スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Werder-Fanshop商品購入の手引き(2)

Werder-Fanshop商品購入の手引き(1)】の続きです。

前回は、Werder-Fanshopの画面の見方というか注文の仕方について触れました。
これで、こちら側からのアクションはひとまず終了です。
あとは、あちら側(Werder側)からのメールを待つ状態に。
ということで、今回は注文を確定した後に届く、メールについてお話したいと思います。


※ファンショップの記事は、私の経験したことだけを書いておりますので、実際にご注文・ご購入の際には自己責任でお願いいたします。なお、基本的にはドイツ語を多少なりとも解されている方を想定して書いておりますことをご了承ください※


***********

以下追記にて、メールについてのあれやこれやです。


おそらく基本的に、極東女子(男子も含む)から注文が来たら、無条件で『英文メール』が送られてくると思います。
一応ほら、世界共通語ですから。
ましてや極東の地でドイツ語メールを解するとはまさかあちらさんも思っていないんでしょう。
注文を確定したあとに、送料について届いたメール本文は以下の通りでした。

Hello,

thank you very much for your order.
We only accept payment in advance by bank transfer. Do you agree with it ? If so we send you the invoice and have to charge you 25,80 Euro for posting it to Japan.
The jerseys are very small therefore please order two sizes bigger than your usual size.

Best regards

Werder Bremen Fan-Service GmbH
Kundenservice


これくらいの英語なら、サスガに私でも辞書なくて読めたよ~(笑)
そしてドイツの人が書いている英文なので(おそらく)ちょっとおかしそうなところには目をつぶりましょう。
内容は、
・銀行振込みですがイイですか
・送料は25.80ユーロです
・Trikot(ユニ)はとっても小さいので2サイズ大きく注文してね
以上。
送料と、ユニのサイズについてはそれぞれの梱包の大きさや重さ、毎年のトリコの作成具合によって変わるんでしょうが、基本はそんな感じのメールが送られてくるかと思います。
ちなみにこれが、2006-07シーズンに注文したときのメール。
070416_03
(もでる:みろ・くろーぜさん)
ピチユニなんで、2サイズ大きく、という指示がありました。
そしてホントにピチユニでした。
“S”サイズでしたが、二ホン女子の体にジャストフィット。
下に長袖は着られない感じです。

070705_03
(おなじくもでる:ぺあ・めるてざっかーさん)
今年、2007-08シーズントリコは、“one size”大きく、との指示でした。
まだ届いていませんが、多分それほどピチユニではない予感。
一応今回は指示通り、“M”サイズにして注文してます。


そんなわけで、送料が意外とかかるのと、銀行振り込みという試練を乗り越えられる覚悟を決めて、返信です。
これは英語でもドイツ語でも大丈夫でしょう。
日本語はもちろん不可ですが(苦笑)
ようは、メールの内容に了承したということが伝わればOKです。
私が最初に送った返信メールは、いま見るとひどいものでした。
恥ずかしい……穴があったら入りたい基本的ミスの連発。
なのでちょっとこちらには載せられません。がんばってドイツ語で返信したのですが、おもいっきり間違えてた……動詞と形容詞。どうやったら間違えるんだ、自分。。。
「メール了承しました。どこ銀行に、どうやって支払えばいいですか」とそんな返信でどうでしょう。
ドイツ語でがんばれる方はぜひとも私にも良い言い回し教えてくださいビッテ。
しかしまあ、間違いだらけの返信でも伝わって、その後すぐに銀行口座のお知らせが来たので、外国人があやつるドイツ語の不自然さには彼らも慣れている、と思うことにします。
伝わればいいんです、いまのところは!

そんなわけで、あまり参考にならない返信については以上。
この、送料のお知らせが来るまでに、注文を確定してから少なくても数日はかかります。
特に今の時期(ブンデス開幕前)、新商品発売後、シーズン終了前叩き売りセール中、などにはかなり時間がかかる恐れがあります。
ドイツの人との交渉には気長に待つことが肝要です。
焦らないあせらない。一休みひとやすみ。
気長に待っていると、いつか送料についてのお知らせメールが届きますので、そうしましたら了承しましたメールを返信してください。
その後、銀行口座の詳細などが(こちらはわりと)速攻で送られてきます。

二ホンから、ドイツの銀行あてに注文代金を送金するのはどうするのか。
それについては、また次回改めたいと思います。


ランキング参加中です。
fussball
応援クリックをありがとうございますv
今回はちょっと、自分でも参考にはあまりならなかったかも、と反省しています……返信メールは、本当にひどい出来だったんです。。。

2007/08/10(金) 00:03 | 【サッカー】 Werder-Fanshop | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ふかふか

『』

ドイツ人との交渉は気長に待て!って本当に学んだかも。
最初のメールが来るまでに長かったもの。3週間だったかな?
ただ、、、私は最初のメールもドイツ語だったの。
注文する前に「ワインは送ってもらえますか?」ってドイツ語で聞いたからかな?
文字化けしているし「銀行振り込みしてね」っていうドイツ語が難しくて単語ごとに英語に翻訳機かけて英語から日本語にしたっけ。
事前にJusuraさんにある程度話聞いてなかったら全然分からなかったわ~。(苦笑)
だから私は「あなた達の言っていること受け入れます」っていうのと「サイズはMでbitte!」
て言うことだけしか書けなかったの。
それでもメールの返信がきたので、あちらの人も極東女子の心を何とか理解してくれた模様。
さて、この先がまた大変なんだっけ?
ここからも私はお世話になりっぱなしでしたね。(苦笑)

2007/08/10(金) 18:27:47 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>>ふかふかさん<<

学べ忍耐、って感じでしたよね!(笑)
全般的にそうなのか、Werderのなかのひとたちがそうなのかは不明ですが、早いことはあまりないですよね~日本がせっかちすぎるのもありますけれども。
ふかふかさんのところに届いたメールは最初からドイツ語ですか~それはきつい。
一度ドイツ語で問い合わせしたりすると、勝手に「こいつはできる」と認識するのかもしれないですね。
でも私は2回目の注文もやっぱり英語で送料メール来ましたけど(苦笑)
なんとなーく、間違ってても伝わればいいんですよ、返信は!
ネイティブに勝てるわけがない、というある意味いさぎよいあきらめでおもむいてます私は。

この先、ちょっと難関ですね。
ふかふかさんのお手伝いできて嬉しかったですよ~♪

2007/08/11(土) 07:04:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/549-cdfb3544
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。