スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

der Weisheitszahn(親知らず)

会社勤めをしているときにはできなかったことをいろいろしています。
今日のミッションは、『親知らずを抜く』です。
親知らず、ドイツ語では“Weisheitszahn”というらしい。
Weisheit=知恵、Zahn=歯。知恵の歯、というのが親知らずというのはやはり文化の違いですかね~)
だからなんだ、と言われても困りますが(笑)またひとつ、あまり普段役に立たない語彙が増えました。
親知らずの抜歯にかかった所要時間は、ぴったり二時間。
これが標準なのか、長いのかはわかりませんが、どうなんでしょうね?
患者のワタシもお疲れ様ですが、それ以上に歯医者さんがお疲れでした。ふたり交代でずーっとワタシの顎にへばりついて揺らぎもしない親知らずをなんとか取ろうと頑張っておられました。
途中で麻酔を足されること3回、さすがに最後は「いひゃいれふ(痛いです)」というのもはばかられる雰囲気。
こころのなかでは、「あーHuntもこんな苦しい時間帯過ごしてたのかなー」なんてわりと余裕なこと考えていました。患者はとりあえずすることがないので頭のなかが暇でした。


今シーズン前のキャンプ中に、『ひどい歯痛』で脱落してしまったAaron Hunt氏。(画像左側、メルテにヘッドロックかまされて嬉しそうです)
070904_01
@オフィシャルイヤーブック2006-2007、76&77頁より

Huntの症状が「歯痛」だったのは間違いないオフィシャル情報ですが、それがどういった状態なのかまではもちろん公開されてません。
ワタシのように親知らずだったのか、それとももっと深刻な状態なのか……。
しかしこんな口の状態では、フスバルなんてできるわけがない!
と私はHuntの病状に初めて思い切り賛同できました。人間、痛みは想像ではなかなか共感できないものなんです……。

さて、親知らずは無事抜けましたので、これからしばらくはその後の痛みやら炎症に悩まされることになるかと思います。
おそらく大丈夫かと思いますが、数日はおとなしくしているかもしれません。
ウェールズ戦までにはよくなっている、と、おもい、たい、デス……。


ランキング参加中です。
deutsch
抜歯の痛みをご存知の方、どんなものか教えていただけると参考になります~。


2007/09/04(火) 20:42 | 【日々のつれづれ】 ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(9)

«  |  HOME  |  »

東風

『』

はーい。
とっても尊敬していた職場の先輩の結婚式から逆算して結婚式の10日前に抜歯をしたのです。すぐ終わるはずが、私も2時間近くかかりました。で、抜いた翌日、炎症のために「こぶとり婆さん」となり、その先輩が「木戸銭取る?」というぐらい職場の私の部屋に関係者ほとんどが来ましたよ。で、コブは2,3日で引いたのですが、その時に大風邪となり(口内をいじるとリンパが腫れるような風邪になりやすいそうです)、結婚式に出られるかしら、と家中が心配になったほどです。奇跡的に当日の朝には熱が引き、お役目のスピーチも無事に終わりました。
ということで、大風邪をひかないようにしてくださいね!

2007/09/04(火) 21:07:34 | URL | [ 編集]

marian

『』

Huntなんですが、実は問題は歯痛ではない様でかなり深刻な事態になっている模様です
http://syke.mzv.net/news/stories/werder/?id=90165
昨シーズンは無理を押して頑張ってくれたのですが、それが裏目となっていなければ良いのですが
まだ今日21歳になったばかり、怪我が良くなりまた素晴らしいプレイを見せてくれる事を願っています

2007/09/04(火) 21:23:03 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>東風さん<<

抜歯のせんぱい、経験談ありがとうございます!
そうですかー炎症で小太り←ものすごい失礼誤変換!!ごめんなさい…(平伏)
こぶ取りさんになってしまう、と。メモメモ。そろそろ痛み止めが切れてきて、今日の夜に寝られるかどうかわからなくなってきました。
東風さんは大事な結婚式に出席する!という気力で治されたような気が……ワタシも近々大事な所用があるので、それまで気をつけマース!
ご助言、ありがとうございました!


>>marianさん<<

貴重な情報投下ありがとうございます!
今日が偶然誕生日だったんですね、Hunt。
いつになるかわからなくとも、まだ若い彼のことですからひょっこり元気に戻ってくるのを待ちたいと思います。
歯が痛い、と言っていたのもなにかの兆候だったのでしょうかね。。。

2007/09/04(火) 22:41:52 | URL | [ 編集]

せりか

『』

親知らず、実は日本でも「智歯」なんて呼び名もあるんですよー。もしかして由来はドイツ語?(医学用語ってドイツ語多いですし)

うちの弟も数年前に親知らずを抜いてますが、抜歯はあっというまに終わってその後の腫れや痛みもなかったとゆーなんとも幸せな野郎でした。痛みや腫れは親知らずの生え方やその人の体質によって差があるのかも……。

