スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Reise2008(8)体のなかに雄猫

2008/12/07(So.)
日曜日 曇り、スタジアム到着時だけ雨(笑)
私は オス猫を 持っています



 日曜日の朝、本来ならばさわやかな目覚め。
 しかしこの日の朝、私の体のなかでは雄猫が思う存分暴れまわっていました。

 Heute habe ich einen Kater!!
 (今日私は二日酔いです!)


(記事掲載日・2009/1/3)

 ドイツ語を習いたてのころ、この「二日酔い」=「オス猫持っています」という表現に出会いました。なじかは知らねど、ものすごく慣用的な言い回しであったために一発で記憶に残り、まれにテキストに出てくると嬉しくて率先して答えていたものです、ドイツ語学校で。
 しかしまさか実地でその体内オス猫暴れまわり状態を旅行中に味わうはめになるとは……。
 あー思い出すだけでも、ぎもぢわるいでず~~~~。


 前日土曜日に、大きい人のふるさとパテンゼンを回った後、とんぼ返りでブレーメンに戻りました。そこで、まあ、飲みに誘われたわけですわ。
 おりしもこの日はカールスルーエでのアウェー戦。試合中は移動をしていたので全然試合中継も結果も知らなかったのですが、やはり結果と、そのオプション(某選手への赤紙)というか、ねえ……を聞いたり見たりしますと、飲まずにやっていられないというか、いやお酒の席自体は楽しかったのですがね。美味しかったですベックス。
 そこで楽しいお酒で終われば良かったのですが、実はこのアルコール摂取にはさらなる弊害がありまして。

 朝起きたら、前夜途中からの記憶がすっかりないんですね。

 目が覚めた場所が自分のホテルの部屋でよかった……男性だったらここで隣に知らないおねえちゃんが寝ていたりする状況ですが、さすがにそれはなかったです。でも自分何をしたのかさっぱりおぼえていないんです。
 自分がどれだけ不注意だったのか、反省しきりのエピソード。
 いくら治安がいいとはいえ、旅行中に記憶をなくすほど飲むとは、旅行者として何が起きても文句が言えない状況ですからね、たるんどる自分に情けなくなるやら落ち込むやら。
 さらにはどれだけ飲んだんだ自分、と昨夜の自分に詰問したいくらいの気持ち悪さ。アルコールには強い自信がそこはかとなくあったので、どれだけ飲んでも一晩寝て起きたらすっきりしている今までの状況とあまりに違っていて、こちらも驚くやら泣きたくなるやら。
 しかし、起こしてしまったことは仕方なし!
 同じように旅行される皆さまには、お気を付けいただきたいという意味もこめて、わたくしめの失敗談をあえてそのまま載せました。
 女性の皆さま、お気を付けあそばして!
 特に私のように一人旅だと本当に何が起こるかわからないから~!
 ……一緒に飲んでいたのはお友達でしたけれどもね、それにしても旅先で記憶をなくすなんてありえないです、馬鹿だ自分……。


***


 そんなわけで、過ぎたことは仕方なし、この日曜日からはひたっすらWeser川の土手さんと仲良くなる日々が始まります。毎日まいにち、トラムの10番と3番に乗って、よく飽きないなあ自分、とこうして旅行を振り返ってみると思うわけですが、実際の旅行中はただひたすら楽しかった思い出しかありません。

 この日曜日の練習は、10時から。
 そして日曜はどこのお店もお休みです。それは知っていました。
 ……が、トラムまでこれほど間引き運転をするとは思ってもいませんでした。駅前のトラムがちょうど目の前で発車してしまったので、なら3番で行くか~とマルクト広場まで歩いたのはいいんですが、ここでも次のトラムが20分後、とか……うん、これは歩いた方が早いね、とマルクト広場から次の停留所までてくてく歩く私。スタジアムまでの道順はわかるんです、ただ、歩くのが気持ち悪くって、ね……ああ~何度も言いますが自分は阿呆ではなかろうか。

