スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メルテコラム(2009年6月4日分)

いろいろ慌ただしく、気づけばもう6月も中旬を過ぎています。ブンデスのシーズンも終わり、この6月で大きなイベントといえば、チャリティーマッチ! ですね!(私だけかも?)
20日には大きい方の恒例のメルテザッカー基金チャリティーマッチが開かれますね。今年は彼個人の基金団体のみならず、Lahm選手の基金団体もあわせてのものだとか。DFBの決勝も、ものっすごく現地で見たかったですが、こちらのチャリティーはもっと行きたかったとです。お仕事&家庭の都合でこの時期に航空券を取れなかったのが悔やまれます。来年こそ!(去年も言っていたような……苦笑)

***

そしてかなり遅れてしまいましたが、いつもの大きい方コラムです。
6月4日付のコラムですので、まだリハビリ中の記事ですが、今はもう走れるんだろうなあ、と期待して今日のチャリティーの詳細を待っています。

キャリア初! なタイトルを祝うコラムに顔がほころびましたv

090531_01
W.TVでのパレード大騒ぎには微笑ましくなったのと同時に心配に……そんなに騒いで足は大丈夫~?(特別製のシューズ履いてるらしいです)

090531_02
カピテンはお疲れ様でした。最後まで控え目な姿に涙。。。

090531_03
こちらもはしゃいでおります。アロさん、投げたらあかんやろ~でもこのふたりが嬉しそうだとものすごーくほんわかします。

いつものなんちゃって訳は以下折りたたみにて。
後で訂正しますが、まずはチャリティーマッチ前にコラムを! と思っていたので取り急ぎです。





Der schoenste Moment meiner Laufbahn
2009年6月4日 木曜日


やあ、みんな。

ドナウシュタウフからこんにちは。僕はここで二週間半前からリハビリを行っています。
今はDr.ミュラー・ヴォールファールトの所にもう一度しっかり診察を受けに行こうとしているんだ。問題があったからって訳じゃないよ、むしろ全然逆。調子はぴかぴかに磨きあげられているし、痛みもなくって、手術の経過も良好だ。靭帯は爆撃にも耐えられるくらいしっかりくっついているし、関節包(?)もOKな状態です。

ここにいる間に歩くトレーニングを始めて、今はちょうどまともに走るリハビリに移ろうか、という時期にきている。僕はすぐにでも速く動くリハビリに取り掛かりたくて、だからドクターのところに調整のため診察を受けにいくんだ。

手術を受ける、優先するっていうのは大事な決断だった。シーズン終了の三週間前なんていう時期に残念なことが起こってしまったから、僕はあの大事な試合をただの関心の強い観客として身守るしかなかった。緊張が100%超えた観客だよ!
スタジアムは全然違う雰囲気に支配されていた。僕がまだ体験したことがない、決勝をこの目で見ているのに介入することができない雰囲気だ。

そのうえさらに、イスタンブール(UEFA決勝の地)ではまだギプス装着・松葉杖で街を叩いて歩き、試合の後すぐにミュンヘンに飛行機で戻った。この点でも(UEFA決勝は)ベルリンよりもずっと大変だった。一方でDFB決勝ではもう松葉杖も要らず、「ぽっきり防止」な特別製シューズだけ履いていればよかった。
言い変えると……ちょっと大騒ぎ、ってのもできたんだよ!

幸運にも恵まれて、僕らはこの決勝で勝利をおさめた。僕のキャリア上初めてのタイトルだ。もちろんそれだけが理由じゃなく、あの日は僕のキャリア上最も素晴らしい日だったよ。
ベルリンでのスタートはセンセーションで、それから優勝決定後のお祭り騒ぎ(祝賀会)、締めにはブレーメン中をパレード――息もつけないくらいのめまぐるしさだった!

ひょっとしたら君たちのなかには、僕が代表選手としてもう似たような瞬間を体験しているじゃないか、って異論を唱える人がいるかもしれない。でもそれは違うんだ。この体験はまったく質が違うものだったんだ。
(セレモニーの)舞台に立って、そこからファンの人たちの海を眺めること、それは確かに感動するものだけれども、オープンカーに乗ってのパレードで、10万人の人たちひとりひとりとしっかりとハイタッチする。君がそのうちの一人だったら良いんだけれど。僕らが共に感じて、祝った、すごく側で同じ経験をした人たち。今日まで体験したことがなくて、そして決して忘れないだろうものだよ。

日曜日にはブレーメンに戻って、それから休暇に行く予定だ。2004年のアビトゥーアのときの学友と一緒に、今は外国で暮らしている古い友達に会いに行くんだ。僕らは定期的に会いに行くけど、みんなの意見をまとめるのは時に難しいね。僕もこの休暇中も働かなくちゃいけないし、つまりリハビリを続けなくちゃね。

新シーズンの準備が始まる時にはまた体がフィットすると良いんだけれども。僕はどんな場合でも自分自身に言い聞かせている、僕はできる、やってのけるって。それにもう来るシーズンを楽しみにしているんだ。そしてできるならタイトルを、選手として走って祝える新しいタイトルをもたらせることを!

2009/06/20(土) 06:29 | 【サッカー】 Merte | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。