2007/09/04(火) 22:42:13 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>せりかさん<<

なるほどー確かに医学用語はドイツ語多いですもんね。カルテ、アレルギー、ウイルス、ゲレンデ<ソレ違う
ニホンゴをまだまだよく知らない自分がちょと恥ずかしかったです。。。

せりかさんの弟さんのようにはどうやらいかないようで…うらやましいですねえ。歯の生え方も素直で、するっと抜けたのかもしれないですね。そうだと痛みも腫れもまっすぐな分少ないのかも。
ワタクシ、痛いいたいが現在やってきております。(笑)

2007/09/04(火) 22:47:05 | URL | [ 編集]

kiwami

『』

ひねくれものの私の親知らずくんは、奥歯に向かっておりまして、切開して割って掘り返しました。痛み止めです。とにかく止めて寝るしかありません。止まらなくても冷えピタ貼ってネルです。

時間からいって、きっとひどいことになってそうな予感…お大事に。

>Huntくん
歯痛でこれだけ休みってのはないだろうと思っておりました。あー禁断症状です。フリボロフントフリッツ。

2007/09/04(火) 23:44:28 | URL | [ 編集]

みるひ

『』

はじめまして。
「サッカーバトン」の頃から通い始めて、今では毎日楽しみに通わせていただいております。
初コメントなので、ドキドキしております☆

親知らず。
おぼろげな記憶ながら子供の頃に何回か抜いたような気がします。
そして、痛くなかったような・・
傷の治りが早いタイプみたいなので。
すみません。辛さがわからなくて・・・

前述の「こぶ取りさん」の方ですが、腫れてしまうのは抜歯した後の抗生物質をキチンと服用できなかったからかもしれません(体質的に膿みやすい人はキチンと服用しても腫れてしまいますが)。
痛み止めと違って、定期的に飲まなくてはいけない抗生物質は忙しい時には飲み忘れてしまうことが多いと思いますが、実はこちらの方が重要なお薬なのです。
きっちり最後まで服用しないと、抜いた傷に細菌が増殖して炎症を起こして痛みや「こぶ」の原因に・・
一定の血中濃度に達しないと効かない、割とデリケートなお薬なのです。
そして、痛み止めの中には炎症を抑える効果のあるものも有りますので、喘息やお薬アレルギーの心配の無い方なら3日間位続けて飲んだほうがいいかもしれません。
足りなくなったら市販の痛み止めで「イブプロフェン」という成分が入ったものが炎症にも効いてオススメです。
イブプロフェンにプラスしてもう一種類「エテンザミド」という痛み止めがミックスされた製品も出ていますので、必要なようならお店で薬剤師に聞いてみてください。
(お店によってはさらに「痛みにも炎症にも腫れにも強い」メフェナム酸というマニアックなお薬もあります)

風邪を予防するなら、空気の乾燥に気をつけて、水分を少しずつマメに取ったり、寝る時のマスクが効果的です。
のどの粘膜が乾燥しないように気をつければOKです。

ばい菌を殺したり、傷を再生したり、と、今体の中は大忙しなので、栄養と休養をたくさんとってくださいませ。
そして回復しましたら、また楽しい記事を読ませてくださいね。
長文失礼いたしました。

2007/09/05(水) 08:42:44 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>kiwamiさん<<

kiwamiさんっ、聞くだけで非常に痛そうな親知らずさんっ!!
下の親知らずはワタシもそんなことに軽くなっているようですが、まだ実害がないのでそのままにしてます。しかしいつかはそういう手術で取らねばならないのでしょうか……おかげさまで、冷えピタさんの効果か、ちょっと楽になりましたありがとうございますー!!

>Hunt…
彼に関していつ戻れるかはわからない、と昨日教えていただきました情報にありましたが、フリボロハントフリッツのうち、最初のひとはもうそろそろじゃあないでしょうかねえ~?
代表週間が終わったらチームに何気なく合流していそうです。

2007/09/05(水) 09:49:35 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>みるひさん<<

こんにちは、初めまして、みるひさん!
初コメント残してくださってありがとうございますv
そして非常にためになるお話でした!
お薬というのはあまり普段飲まなくて済んでいる健康体だったので、痛み止めや抗生物質にそんな効果があるとは知りませんでした。
大事なものだったんですねえ。
今はきっちり、もらったお薬をなんとか定期的に飲めているので、飲み忘れないようにしなくちゃ。
市販のお薬は風邪薬か花粉症の薬しか買ったことがなかったので、痛み止めにもいろいろあるとは。。。びっくりです。
親知らずのこと、お薬のこと、風邪と体のこと、いろいろ教えてくださってありがとうございました!(ぺこり)

お心遣いに感謝、です!
またよければお越しくださいませね!

2007/09/05(水) 09:57:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/588-742ba17d
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。