スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Jürgen Klinsmann: "Für uns war die WM eine unglaubliche Erfahrung"

今朝のCLの詳細を探ろうとふらふら彷徨っていたら、DFB公式
http://www.dfb.de/
に、ぎゃー!!
な記事が。

Jürgen Klinsmann: "Für uns war die WM eine unglaubliche Erfahrung"
/ユルゲン・クリンスマン『WMは私たちにとって信じられないくらいの経験だった”

なんという見出しで、我らがクリンシーが久々に公の場に!!!
どうやらベルリンで行われたFIFAとUEFAのフスバルシンポジウムに特別出演した模様。

――た だ し 。

衛星中継で。
アメリカからテレビ電話でこんにちわ★
ってなんだ、それー(笑)

本日、時間切れのためインタビューの全文をほんやくこんにゃくできないのが非常に残念ですが、明日には頑張ります!
続きは追記でまた明日!!


※9/14(木)追記にほんやくこんにゃく追加しました。

久しぶりにライブなクリンシーニュースをキャッチできて大変満足しております。やっぱテンション違います、自分(笑)


DFB公式ニュースより引用。
一部、超意訳部分あり。省略部分あり。話半分くらいでお願いします。
訂正つっこみ、大歓迎です。


Jürgen Klinsmann: "Für uns war die WM eine unglaubliche Erfahrung"
12.09.2006 18:45:00

Jürgen Klinsmann beim Live-Interview
Das vom Fußball-Weltverband (FIFA) und der Europäischen Fußball-Union (UEFA) organisierte Fußball-Symposium in Berlin wartete am Dienstag mit einer Überraschung auf. Der frühere Bundestrainer Jürgen Klinsmann wurde per Videoübertragung live zugeschaltet und begrüßte die anwesenden 52 Nationaltrainer und die über 200 Fußball-Experten. Der Technische Direktor der UEFA, Andy Roxburgh, schaltete den 42-Jährigen in die regen Diskussionen mit ein und führte mit dem in den USA lebenden Klinsmann ein aktuelles Interview.



FIFAとUEFAが共同で執り行った火曜日のサッカーシンポジウムで思いがけない贈り物が届いた。前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマンがビデオ(衛星回線?)に現れ、52人のトレーナーと200人のサッカー専門家に挨拶をしたのだ。UEFAテクニカルディレクターのAndy Roxburghはこの42歳との討論を楽しみ、また非常に重要な、最新のインタビューをアメリカ在住のクリンスマンに対して行った。

Frage: Herr Klinsmann, was machen Sie zurzeit?



クリンスマンさん、最近あなたは何をしていますか?

Jürgen Klinsmann: Ich bin inzwischen zurück im normalen Leben. Ich kümmere mich mit meinen amerikanischen Partnern um meine Firma soccersolutions und bringe meine Kinder in die Schule.



元の普通の生活に戻っていますよ。Firma soccersolutionsの活動をして、自分の子供の学校の送り迎えをしています。

Frage: Wie ist denn Ihr Eindruck von der Weltmeisterschaft im Allgemeinen?



ワールドカップの全体を通しての貴方の感想は?

Klinsmann: Wir haben alle eine wundervolle WM erlebt. Mit der Einführung des Public Viewing konnten Fans auf der ganzen Welt am Turnier teilnehmen. Es war für alle Zuschauer ein völlig neues Gefühl, ein Teil des Spiels zu sein.



私たちはとてもすばらしいワールドカップの経験をしたと思います。パブリックビューイングを導入したことで、世界中のファンがトーナメントを見ることができた。そこに参加したすべての人たちは、まるで試合の一部分になったかのようなまったく新しい感覚を味わったのではないでしょうか。

Frage: Wie beurteilen Sie die WM vom technischen Standpunkt aus?



技巧面では、今回のワールドカップをどう評価しますか?

Klinsmann: Das spielerische Niveau hätte besser sein können. Mannschaften wie Argentinien oder Brasilien, die sehr gut ausgebildete Einzelspieler mit hohem individuellen Können in ihren Teams hatten, haben den Einzug ins Halbfinale leider verpasst.



選手のレベルは良かったと思います。アルゼンチン代表、またはブラジル代表、彼らは個々人の個性もレベルも非常に高く、準決勝に進めなかったことが残念でした。

Frage: Was für eine Bedeutung hat die WM für Deutschland als Gastgeber?



