スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Werder Bremen- Eintracht Frankfurt 1:2

33.Spieltag
Werder Bremen- Eintracht Frankfurt 1:2 (1:1)
【12.05.2007】


土曜の夜からもやもやしていた胸のうちを吐き出したのですっきりしたところで、試合がなかったことにしないためにもちょこっと振り返り。
まあ、負けいくさなんてもう何度もあるからいまさらひとつの試合で負けたからって一週間落ち込むようなセンシティブなハートは持っていないわけですけれども、それでも今節はきつかった。
大事な試合でしたからね。
負けましたけど<ぐはっ、自分で書いて突き刺さる一言
結果お皿がどこかへ行っちゃったわけです。
どこかの先が青いとこか赤いとこかとかそういうのはもうどうでもいいことで。
緑白じゃなきゃどこでも一緒さ~<やさぐれ

決して気合が入っていなかったわけではなくて、むしろ気合が入りすぎていろいろうまくいかなかった感がありました。
解説さんだか実況さんだかが、「ブレーメンは一番最近マイスターを経験しているチームだからプレッシャーには強いはず」とかなんとか言っていたような気がしますが、それって現メンバーがマイスター経験者ばかりのときに言うことじゃね? と思いましたよ。
今節の試合でマイスター時の面子を探すと……バウミしかいなくね?
クラスニ手術後でまだ復帰してない、ボロ怪我リハビリ中、かろうじてベンチにシュルツとラインケさんいますけど。
生まれ変わっているといっていいチームにマイスター経験求められても。
ただ、テレビで見ているこっちまで気合は伝わりました、それは確かなことです。
攻めまくる姿勢はとっても見ていて楽しかったv
これでこそWerder。
取られて取り返して、もいちど取られて。
最後のひと詰めが足りなかったけど。

負けてしまいましたが、ハイライト(別名良かった探し)を私が作るなら。
・罵声を賞賛に変えたオトコHunt
・その勇気を褒め称えたいWiese
・おかえりMerte
この3本でお送りしたいと思います~。

足元のちょこっとおぼつかなかったHuntに次第にブーイングが出始めた34分。ブーイングと、アップを始めたダニー(Jensen)の姿に奮起したのか、見事に同点打を決めたHunt。
漢だね~♪

私はドイツ語は勉強中でありますが、フスバルについては詳しく学んだわけではありません。かろうじてオフサイドの仕組みは理解しましたが。
ですので、これが戦術的に賞賛される行為か、忌避されるものかはわかりませんが、その飛び出した勇気を褒め称えたい。
070514_01
ペナルティエリアから出てしまったがために、頭でクリアしなくてはいけなかったWiese。
クリアボールを拾われてあわや、というシーンに続きましたが、ここで飛び出さなかったら間違いなく1点目と同じこの18番に決められてました。
あなたの勇気にしびれました。こういうプレーをするからWieseが人気なのも頷けます。

そしておかえりメルテ。
73min. Hunt → Mertesacker
ひいき目なのは重々承知していますが、メルテが入って最終ラインが落ち着いた気がするのは気のせいでしょうか。
きっちり仕事するメルテ、やはり不動のCBか。
試合終了の笛が鳴る前、最後にボールに触っていたのがメルテだった、のがちょっと目に焼きついた光景。

年明けからこっちのWerderを象徴するような試合でした。
悲喜こもごも。
でもナウド悪くない。あれはオウンゴール(Eigentor)だけど、あれ以外にナウドはどうにもできなかった。彼が割って入らなければ、その後ろにいた日本人選手(あえて名前は出さず)が入れていただけですから。

試合が終わった後、バウミが座り込んでしまったところで、ああ今年が終わっちゃったんだ、とわかりました。
その時点では勝ち点差の計算などは私はしていませんでしたが、そのがっくりぶりで知りました。
070514_03
ピッチの上の選手たちを直接励まして体を起こさせることは、後ろにいるファンたちにはできませんが、せめて気持ちだけでも彼らのそばに。
テレビで観戦しているときにはまったく届かない気持ちでも、スタジアムのなかでなら、きっとWeserシュタディオン42000人の気持ちが伝わるはず。
勝ったときの喜びを共有することももちろんしたいですが、こうした試合のときに、そばで応援することをしたいです。
とても強く、スタジアムに行きたくなります。
Weserシュタディオンで悲喜こもごもを共有したいです。

以下、スタメン他。

33.Spieltag
Werder Bremen- Eintracht Frankfurt 1:2 (1:1)
12.05.2007,15:30Uhr

【Werder Bremen】
Wiese -
Fritz, Pasanen (56. Jensen), Naldo, Wome -
Baumann -
Frings, Hunt (73. Mertesacker) -
Diego -
Klose, Rosenberg (62. Almeida)
(auf der Bank)
Reinke, Owomoyela, Schulz, Vranjes

【Eintracht Frankfurt】
Nikolov -
Ochs, Kyrgiakos, Vasoski, Spycher -
Streit (78. Russ), Fink, Huggel (75. Preuss), Koehler -
Amanatidis, Takahara (85. Toski)

【Tore】
0:1 Amanatidis (13., Rechtsschuss, Vorarbeit P. Ochs)
1:1 Hunt (34., Linksschuss, Rosenberg)
1:2 Naldo (69., Eigentor, Linksschuss, M. Fink)

【Schiedsrichter】
Dr. Merk (Kaiserslautern)

【Weser-Stadion】
42.100 Zuschauer (ausverkauft)

