スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東回り・西回り


注文ボタンは一回だけ押し。
一括発送で、という選択もしました。
ちなみに発送方法は、自宅とドイツの間の距離感をもう信じられないので(過去何度も地球を何周して届いたのであろう苦い経験あり)、国際特急配達(Internationale Express-Zustellung)です。

以上を踏まえた、密林.deでの今回の注文だったのですが、なぜか荷物は分割して二個で届いたんです。
そして国際特急便の際には注文物の途中履歴が追えるので、分割された荷物がどう渡っていくのか見守っていたら。

なんと、今回はドイツを出発した荷物、地球を一周です。
ひとつは、いつもの東回り。
【カッセル→ケルン→ドバイ→香港→フィリピン→成田】
これはわりとよく見る経路です。

もう一方の荷物は、なんと西回り。
【ライプツィッヒ(~ドイツ国内は履歴が消失してしまったため省略)→アメリカ→成田】

しかし、東から回っても西へ飛んでも、成田につくのは同日。
私の家に届くのも、一緒でした。
ちょうど地球の反対側に位置する場所からの配送で、少しこの星の大きさについて思いを馳せました。

グローバルな時代に置いて行かれないよう、さて今日も届いた代物でドイツ語に励みます。
お休みの前に届いて、とっても助かりました。

ちなみに今回の国際特急配達、最速でした。
先週の金曜日早い時間に注文→火曜日の夜には配達。
通常配達の送料(は17ユーロ)プラス13ユーロでこのサービス、やはりやめられません。

2009/02/11(水) 12:54 | 【ドイツ語】 Lernen | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。