スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Schritt 6

Was kostet das?
/いくらですか。

無事に郵便局にたどりついたFrau Itoはハガキを買います。
必ず聞きますよね。
「おいくらですか?」
最終的に、買いたいものの名前が単語で出てこなくても現物が目の前にあればなんとかなります。
対象を(この場合はハガキを)指して、「これはいくらですか?」
“das” は「これ」ですので、これの値段を知りたいんだよーてことが伝わればいいんです。
もちろん、ものの名前を知っていればいるほど語彙は増える=表現できることが増えるのですが。
困ったときに使える、“das”でした。

Wie viel kostet das?
という表現も同じ、「おいくらですか」になるそうです。
キーセンテンスのほうが馴染みがありますが、ね。

2006/10/10(火) 23:55 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/172-fdfc4b50
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。