スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

der Wortschatz 【語彙】

ドイツ語で「語彙」を表わす単語は、”Der Wortschatz”。
「言葉」の「宝」=「語彙」というのはなんとも情緒的なものであります。

いったいどれだけ語彙を増やすのか。
それは学習者にとって至上の課題ともいうべき終わりなき道のりです。基本単語2000でうんうん頭を抱えている私が偉そうなことを言えた義理ではありませんが(苦笑)

しかし、単語をひとつ自分のものにすることで、その学び取ろうとしている外国語の宝の欠片をひとつ手に入れた、と思えるのであれば、単調になりがちな単語帳めくりにも気合いが入ったり……しないかな?

私はどうも単語帳をめくって暗記をする、というのが苦手で、しばらく実際の文章の中から単語を読んで口にして推測して覚えていくという手法を取っていたのですが、それは基本単語が頭に入っていないとどうにも効率が悪いなあ、と思いなおしつつある今日この頃です。

090221_1639~01
「単語+熟語1800」より。
マークがついている語は、昨年2/4の段階で覚えていなかった、もしくは初めて出会った単語。
一年ぶりにめくってみると、流石にこの一年で身にしみた単語もあったようで、赤くマークされた単語はほとんど空で言えました。
特に、「die Pfanne」=フライパン、なんてのはね♪
(某緑白チームの某カピテンが、『Pan Pong Open』なるフライパン卓球選手権(Bratpfannen-Tischtennisturnier)を行っていた当時の映像をW.TVで見られるようになってから、何度も見返しましたからv 体験や興味に基づく語というのは本当にすぐに身にしみ込んでくるものです、はい)

単語を覚える、活用できるように身の内にしみ込ませる秘訣。
どなたかご存じでしたらぜひ教えてください。
私は、どれだけその言葉に愛着がもてるか、だと思っているのですが……。

2009/02/21(土) 17:03 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。