スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイ独和辞典

ごく最近まで、ドイツ語辞典というものを持っていませんでした。
(独語学習初めて●年のくせに~)
しかし、このブログを始めるようになって、家のみならず外出先でもドイツ語を勉強する時間を作るようになると、やはりないと不便なところが多々あり。
かといって、カバンの中に入るようなコンパクトな辞書では思うような語彙数が収録されていないのでは、という不安もあり。
いろいろな辞書を見て回った結果、今の自分に一番あった辞書はコレになりました。

プログレッシブ独和・和独辞典
ポケット プログレッシブ独和・和独辞典

かなりのスリムさんです。
NHKラジオ講座のテキストの2/3くらいの大きさで、かなり小さめ。まあ厚さは数倍ありますが(笑)
ですので、カバンにすっぽり入るサイズ。
しかも、そのスリムさでありながら、独和・和独の両方を収録し、さらに独和は68000語を有し、二色刷りのため、重要語は赤字で記載という見易さ。
もうちょっとコンパクト版、もあるにはあったのですが、字が細かすぎて目の悪い自分には少し使いづらそうだったのでこちらを選びました。
一番の利点は見やすく、かつカバンに入るサイズ。
どこいつ、ではありませんが、これでいつでも調べられるようになりました、ドイツ語v
辞書というものは語学者にとって相棒ともいうべきものですから、じっくり自分に合ったものを、選んだほうが愛着も意欲もわくのではないでしょうか?
私にとっては、プログレッシブがあっていました。
いつかこの辞書が、外箱がぼろぼろになって、中は手あかでページが黒くなる、そんな日が来る……のでしょうか?

2006/09/24(日) 00:48 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

ふかふか

『No Subject』

語学勉強にはやはり辞書がかかせないですよね。
いつか私もドイツ語の辞書を買う必要性が出てきたらこれにしようと思います。
まだまだ発音のみのひよっ子ですから。(笑)

最近別サイトであるクローゼの記事を知ったのですが、ドイツ語なので私には全然読めないんです。
内容は濃くてガッツリした読み応えのあるものらしいのですが。
ドイツ語が出来ないのがすごーく残念です。
日本にはクローゼの記事は少ないですがやはり本国のドイツではいろいろ内容のものが当然ですがあるんですよね。
Jusuraさんなら読めるかしら?

2006/09/24(日) 09:26:22 | URL | [ 編集]

Jusura

『>ふかふかさんへ』

そうなんです、語学には辞書が必要なのに、それを欠かしていた私なのです(爆)
ふかふかさんの一考の手助けになったのなら、嬉しいです。実際に本屋さんに行って、自分の手にしっくりなじんで、「びびっ」と来たのが一番ですよ~(辞典の選び方じゃないみたい・笑)
いろいろなサイトの辞典選びも私は参考にしましたが、この辞書はかなり評価が高かったので、本当にオススメですけれどもね♪

ミロさんの濃くてがっつりした記事……もしや最後の〆がちょっと、「え、来年!?」という記事でしょうか?違っていたらごめんなさい。
ドイツ本国では、フスバル人気がものすごく高いため、日本の野球レベルで毎日記事がいろいろあがっている印象があります。
ヤフーでもトップ記事になっていますしね、ブンデスの話やら代表話は。
ミロさんはいまやトップストライカーですから、いろいろ取り上げられてるようですよ。
「読める」程度によりますが(笑)このマイ辞書が大変役立ってくれるので、相棒に頼りっきりでなんとか自分なりの解釈で、「読んだ」気になっているものがまだまだ大半です。
きっぱり、「ええ、たいてい読めますよー」なんて言ってみたいものですけれども。それにはまだまだ、修行が必要なようです。。。
ふかふかさんも、頑張って!!

2006/09/24(日) 11:25:52 | URL | [ 編集]

ふかふか

『No Subject』

>もしや最後の〆がちょっと、「え、来年!?」という記事でしょうか?

