スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ブンデス第4節】 gegen Frankfurt 2:1

【Bundesliga 4.Spieltag】
Werder Bremen - Eintracht Frankfurt 2:1 (1:0)
01.09.2007, 15.30 Uhr


フスバルはまったく同じ試合なんてないですよね。
そうとは思っていても、これほど毎回驚かされる試合に遭遇するのは、緑白がどこか変わっているのでしょうか。それとも応援しているから余計に驚くだけで、素通りの方には、「ふーん」で済んでしまう事柄なのでしょうか。(後者なような気がする)

今回、もっとも驚いたのは、Werder公式Live Tickerのスタメンが堂々と間違っていたこと……いやいや、それももちろんそうなんですがそれだけでなく。(笑)

Wiese
Pasanen, Mertesacker, Naldo, Tosic
Vranjes, Baumann, Diego, Jensen
Hugo Almeida, Rosenberg


ちなみにこれが、Werder公式Tickerのスタメン表。
わーい、ロージくんスタメンだ~とぬか喜びしたら、
6.Minute
Diego auf Jensen, der schickt Sanogo, der immerhin eine Ecke herausholt.
えーと、えーと、開始6分で交代するわけないよね。となると、Sanogoがスタメンなんだよね。誰が間違い……? ウゴさんの名前はその後あがっている。ラジオでも言っている。
――ロージくんかよ!
道理で、ラジオで一言たりとも触れてこないと思ったよ!(床ばし)
喜んでいただけに、ちょっとショックでしたとも。しかしまあこれはよくあることです。

よくないこと=あまりないこととして、今日のびっくり大賞。

79.Minute
Traumfreistoss von Pasanen!


パサネンがFKを蹴ることに、さらに、それがまれに見る綺麗な軌跡を描いた美シュートでした。
ゴール右上隅に吸い込まれていくようなカーブを描いたシュート。
これでWerderの勝利が決まった貴重なTor(2点目)でした!
(この後1点取り返されるので、パサネンのこれがなければ引き分けに…よかった~)
ここのところ、FKといえばNaldoかウォメ、さらにDiegoが蹴るものだとばっかり思い込んでいたので、パサネンが蹴るのにまずびっくり。それがすばらしいものだったのにさらにびっくり<失礼!
試合から一晩明けて(日本時間)このパサネンのトラウムトアの画像があるかな~といろいろ回ってみたのですが、ううーんあるのはSanogoのTorばかり。残念……。

***********

シュルツがハノーファーに転校してしまったので、そしてウォメがまだ帰ってきていないのであいた左サイドは期待の新人・Tosicくんがさっそくスタメン起用されていました。
セルビアのおひと。なかなかがっちりタイプと見えて、ちょっとWerderには珍しい?
ラジオで、「トシッチ? トシック? トジック? ……まあ、トシッチでいいんじゃない?」って読み方わからず困惑な繰り返しに受けました。事前に勉強しとこうや(笑)

先日のZagreb戦の勝利と、CL出場決定が緑白の人たちに自信を取り戻させたのか、なかなか攻めている展開のようでした。
フランクフルト側ががんがんくる、というわけでもなかったので余計でしょうか。
そのフランクフルト。
ワタクシすっかり忘れておりましたが、今シーズンからヤパーナーがふたりになったんですね!
イナモト~!! とラジオで叫ばれて、初めてフランクフルト側のスタメンを見ましたよ。ワタシニホンジン、でもドイツヲタクね。Jのこと全然ワカラナイネ。
Werder公式記事で、「ニホンジンがやってきた!(Hochrangige japanische Delegation bei Werder zu Gast)」てな記事タイトルと画像を見たとき(タイトルと画像しか見ないで内容は素通りでした)、「おっ奥寺さんが来たのかな? それともようやくWerderを二ホンでも紹介する気に……」なんて思ってました。
……フランクフルト戦の観戦に来ただけでしたorz
タカハラはようやく怪我がよくなったのですね? 65分からでていました。そして試合終了数分前の魔の時間帯にWerderが攻められまくっているときにWieseとのガチンコ勝負に挑んでいました。でも負けました。Wiese大明神、やはりその水にとっても浮きそうな体は伊達じゃない!<褒めてます

攻めているWerder、なかなか点につながりませんでしたが、
35分にDiegoからSanogoにパス! そしてSanogo、きっちり決めた!
Sanogo、いいじゃないですか~。
ほんとにHSVのときはあかんかったんですか?
ちなみにこのSanogoのTorのとき、ブレーメンアインツ(ラジオ)はサイモン&ガー(以下略)の“Mrs.ロビンソン”を流していまして。私S&Gが大好きなものでして、ちょっとこれは最後まで聞かして~なー。と思ってしまいました。♪~Put it in your pantry with your cupcakes♪

その後、後半から段々私のPCの調子が悪くなり、ラジオもTickerもぶつ切り状態になるときがあったのですが、大事なところははずしませんでした。
Werderの新星Harnikくんが73分にウゴと交代で入り、その5分後、TOOOOOOOOR!!
と思いきや、オフサイドだった、というのがなんとも残念。

90分にもDiegoがやっぱりTOOOOOR!!…でもオフサイド。
オフサイド多いよ~。

82分に、Sanogoが誰にタックルされたわけでもないのに突然ピッチに倒れこんで担架騒ぎに。左ひざが……?
一時担架で外にでましたが、すぐにピッチに戻ってきました。大丈夫か……。
タックルで、というのはわかりますが、こういうなんでもないところでやってしまう怪我ほど大きいものだったりするので心配です。

時間軸ぶれまくりの今回の試合感想でしたが、全体的にWerderはよくなってきているんではないでしょうか。
怪我で帰ってこられない選手たちの分も、フレッシュな力が下から支えてくれている感じとでもいいましょうか。
メルテのコラムのとおり、『泥沼からは抜け出せた』ような気がします。
他チームのことはまずは気にせず、このまま自分たちの調子をあげていってくださいー。


ランキング参加中です。クリック応援、よければお願いします。
deutsch
ARDに試合後のインタビューが動画でありますよ。Diegoとメルテが答えてますよ(あとフランクフルトの監督)


以下折りたたみ追記にてスタメン他自分メモ。




【Bundesliga 4.Spieltag】
Werder Bremen - Eintracht Frankfurt 2:1 (1:0)
01.09.2007, 15.30 Uhr

【Werder Bremen】
Wiese –
Pasanen, Mertesacker, Naldo, Tosic (80. Boenisch) –
Baumann, Vranjes, Jensen (67. Andreasen), Diego –
Sanogo, Almeida (73. Harnik).

(Reservebank)
Vander
Niemeyer
Schindler

【Eintracht Frankfurt】
Proell –
Mahdavikia, Russ, Vasoski, Spycher –
Inamoto, Fink (80. Thurk), Streit, Meier, Koehler (65. Takahara) –
Amanatidis.

【Tore】
1:0 Sanogo (35., Rechtsschuss, Vorarbeit Diego)
2:0 Pasanen (79., direkter Freistoß, Rechtsschuss)
2:1 Thurk (85., Linksschuss)


【gelbe Karten】
Tosic (71.)

【Schiedsrichter】
Herbert Fandel (Utscheid)

【Weser-Stadion】 40.983 Zuschauer

2007/09/02(日) 12:58 | 【サッカー】 BUNDES | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/583-ce883a67
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。