スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Schritt 94

Könnten Sie mir mal helfen?
/手を貸していただけますでしょうか?

久々に、テキストの右側(キーセンテンスやら、文法の解説の側)に、「文法」の解説が。
今日は、たいていドイツ語文法書でも最後の方に出てくる、『接続法II式』の表現が、キーセンテンス。
接続法II式、と書くとものすごく難しそうに聞こえるけれども、そこいらへんは先生もよくわかってらっしゃる!
つまりは……

Können Sie...?(普通の丁寧表現)
よりも、
Könnten Sie...?(接続法II式の形)
の方がより丁重になるということで。
英語でいえば、
Can you...?
よりも、
Could you...?
といった方がより丁寧に丁重に聞こえるの法則と同じ、という。

なるほど!
よっくわかりました。
詳しい接続法II式の作り方は、今月号テキストの79ページに載っているからそれを後で見返して覚えるとして、そういう風に解説されれば、とてもわかりやすかったです。
より丁寧な依頼をするときに、使われる表現=『接続法II式』

動詞の変化としては、
Können → Könnten
werden → würden
sein → wären

が、本日出てきた接続法II式の動詞の形。

2006/09/19(火) 23:33 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/133-f7b0ac04
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。