う~ん、Jusura さんのいう最後の〆が「え、来年?」って言う記事の方も気になりますね。
私のほうはアドレスをコピーしておけば良かったわ~。

「試合前には神に祈っている」クローゼのインタビュー
http://www.zeit.de/2006/39/Interview-Klose

一応このサイトを紹介してくれた方のお陰で多少は何が書いてあるか分かってはいるのですが、もし良かったらJusuraさんの感想もきかせてくださいね☆

2006/09/24(日) 14:02:14 | URL | [ 編集]

まい-mai-

『電子辞書』

私は電子辞書を使ってますよー。
元々は分厚いのを使っていましたが、持ち歩けないので(笑
本当は発音までしてくれるのが欲しかったんですけどね。
英和・和英・広辞苑・ドイツ語自遊自在なども入ってて便利です。

辞書ではないんですが、成田空港で買った(普通に書店でも売っていると思いますけど。。。)DHCの“携帯版 ドイツ語会話とっさのひとこと辞典”っていうのも便利です。会話で使えそうなフレーズが。

最近始まった語学学校のクラスメイト(インド人)が超初心者で、授業中ずっと『これは英語で何て言うの?』を連発。heute=todayも知らない状態なのです。使ってない独英辞書があるから売ろうかしら?笑

2006/09/24(日) 18:18:51 | URL | [ 編集]

Jusura

『>ふかふかさんへ』

まぎらわしい記事の問い方をしてごめんなさい。
まさに、気になる書き方でしたよね。しかし、ふかふかさんの残してくださったアドレス、どんぴしゃでした。そうそう、ソレ!という感じです。
私もちらっと見ただけなのですが、5ページ目が、ちょっと、ね。。。
ミロさんのWerder姿を確実に見たかったら今シーズン中にブレーメンに行かねば、という気持ちにさせる記事でした。
ちょっと時間がかかりそうな大量文なので、じっくり読ませてもらいますが、頑張りますね♪
ミロさんがどういう風に答えているのか、非常に興味がありますですv

2006/09/25(月) 00:33:25 | URL | [ 編集]

Jusura

『>まいさんへ』

電子辞書!
なんてアコガレのものをお持ちなんでしょう、まいさん(笑)
比較検討したことはあったのですがねー、金額的にも躊躇するところでありまして、候補からは早めに外れていました。
薄くて手軽にーというのは便利ではありますが、まだまだきっと紙媒体の方が手になじんで使いやすい世代ですので、しばらくはこの子とお付き合いしていこうかなーと。
いつかまたドイツに遊びに行くときには、その手軽さに惹かれて買ってしまいそうな気がしますが、まだまだ、早いかなー、と。
英和や和英も入っている、ってしかしすごいですね。
独語と英語と日本語、ということですよね。
今の機械はすごいなあ……。

DHCの「とっさのひとこと」シリーズですね?
これもチェキっておきますv
役立ち情報、Dankeです、まいさん!!

クラスメイトさんのお話、なんだか身につまされます……私にもこれからソレがやってきそうな。。。クラスメイトさんに独英辞書は非常に喜ばれるんではないですか? お安くしとくよ、みたいにこう、商売人風にふっかけるとか(笑)

2006/09/25(月) 00:40:24 | URL | [ 編集]

Hilde

『私も使ってるんですが・・・』

2度めのコメント 毎朝ラジオ講座を聴いてるHildeです^^

私も全く同じ辞書を使ってます。コンパクトなわりには頼りになるので、すっかりお気に入り。後半は和独も付いてますしね。ところがところが・・・

名詞の場合ですが、同じ単語が前半の独和と後半の和独で性が違っているものがあるのです。もちろんごくわずかですが。例えば・・・

Fieber(熱)は中性名詞ですよね(215ページ)。後半の和独で「熱」を引くと単語が3つ挙がっていて、そのうち体温という意味の「熱」がFieberであると載っています。で、男性名詞のマークが付いているではありませんか(951ページ)!ちなみに私がこの辞書を購入したのはおととしで、2003年2月10日発行、とあります。Jusuraさんのは新しいでしょうし、誤植がないことを祈ります。

Schritt78でLampenfieber(緊張して上がること)という単語が出てきて、ランプ熱なんて面白い表現だなあと思いながら辞書を開いていて発見しました。

誤植はこれ以外にも・・・それでもこの辞書、嫌いになれません^^

入門編もあと少し。お互い頑張りましょうね!



2006/09/25(月) 23:19:28 | URL | [ 編集]

Jusura

『>Hildeさんへ』

二度目まして!
またコメント残してくださってありがとうございます!
Hildeさんと同じ辞書、なんだかとても親近感を覚えてしまいますね~いつも頼りになるアイツですが、そうですか、誤植が。。。
お教えいただいた該当ページ、私のものは、「2006年5月10日初版第5刷」になっていますが、そこは変わっていなかったです。
ほんとに、性が変わってる……どっち!?という感じですね。
Lampenfieber、私も非常に面白い表現だな、と思っていました。熱はないけど、Lampenfieberはあるのね、って。
今回のゲンのお話は、こういった面白いポイントが随所にあって、楽しませてもらいました。
今週もあと3回、頑張ります!!

2006/09/26(火) 07:20:15 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/139-32a586da
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。