ドイツが今回のワールドカップ開催国である、ということはどのような意義があったと思いますか?

Klinsmann: Für uns war die WM ein riesiger Imagegewinn. Deutschland hat sich während der vier Wochen beinahe neu entdeckt. Die ganze Welt hat gesehen, dass auch die Deutschen fröhliche und freundliche Gastgeber sein können. Für uns alle war es eine unglaubliche Erfahrung.



我々にとって、ワールドカップは巨大なイメージアップになったでしょう。ドイツ、という国を4週間の間に見直してもらえたのでは。世界中の人々が見ていたのです、陽気で友愛のある開催国であるところを。私たちにとって、非常に信じられないほどすばらしい体験でした。

Frage: Die deutsche Nationalmannschaft hat mit ihrer Spielweise nicht nur die eigenen Fans begeistert. Was steckt hinter diesem System?



ドイツ代表チームは一試合ごとにファンの感動を呼び起こしました。これはどういうことなんでしょう?

Klinsmann: Das Spielsystem sollte unser Selbstverständnis ausdrücken. Wir wollten einen offensiven und aktiven Stil praktizieren. Anders als beispielsweise Italien, das auf Veränderungen während des Spiels schnell reagieren konnte, war es unsere Absicht, den Gegner schon zu Spielbeginn zu überraschen.



私たちが示し続けてきたプレイスタイルが理解してもらえたということでしょう。私たちは、「攻撃
的」で「積極的」なスタイルを実践しようとしてきました。イタリアのようなスタイルとは異なり、素早い動きにもすぐに対応できるプレイが私たちの考えであり、相手チームがプレイを始める前に、不意をつく。そういったようなことです。

Frage: Wie war die tägliche Arbeit mit der deutschen Nationalmannschaft?



貴方はドイツ代表監督として、日々どれくらい働いていたのですか?

Klinsmann: Wir haben gewusst, dass wir im spielerischen und taktischen Bereich Nachholbedarf hatten. Daher hatte die Fitness unserer Mannschaft oberste Priorität. Wir haben den Spielern vermitteln können, dass eine WM im eigenen Land eine einzigartige Möglichkeit ist. Daher waren unsere Jungs auch bereit, zusätzlich zum Vereinstraining Sonderschichten einzulegen.



私たちは選手を指導する分野と、戦略上の分野をはっきりと分けていました。そのため代表のトレーニングは最優先だったのです。私たちは選手と連絡を密に取り、ワールドカップではとてつもない可能性を秘めた国になったのです。それゆえ、私たちの将来ある若者たちの育成をよりいっそう、協会と育成機関にお願いしたいのです。

Frage: Was haben Sie für Ihre zukünftige Trainingsarbeit mitgenommen und wie sehen Sie die Zukunft des Fußballs?



貴方にとって監督業というのは疲れ果ててしまうものでしたか? そしてサッカーの将来をどう見られますか?

Klinsmann: Ich hatte das Glück, bei großen Kollegen lernen zu können, wie beispielsweise Carlos Alberto Parreira, den ich in Brasilien besuchen konnte. Ich habe jeden Tag etwas Neues gelernt. Trotzdem sehe ich mich als jungen und unerfahrenen Trainer, der den routinierten Kollegen keine Ratschläge geben kann. Was die Zukunft des Fußballs angeht, so glaube ich, dass es auf die individuelle Stärke der Spieler ankommt. Daher sollten wir darauf auch das Augenmerk legen, sie fördern und sie weniger in vorgefertigte Systeme pressen.



仲間たちにめぐり合えたことにとても感謝しています、そうですね、たとえばCarlos Alberto Parreiraに。ブラジルを訪れることができたのは彼のおかげですし。毎日新しいことを学ぶことができました。私のように、まだ若く、未熟な監督にもかかわらず、熟練した仲間たちは支えてくれた。サッカーの未来に関わることは何か、考えてみるにそれは選手個々人の個性の強さが大事なのではないでしょうか。

Frage: Wie sieht es mit Ihrer persönlichen Zukunft aus?



貴方個人の将来はどのように考えていますか?

Klinsmann: Derzeit bin ich froh, wieder ein normales Leben führen zu können. Aber vielleicht kehre ich früher oder später wieder auf die Trainerbank zurück. Wer weiß, vielleicht bin ich 2010 in Südafrika wieder dabei (lacht).



