみの中で一枚撮ったので、あわただしい一瞬のことで、かなり光っていますがご容赦を。

今日は、そんな山の手話など。
少し体調が悪かったので、山手線で座っていました。座れる座席が空いていることが珍しいあの線ですが、たまたま大量乗換え駅で一斉に乗客が減ったもので。
山手線から次の乗り換えには20分くらいあったので、軽く休もうと、目をつむっていました。必然的に体調が悪いときには、すーっと意識が落ちていくものです。
うとうとと、きっとしていたことでしょう。
しかし、ふと、意識が覚醒しました。
なんだろう? と思いました。
そうしたら、斜め前に立っていた営業風の男性ふたりが、しきりとお話に花を咲かせていました。どうやらそのうちの一言が耳に残って起きたようなのですが、寝ぼけた頭では、何がキーワードだったのかさっぱりわかりません。
聞くともなしに頭をひねっていたら、話の続きを先輩風な男性が。
「だから、オレもさードイツに行って来いって言われたときはドイツ語勉強したわけよ。隣のデスクの女の子がこれまたラッキーなことにドイツ語勉強しててさ、いろいろ教えてくれて助かったって――」

キーワード、確認しました。<ドイツ語 oder ドイツ

後輩風な男性が、どうやら何かの資格を取ろうとしていて、先輩に経験話を振ったような展開でした。先輩はドイツに仕事で行っていたようで、その前にドイツ語を習得するためになんちゃらかんちゃら。そこで、私の耳が拾ったというわけです。
このときの自分の耳がちょっと怖かったです。
どれだけ好きなのドイツ語&ドイツ。

しかし、耳が単語を拾う、というのはニホンゴに限らずどの言語でも大事なことですよね。
今、通っているドイツ語学校の授業では、ヒヤリングと要点書き取りを重点においた授業で、
『全部は聞き取れなくていいから、大事なところだけ、メモで書き取ってね』という手法。
これがなかなか、難しい。
それでも教材ですから、ネイティブの会話よりもゆっくりとしたスピードで展開されているはずなのですが、ひとつわからなくなると、もう先がついていけないのです。頭が次に切り替えられないというか。
それが、『全部わからなくても次を』というアドバイスになっていると思うのですが、大事な要点、ってなんでしょうね。
昔国語の授業で、「作者の述べたかった要点を40文字以内でまとめよ」なんていう問題にはよく泣かされていた私としては、さらにドイツ語という要素まで加わって、実に高いハードルとなっています。
ただ、きっと先週よりも今週、来週の方がより自分の慣れもあわせて、だんだんものになっていくのかな、と楽観的にも構えています。


ここ数日で、学校に関して、ドイツ語に関してのコメントやお便りをいただき、恐縮すると共に自分ももっと頑張りたい、と奮起しています。
自分は昨年の今頃、10月から学校に通うようになった初級者で、仕事があるから、と集中講座には参加していない人です。えっちらおっちら、週一でのんびり一コマ授業を受けている身。半年で、1クラスしか進級していません。
しかしながら人にはそれぞれスピードがあって、目標や夢をきちんと持って実現されるための明確なビジョンが見えていらっしゃる方は、びっくりするくらいの速さでクラスを進級されていたり。
また、思ってもみないようなドイツ語とドイツ文化に関して雲の上(と私は思っている)の方がご友人にいらしている方も。もちろん、ご本人もわたくしめよりもずっとずっとドイツとドイツ語に関してキャリアの長い方です。
そんなお話を伺って……素直に白状すれば、『うらやましい』です。
うらめうらやましい、じゃないですよ?(笑)
純粋に、「いいなーすごいなー」という感情が。
これはもう、人間ですからどうしようもないものです。

“Kirschen in Nachbars Garten”
=隣の庭のさくらんぼ
(隣の芝生は青く見える)

なのです。
別段うらやましがるのは悪いことだと思ってはいないです。いいなーと思うのは、自分がそれに憧れを抱いている、興味を強く持っていることの表れですから。
しかし、そこから、「それに比べて、私は……」というスパイラルに陥ると、落ち込み泥沼化が始まってくるわけで。
そんなときは、隣の庭のさくらんぼさんと自分を比べるのではなくて、過去の自分と今の自分を比べてみるようにしています。
去年の自分は、まさに去年の今日の自分は、ラジオ講座の入門編を一日一回、復習のために記事をあげていました。
今日の自分は、応用編のラジオを、聴いていました。「好きだ」という表現方法にもいろいろあることを知りました。ちなみに当ブログは、『Ich liebe...』といいますが、当時それほど深い意味でつけたわけではないのです。単に、わたしのおきにいり、という意味合いだったのですが……今日の放送を聞く限りでは、『Mein Lieblings...』の方がよかったような気がします。っていまさら遅いですが。
去年の私より、今年の私の方が、もっとドイツ語を理解できている、うん。
人にはそれぞれペースがあるんです。
自分がまるで進歩していないのではないか、とほんのちょっと、焦ることもありますが、過去の自分を覚えていればそれよりも進んでいる自分を自覚できます。ダイエットと、一緒ですね。
もっともっと先になって、それでもまだこのブログを続けていたら、この長くなりそうな道のりを振り返って、「ああーこんなこともあったね」と笑い飛ばせる日も、来るのかな。