【Gelbe Karten】
Hunt, Almeida - Ochs

2007/05/15(火) 00:03 | 【サッカー】 BUNDES | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

ふかふか

『』

旅から戻ってきたのね~。
私もやっぱり凹んだのですぐにはコメントを書けなかったけど、Werderの選手達は手を抜いたわけではないから一生懸命やった結果だから受け止めないとねって思いました。
Jusuraさんの心優しい日記も読んだら何だか心ホワッとした気持ちになりました。
そして自分もWerder好きだなって改めて実感しました。
やっぱり彼らのプレーが一番私にインパクトを与えてくれたなぁ。
悲喜こもごもだったけどね☆
でも応援し甲斐があったな!
来シーズンはWeser-Stadionに行って応援してそうですね!!
来年こそお皿を貰いましょう!!

2007/05/15(火) 18:43:59 | URL | [ 編集]

アリエル

『』

Jusuraさんこんにちは。少しお元気になられましたか?
W杯でドイツがイタリアに敗れたときに次ぐ悲しさは、ブレーメンのことが本当に大好きだからと改めて感じました。
ヴィーゼの飛び出しには肝を冷やし寿命が縮む思いでしたが、ああしなかったら得点されていましたし、覚悟の上の好判断だと思います。ナウドのOGも同様ですが、責められるべきは緩いDFでしょうね・・・

私は非国民です。昨年W杯直前の親善強化試合ドイツ対日本はドイツを応援していましたから。もしW杯でドイツと対戦することになってもそうします、自分でもひどいなぁと思いますけど(^^;)
高原は良い選手だけれど今回だけは大人しくして欲しかった(無理)でも彼がいるからブンデスを積極的に放送するのだし(汗)チームにフィットしてますが、もしもブレーメンに移籍したら毎節放送してくれるでしょうねv

>せめて気持ちだけでも彼らのそばに。

You'll never walk aloneはまさにそれですよね。リヴァプールのホーム・アンフィールドで終盤サポーター達が絶妙のタイミングで一斉にこの歌を歌い始め、胸が熱くなります。アンフィールドには魔法がかかっていると言われるのは熱い応援の賜物でしょう。

君を一人では行かせない、共に闘おう。私達の心は君と共にあるのだから。
彼らと喜び悲しみを分かち合い、応援していきたいです。
ああ!WerderBremenをスタジアムで応援したい!来日しないかなぁ・・・

2007/05/15(火) 20:47:36 | URL | [ 編集]

チッチ

『』

こんばんは。
残念無念。。。そうは簡単にお皿は取れないのね。
でも応援して楽しいチームでしたよね。
アリエルさん同様、私も非国民です。日本対ドイツで対戦なら、日本はアウトオブ眼中で絶対ドイツを応援しますよ。だってドイツ代表は麗しくて素敵な選手ばっかりですもの。
来季は期待したいです。でもザル守備はなんとかならないものか。。。
ヤンゼンくん、M・フリードリッヒくんに来てもらえないかな。又はファーレンくんが戻ってくれないかな。
今はブレーメンの皆さんをねぎらいたい気持ちでいっぱいです。

2007/05/16(水) 01:46:05 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>ふかふかさん
ふかふかさんもおかえりなさい。やっぱり猫が好き、いやいやWerderが好きだなあと思うと最終的に悟りの境地に達しますよね。
だるだるのやる気のない試合もシーズン中にはありましたけど、そうじゃなかったし気合の入った試合でしたから、勝てなくて悔しかったけど、復活も早かったかな、と。
来シーズンはスタジアムに応援に行きたいです、というか行きます。いまから予定を立てておきますか(笑)そしてお皿をもらうところをこの目で見てきたいです。

>アリエルさん
こんにちは、アリエルさん。
おかげさまで復活いたしました!ありがとうございます。
Werderのことが好きだから悲しくなって、でも好きだから応援する。こんなときに、こんなに好きだったんだなあ、と気づかされました。
チームカラーとして、WerderはDFがゆるーいのが特徴ですが(爆)それがはっきりでてしまった今節でしたね。前がかりになりすぎて、すきだらけになってしまったような。
>非国民
いやもう、二ホン語でこれだけ熱くドイツフスバルを応援しているところで私もその一員ですから。むしろそんな自分でいたいというか。Takahara選手はいい選手だとは思いますが、Werderにはちょっと…毎節放送の魅力は非常にひかれますが、それでもちょっと…。
リバポのスタジアムには魔法がかかっているのですか。Weserのほとりにもかかっていないものでしょうか。来日の可能性がいつかあるかもしれませんが(今年の夏はマンUが浦和と対戦しにきますね)待っている間に一度、自分が乗り込みにいってみようと思います。来シーズン。

>チッチさん
こんにちは、チッチさん。
簡単に取れちゃうお皿だとありがたみがなくなっちゃうのですかね。今年はどなたかにお預けして、来シーズンに、皿をかかげるミロが見られればいいです。
これだけ応援していて楽しいチームだとは思いませんでした、私も。
アップダウンが激しいところも魅力といえば魅力ですし。
ドイツ代表の方々が麗しくて素敵なのは大いに同意です!
守備ラインは来期どうなるかはまだわかりませんが、そこいらへんを夏休みの間に見直してくださることを期待してます。シャフさんに。
チッチさんの「お疲れー!!」はドイツの北の空に届いていることでしょう。きっと。

2007/05/16(水) 07:13:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/429-704de750
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。