いまのところ、いままでの普通の生活に戻れたことが嬉しくてしかたがなくて。しかし、もしかしたらまた監督のベンチに戻りたくなるのかもしれないですね。2010年の南アフリカには、もしかしたら、もう一度、ね(笑)

2006/09/13(水) 23:57 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/09/14(木) 04:52:59 | | [ 編集]

らん

『はじめまして』

リンクをたどってまいりましたらんと申します。
私もつい最近ですがドイツ代表&ブンデスリーガ好きで
ブレーメンファンです☆
ドイツ語勉強なさってるんですね。
私はドイツサイトとかよくみてるんですけどぜんぜん
ドイツ語が分からなくて四苦八苦してますね(^^;
あとリンクに和独辞典というのをみて気になったので
サイトみたんですがこのサイト便利ですネ。
今度ぜひ活用してみたいと思いました。m(__)m
それでは今後もどうぞよろしくです!

2006/09/14(木) 21:59:55 | URL | [ 編集]

Jusura

『No Subject』

>Mさま
こんばんは!お気を使ってくださったコメントをいただいてしまってありがとうございます!!
迷惑なんてとんでもない!
まだよそ様に顔みせできるようなブログでもないので、細々とやっていただけでして……もしよければ今度(があれば)鍵なしでも足跡を残してやってくださいませv
WerderファンのMさん(わたしも一応、お名前伏せてみましたが……大丈夫ですか?)に負けないような(?)ミドリ白サポになりたいなあーと思っていますので、またお邪魔しますね♪
どうもありがとうございました!!(ぺこり)

2006/09/15(金) 01:12:07 | URL | [ 編集]

Jusura

『No Subject』

>らんさん
初めまして、ようこそ!
辺境ブログへ(汗)
代表好きでブレーメン好きとはばっちり同じご趣味ですねv
嬉しいです。
えーと、私のドイツ語レベルはまだまだへっぽこレベルですので、レベルアゲするためにも毎日フスバルの話題に触れつつ頑張っていこうかな、というところです。
リンクの「和独辞典」これはまだ独和辞書を持っていなかったときからお世話になっているサイトなので、非常に愛着があります。
とても使い勝手がよいので、らんさんがドイツ語サイトをのぞかれたときにお役に立てばなーと思います。
また、なにかありましたが気軽にお越しくださいねv
お待ちしています。
コメントありがとうございました!

2006/09/15(金) 01:22:25 | URL | [ 編集]

ふかふか

『はじめまして!』

はじめまして!!
らんさんのところから来ました。
私もドイツ代表&ブレーメンファンです。
クローゼを一番の贔屓にしています。
今年のWMでヨーロッパサッカーに目覚め、今サイトを巡りながら勉強中です。(笑)
せめて選手の名前とチーム名都市名ぐらいドイツ語で読めるようになりたい!!と感じてドイツ語も発音のみ勉強し始めました。
サッカー話&ドイツ語お勉強話をこれからも楽しく読ませてくださいね☆
よろしくお願いします。

2006/09/15(金) 09:24:55 | URL | [ 編集]

らん

『』

こんにちは(^^)
先日はうちへコメントありがとうございました。
もしよろしければこちらのサイトを今度リンクさせていただいても
よろしいですか?

2006/09/15(金) 12:44:55 | URL | [ 編集]

Jusura

『>ふかふかさん』

ようこそいらっしゃいました!初めまして。
らんさんのところから……辺境までようこそ(笑)です。
ふかふかさんもクローゼさんひいきですか!私も最近彼から目が離せなくて困っています。
選手名と都市名をドイツ語で……勉強家さんなふかふかさんに負けられないですね、私も(笑)
ドイツ選手たちの話題をドイツ語まじりで、なら得意(?)ですので、よければこれからもご活用いただければ嬉しいですv
コメント、ありがとうございました!!

2006/09/15(金) 23:44:31 | URL | [ 編集]

Jusura

『>らんさん』

こんばんは。
こちらこそ、お世話になりましたv
よろしければ、どころでなくリンクしてくださるのは大歓迎です!
ありがとうございます!
逆に、私のところからもらんさんにリンクさせてもらってもよろしいでしょうか?
と、ここで書くのもおかしいですよね。それにつきましては、また伺います!!

2006/09/15(金) 23:48:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/120-c98b362d
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。