つらつらと考えていたことを述べていたら長くなりました。
どうぞ皆様も、楽しいドイツ語ライフをお送りください。
私は少なくとも、毎日楽しいデスヨ?


Rankingに参加しています。クリック応援ありがとうございますv
deutsch
ポルコ・ロッソ…大好きですv


2007/10/26(金) 23:42 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/10/27(土) 01:27:41 | | [ 編集]

東風

『』

私も通勤の足の一部が山手線なので、この車両も何度か乗りました。自分の好きな国に関係する宣伝車両に乗れた日って嬉しいですよね!。
そして、ドイツ関係のヒトを見かけると、知らない方でも親しみを覚えてしまいます!
このタイプはANAのスポーツニュースも車内で見られるようになっているのですが、なかなかドイツチームのこと言わないんですよね。イングランドのことなんかは負けてもいうのに・・・。でも、逆に、車内でドイツチームのニュースが見られたら、興奮して私はヘンなヒト扱いされてしまいそうです・・・。

2007/10/27(土) 07:52:28 | URL | [ 編集]

ふかふか

『』

Jusuraさんのお気持ち分かりますわ。
ドイツ語のほうは全く分からない状態からの1年なので自分の成長に満足していますが、私にとって今一番状態を上げたいものはもう何年も足踏み状態です。
「何で私だけダメなの?」って思うこと実は毎日なんです。
人と比べるとどうしてもそういうネガティヴな方向へ行ってしまいますよね~。
確かに少しずつではあるけれども数年前の自分よりは良くなっているって実感していく事が大事なんですよね。
「うんうん、そうだそうだ。」ってJusuraさんのお話読みながらまた確認したという感じです。(笑)

冒頭の画像の山手線に当たったら何だか良いことあるかもって思うかな~?

2007/10/27(土) 12:34:10 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>鍵コメKさん<<

お互いに頭を下げつつ、影響を及ぼしているものなんですよね~私はKさんのコンプレックス(?)がいつか崩れて今よりもっと楽しめるフスバルライフがおくれるものと信じておりますよ♪
楽しんだもの勝ちですよ~。結局苦しい顔しても笑ってても結果が一緒なら、自分に優しいほうが良いし…。
頑張って!なんてという言葉はあんまり言うと負担になってしまうかもなので、Kさんが楽しんでI語を学べますように、と長靴の国のお星様にお祈りしてまする。

バトンの件は、喜んで!
面白解答はできそうにないですが、あのコについてなら馬鹿っぽいお話できそうです。
回してくださってありがとうございます~。

2007/10/27(土) 22:23:59 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>東風さん<<

そうなんです、あまりに嬉しくて、写真に残したくなったんです!
今まで隣の逆方向を走る車両では見たことあったのですが、実際に自分が乗る車両がコレなのはすごーく幸せな気持ちに。不思議ですね~。
車内のニュースは、扉の上の液晶画面のことでしょうか?
私は込み合うあのあたりにはあまりいたくなくていつもなかほどに進んでしまうので、あまり見たことないのですよねー。
まあ、需要と供給の関係ですからニュースもねー。なかなかドイツチームのことは…(涙)
しかしたまにあると小躍りしちゃいそうです、私も。そう思うと、ニュースはあまり流さなくてもいいかもです。


>>ふかふかさん<<

たまーに、確認したくなるんですよね。
どこまで自分できてるの?って。
で、あまり考えすぎると無限スパイラルに陥りそうになるという。。。
できないのは当たり前なんですよねーだって知らないんだもん。
ただ、どこの国の赤ん坊だって大きくなるにしたがってしゃべれるようになるように、時間が、あとは大人の場合は努力が加速度に関係してくるのかと割り切ってしまうと楽かもですね。
足踏みしてても、牛歩(笑)のように実はちょっとずつ進んでいるものですよー。
大丈夫ですよ、きっとふかふかさんが頑張っただけの結果が返ってきますって!
いろんな国の言語がありますけれども、多分みんなぶち当たる壁って同じようなもので、そこを体当たりで壊せれば、なんとなーく、次が見えてくるような気がします。
一緒にがんばりましょー!

2007/10/27(土) 22:37:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/670-30ba44a4
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。