 10時にはまだマルクト広場近くにいました。いきなりの鐘の音に、思い切りびっくりしたのを覚えています。ものすごい大音量。ペトリ大聖堂か、聖母教会かその鐘の発信元はわかりませんが、とにかくマルクト広場からずーっと響く鐘の音。この鐘の音は、その後スタジアムで練習見学しているときにも聞こえました。かなり遠くまで聞こえるものですねえ。
 おそらくこの鐘の音は、この日が第2アドベントの日ですよー、2本目のロウソクをつける日ですよ、と知らせるものではないかな、と勝手に推測してひとりでクリスマス気分をかみしめていました。


 そんなわけで、10時から練習開始なのに、スタジアムに着いたのはその後しばらくしてから。それまで晴れていたようですが、私は一緒に雨まで連れてきてしまったようです。よっ、さすが雨女(自虐的)。

 この日は試合日の翌日なので、昨日試合に出ていた選手は練習には出てきませんでした。(しかしスタジアム内にはいた模様。マッサージかな?)
 ただ、試合に出ていなかった選手だからといって、見ないでいいやーなんてことにはなりませんもちろん。


20081207_01
実際にデジカメズームをしないで撮った1倍な風景。結構遠いです。

 この日最も嬉しかったのは、練習に出ていた選手のなかに20番さんと34番さんがいたこと。
 今年は怪我に泣いているダニエルさんとHarnikくんの今が見られて、いやものすんごく嬉しかったです。

 特にダニエルさんは練習中ひたすらニコニコ、にやにやしていて相当練習が嬉しいみたい。先週の練習風景は見られていないので推測でしかないですが、もしかしたら、丁度この日からボールを使った練習を許可されたのかも。それくらい、常に笑顔でした。見ているこちらも幸せにほわわーん、となれる元気はつらつぶり。


20081207_08
 隣のペトリさんとにやっにやしている現場は、こちらです。
(左から、3番さん・17番さん(?)・20番さん・手前が34番さん)


 練習は、シュート練習・守備練習。非常に失礼ながら、守備練習を初めて見たかも。この練習を見ると、各選手の守備能力が赤裸々に見えてしまいます。

20081207_04
がんばれ、15番さん!
(守備・15番さん VS 攻撃・25番さん)


 そしてHarnikくんがまだボール使用許可が下りていないのか、ひとりでコーチの指導のもとリハビリに励んでいました。でも、黙々と、ではないですよこのお方。シュート練習で25番さんが思い切りよく外したときに、「ヘーイ、ペーター~~~!?(にまにま)」なんて大声で茶化したりなんかしたりして。仲が良いんでしょうねえ、それと、このチームはこういういたずらっ子というか面白いことが大好きな選手が多いです。見ている側は笑いをこらえるのに必死。面白いチームですよね、ここは。


20081207_0620081207_07
彼の目線の先ではシュート練習行われています。早く一緒に練習できる日が来ると良いね……。


20081207_05
2番さんと15番さん。私はこの二人が似ているような気がしてなりません。え、全然似てない? 私の目が悪いから?(苦笑)


***


 練習を見ているときは二日酔いの気持ち悪さも忘れていましたが、楽しい時間が終わるとなると、とたんによみがえってくるこの体の不思議。肉体を精神で抑え込めるその力を実感した瞬間です。楽しいときは脳内麻薬が出ていますから体のシグナルもそれによって一時ブロックされるのでありましょう。

 見学をご一緒してくださった方がいらしたので、一緒にラーツケラーでご飯をいただきました。
 といっても、私はスープが精いっぱい。シチューとリンゴサイダーでこの日の食事は終了です。でもラーツケラーに今年はひとりじゃなかった、リベンジ成功、とひとりでほくそ笑んでいました。(去年は一人で食べてテーブル担当お姉さんに、「次はこの前の席が埋まっているといいわね=誰かと一緒にいらっしゃいね」と優しく言われたものです。絶対次に来るときはどなたかと! と密かに誓いを立てていたんですよ)
 
 その後、気持ち悪さは大分薄れたもののまだ体内でオス猫さんが鎮座ましましてるものですから、ホテルに戻って水分大量摂取、おとなしく残りの一日を過ごしておりました。
 
 もう当分、アルコールはナイン・ダンケです!!

 (そしてその誓いはすぐに破られる……)

 

2008/12/07(日) 14:51 | 【旅行】 Reise2008 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。