スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

文中の未知単語率

私の文庫本ノート。
090315_2020~01
もう何度も書いているかもしれませんが、スケジュール帳は別に購入、日々の記録と日記と学習帳をいっしょくたにした文庫本ノートをセットにして持ち歩いています。
文庫本ノートに会社の予定もドイツ語学校のノートも全部書き込むようになって、早くも4冊目が終わりました。

画像はひとつ前の記事、メルテコラムを写し取ったもの。
右側にコラム本文、左ページに自分なりの日本語訳をつけています。


去年の今頃は、「9か月ドイツ語独学法」と称してこのブログ内で精読の概要を日々アップしていたものでした。今から思い返すと、当時の自分はものすごーく気合いが入っていたんだなと自画自賛。
今同じことをしろ、と自分で自分に言い聞かせてもやるかどうか……。
しかしそこで培ったノウハウは今の自分にもつながっています。

・読み取りたい本文をまず自分の手で書き写し

・ひとつ読んでわからない単語に線を引く

・頭の中でテキストの内容をくみたてながら、不明単語の意味を調べ

・その文の日本語訳を構築していく

この流れは当時一日一テキストを課題としていた自分が試行錯誤して自分で一番早い理解法だ、と確信したもの。あくまで私個人向けですので他の学習者さんには向かない方法かもしれませんが。

いろいろなテキストをその後流し読みするようになって、ある程度の推測がつくようになると、精読というのが段々とわずらわしくなってくるものです。
ここ最近の私がそうでした。
でも、やっぱりいつかは多読から精読に戻る時期がくるといいますか。
精読の必要性を再度確認したといいますか。

ちゃらんぽらんに読んでいたドイツ語を、いまいちどじっくり正面から深く理解しようと思い返しています。
大きなひとのコラムを最初のさいしょから読み返すのも楽しそう。
だけど彼のコラムはたいがい長い(苦笑)
ですからもう少し、短いテキストで精読をしようと思います。

ちなみに、一年で少しでも成長したのか、コラムの未知単語も少なくなった、かな?

【コラム中未知単語】
メルテコラム(2009年1月16日分)
全390語中47語。
12.05%

同メルテコラム(2009年3月6日分)
全731語中99語。
13.54%

どれだけ辞書を引かずにテキストを理解できれば御の字なのか、その線引きは人によって違うのでしょうが、私は全文中80%も分かれば上出来だと思ってます。
彼の作る文章に慣れてきた、というのもあるかもしれませんがそれでもやっぱりこうして試しに数え上げてみると成果が目に見えて嬉しいですv

2009/03/16(月) 00:04 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。