スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Gelb!Gelb!!Gelb!!!

と、いっても黄紙のことではございません(笑)

4月からまた新しく始まりますエヌハーカー語学講座の表紙の話でございます。

070322_02
@書店平積みの一例

一面黄色(というか黄褐色?Gelbbraun?)で初めて書店で見たとき目がちかちかしました(笑)
どの言語も、まったく同じ色。
これはいったい、どうしたことか~。
この黄色攻撃はなに? と思ったら、どうも、「月ごとに色かえして見分けやすくする」そうですよ。
……書店のお姉さんのお話を疑うわけではないですが、ほんとうにそれで「見分けやすく」なりますかね?
たとえば私はドイツ語講座を受講していますが、さらにちょこっとフランス語講座にも手を出そうかな~なんて思ってパラ読みしました。
家に二種類講座テキストがあったとして、さあ、ぱっと見すぐにドイツ語とフランス語の区別がつくでしょうか……?
出勤前のあわただしい時間帯に、とっさにつかんだのがドイツ語じゃなくてフランス語だったら……そしてMDに入っているのがドイツ語だったら……テキストはフランス語で耳からドイツ語。おお、バイリンガル!……か?
苦情、というほどではないですが、前のそれぞれの言語ごとのテーマカラーの方が私は好きでしたね~。

070322_02
とりあえずぱっと探したいままでのラジオ講座ドイツ語編。
左奥から、
1999年
 “Mit Pipo Deutsch Lernen”
 「ピポのドイツ語入門」
2002年
 “Hannas Zauberstock”
 「ハンナの魔法の杖」
2003年
 “Die erste Liebe in Leipzig”
 「ライプツィヒの初恋」
2004年
 “Das Tor im Blick!”
 「ゴールめざして! ケンのドイツ留学生活」
2005年
 “Mach doch mit!”
 「Frau Itoのドイツ語旅行」
2006年
 “Das Geheimnis der Geige”
 「ゲンのバイオリン」
そして一番手前が。
2007年
 “Die geheimnisvolle Frau”
 「謎の女」
でございます。
2000年と2001年のテキストが見当たらないのですが、ピポの目にも鮮やかな赤カブ色からドイツ語グリーンに変わったのが見て取れますね。
緑はWerder色だから余計に好きだったのになあ~。
なんとはなしに、残念です。

2007/03/23(金) 00:23 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

ふかふか

『』

これすごいよね!!最初ネットで見たときびっくりしちゃった!
これはドイツの黄金の色の部分?って思ったらどの言語もこの色。
英語なんていろいろあるから「English」の字体を変えたり、斜めにしたり重ねたり苦心しているのが分かる。
買うのも間違えそうだよね?かえって。
店の人にも購入者にも評判悪いそうで…。
ちなみに来月は紫色だそうです。(いったいどんな紫色やら)

おぉ!仏語もやりますか?(一応大学の第2外国語で仏語を勉強した自分)
セブへの思いが入っているね!
私は一応その線はドイツ語でOKなのかな??(ポーランド語はもっと無理)

2007/03/23(金) 09:02:14 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>ふかふかさん

来月は紫色ですか~黄色の隣に紫……並べたらすごいことになりそうですね(笑)
どうせなら、黄色・赤・黒、にしてくれたらドイツ色でそろったのに、残念です。
評判が悪いのはたしかにわかりますよ・・・…ぱっと見でどれがどれやらほんとに最初迷いましたもん。ドイツ語、ない~~~!?って。
英語のひとは大変ですよね、買い間違えとかありそうです。
フランス語は、ぱらっとヨミをしただけなので、セブへの思いは入っておりますがそこまで手が回らないかも~。
とりあえず一ヶ月だけでも始めてみようかな、と。
ふかふかさんならそうですよ、ドイツ語それもスイスドイツ語ですよねv
ポーランド語は気軽に習えるような環境がなかなかないのでむずかしそうです。
でもミロたんもドイツ語はなせるし、問題なしなし。ドイツ代表ですし。
ふかふかさんの習われたフランス語、どうでした?やっぱり難しいですか?まったく触れたことがないのでどうなんかなーと思ってます。

2007/03/23(金) 23:55:52 | URL | [ 編集]

ふかふか

『』

フランス語…大学での授業でしたからね~。(苦笑)
懐かしいですね。
こうやってドイツ語をやってみると発音はフランス語のほうが難しかったです。
それから単語を覚える時なかなかスペルが覚えられなかったです。
発音をきちんと覚えていれば覚えれたかもしれないのですが、当時頭の中は外国語と言えば英語だったのでそれが邪魔をしてだめでした。
英語の感覚でスペルの並びを想像してしまって。
それにフランス語発音しない子音とかもあったから余計ね。
当たり前なんですけどその言語ごとにくせというか決まりがあるのはしかたないですよね。
でもドイツ語は発音からスペルを想像しやすいです。(全てではないですが)
ドイツ語をある程度習得できているJusuraさんならもっと抵抗無くフランス語できるのでは?と思います。
出来の悪い私でもフランス語→中国語→ドイツ語と渡り歩いてみて少しずつ習得率がよくなっている気がしますので。
しかも最初の1ヶ月ならフランス語に触れる感じで楽しそうだし。
きっといろんな言語に少しだけでも触れてみるのもいいと思うよ!!

2007/03/24(土) 09:24:22 | URL | [ 編集]

Jusura

『』

>ふかふかさん

フランス語のご説明、Dankeです!
なるほど~発音、スペルの壁ですか。。。
ドイツ語はまったくほとんどアルファベットのままですから、それでいったらなじむのは時間がかかるのでしょうかね。
気軽に始めるには最適なラジオ講座で、ちょこっとひとかじりしてみますね(笑
そのうちフランス語カテゴリなんてできたら、そちらでもよろしくです<なさそうですが

2007/03/24(土) 21:42:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/361-73854351
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。