スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツ語とわたし(5)

※当ブログは間もなく、8月8日をもって終了します。それまではなるべく毎日記事をアップしていきたいと思っています


2008年~
「積ん読終了」

密林.deでお買い物をしたドイツ語本はかなりの数になっていましたが、買っただけで満足して、そして文字をじっくり読まずに写真やイラストを眺めているだけで満足していました。
(特に緑白関係の本は写真も豊富で、正直ドイツ語わからなくてもこれだけで十分お買い得vという本が多々あります)

が、これではいかん! とまたまた奮起した時期があり、9か月間じっくり自分のドイツ語を見直そうとやり直ししたときに、精読のための本として最初から最後まで自分なりの理解のため日本語に直したりしていました。
この精読(しかも興味ありありの本が対象)はかなり役に立ちました。このおかげで私はカーテン(Vorhang)という単語を知り――なにせ最初のページの最初の未知単語だったから――たった数行の記事でも、きちんと意味のつながる日本語に直すというのはものすんごく難しいことだ、というのを実感したのでした。
翻訳家の方々の苦労のほんのひとかじりを経験できた、なんておこがましいですかね。

大学でドイツ語を学ばれている方はこういった授業をされてる、とドイツ語学校のクラスメイトに聞いていましたが、聞くのと実際自分が行うのでは大違い。短いテキストだからこそ一文一文の意味が大事で、ひと文字ひと単語の重みが違う。
積んでいるだけだった資料をちょっとずつ、解読して自分の知識としていく作業は厳しいときももちろんありましたが、それ以上に喜びでした。
まだまだ、自分の部屋には積読本がたくさん。

これからちょぼちょぼ、じっくり取り組んでいこうと思います。

折りたたみ追記に積読自分リストを。


20090806_01
Fuer immer Gruen-Weiss. Mein Leben als Werder-Fan
※最初の一章を読んでそのまま。早く2006年のラストにたどりつきたい

20090806_02
Bremen entdecken & erleben: Das Lese-Erlebnis-Mitmachbuch fuer Kinder und Eltern
※イラストが豊富でそれなりに楽しめてしまうブレーメンの歴史。じっくり理解するのにイラストの手助けは必要不可欠。市庁舎内の案内が詳しい

20090806_03
Harry Potter und der Stein der Weisen (Band 1)
※ポッターさんの1巻。この1巻と3巻が自分は大好きなんですが、まだそういえば全然ページを開いてません。購入自体は2007年……どれだけ積読かね……。

20090806_04
Harry Potter und der Gefangene von Askaban (Band 3)
※この3作目はオーディオCDまで買いました……でも積読です。いっちゃん良い場面だけ聞いて&読んで満足してました。

20090806_05
Gruen-Weisses Wunderland: Die Geschichte von Werder Bremen
※これこそほんとの、積ん読!
だって416ページもあるんですもん。持ち上げて殴ったりしちゃったりすればけっこう殺れる勢いの重量本です。ただ、後ろからぱらぱらめくって歴代の選手たち紹介のページだけは読みましたv
この本を読み終わるころには私も立派なファンの一員になれているの、か……?


20090806_06
Angeli e demoni (Italienisch)
※伊語です。これはイタリア語を始めようと思った自分の最終目標でもありますね。
ZDも終わったのでこの8月からラジオ講座の4月号から学び始めました。
この本を理解できるようになれば、イタリア語もものになった、ということで。
これから数年間は間違いなく積読本になるでしょうが、ちょっとずつ、日本語英語ドイツ語版と照らし合わせて理解していけたら、な……なんて。

2009/08/06(木) 23:05 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。