スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Reise2008(4)「このトラムは折り返し運転です」

2008/12/05 (Fr.)
金曜日 天気予報は「冬の嵐」・予想最高気温6℃
その1-「このトラムは折り返し運転です」



 木曜の夜は、実はUEFAカップの模様をテレビで放送していました。ドイツのオオカミチームが3:2で無事勝利したこの試合、試合内容もさることながら、その狼チームの広告の仕方が秀逸だと思いました。オオカミ好きとしては、オープニングの「吠える緑の狼」シーンにやられちまった、というもんです。ブレーメンの緑白は、いかに「W」マークが吼えても噛みついてもあんまり恰好がつきませんが、やっぱりこういうキャラクター(動物的な)がいると一気に目を奪われるというかなんというか。
 普通にテレビでこういった試合を放送してくれるこの国は、やっぱり国技なんだなあFussballが。


(記事掲載日・2008/12/28)


 朝の天気予報では、この日は北ドイツ全般「冬の雷雨」と出ていました。今日は移動日なのですが、そして朝からハノーファーで観光をしようと思っていましたが、また冷たい雨な一日だとちょっとハノーファーに対して良い印象が持てなくなりそう(去年のハノーファー観光では見事に一日雨で寒くて凍えていました)で、ぎりぎりまでブレーメンで楽しんで夜にホテルに着けばいいや、という自分会議で決着がつきました。一人旅だと、こういうときに気楽でいいです。なんでも自分の考えた通りでころころ予定を変えられますから。でもやっぱり、夜に一人でホテルにいるのはちょっとさみしい、かな。

 そんなわけで、朝はゆったりまったり朝ごはんと支度をして、トラムであちこち見て回りました。空港に昼間に向かう人は少ないなあ、とか。空港にネットができるパソコンが設置してあることに気づいたりとか(コインを入れて何分使用可能、というタイプのもの)。


20081205_02

20081205_01
 空港に向かう道すがら、あまりに人が少ないので車内をぱしゃり。というか、座席をぱしゃり、ですね。シートの模様がローラントに音楽隊にボール。象徴ですわな~。


 マルクト広場まで戻って、さて何をしようか~外は雨だし、中で見学できる何かがいいなあ、と通りがかったのが旧市庁舎前。そうそう、旧市庁舎見学ツアーが観光客向けにあるのだった、とツーリストインフォメーションで何時にあるのか聞いてみよう! と思い立ったところまでは良いのですが。
「残念ですが今日はツアー開催してません」との返答。
 なんとー、金曜日は休館ですか?
 そういうわけではなく、たまたまこの日は開催していないのだとか。
「明日と明後日はやってますよ」と教えていただきましたが、明日はいないのですこの土地に。毎日開催しているわけではないんですねえ、残念。

 では、少しばかり静粛な時間を求めて、ザンクト・ペトリ ドームへ向かいます。


20081204_15
 ドームはふたつの天に伸びる塔が特徴的。どうやらこのてっぺんまで登れるようですが、有料でしかも自前の足で登らねばならぬそう。冬でなく、すかっと晴れた夏にチャレンジしたいです。

20081205_03

20081205_04

20081205_05
 宗教的なことはさておき、この空間は落ち着きます。観光客もたくさん訪れるため、静寂にすぎることもなく、かといって外のクリスマス市のように騒ぐと間違いなく場違いですし。
 写真を撮るためカメラを構えるのもためらわれるほどの空気が、長い年月の間に降り積もってきた人々の願いとか、祈りなどを全身に感じるようでした。
 ドーム内の一番最下層に、さらに静寂を求める人のための小部屋があります。耳に痛いほどの静寂。聞こえるのは上を歩く人の足音と、自分の呼吸音。いろいろなことを考えるときに、迷った時に訪れたい場所です。


***


 お昼をたっぷりと取り、こうなったら午後2時からの練習も見よう! とスタジアムへ向かいます。
 が、この日はお空が雷でなく助かったものの、トラムが嵐でした。
 Domscheideから乗ってすぐ、どうも聞いたことないアナウンスが。えーっと、えーと、なんですと?
このトラムは××から折り返し運転です。××から先へお越しの方は降りてください」
 要約するとそんなこと言ってました、たぶん。幸い乗客は私ひとりではなく、しかも行き先も一緒の方もぎゃんぎゃん騒いでいたので、自分のヒヤリングが間違いでないことがわかりました。ひとまずその折り返しまで(といっても次の停留所ですけど)乗って、あとはぞろぞろみんなで徒歩。折り返し運転の理由は、たしか全然言っていなかったのではないかな?
 しばらくみんなでぞろぞろトラム沿いに歩いて行くと、その原因がわかりました。

 ぽ、ぽりつぁい(警察)出動!?

 トラム沿いのお店がどうやら爆発騒ぎか、火事か(これはないな、消防車来てなかったから)不発弾か。そんなものものしさで、トラムが危ないから止められていたようです。でもそのそばを迂回ではありながら歩行者は通れるの。不思議。この道はこのお店の騒ぎのおかげで、帰りもトラム大幅乱れになってました。急いでいるときは困ったちゃんですねえ。


 そんなわけで、トラムなら10分程度でつける場所まで50分近くかかってしまった雨の金曜日。
 スタジアムに着いた時にはもう練習終わるところでした。
 しかし、「のどいた」だった29番さんがこの日練習に出ているかどうかをまず知りたかったので、丁度練習終わってはけるところに遭遇できて、良かった。なんともなしに顔は渋かったけれども(ただ疲れていただけ?)22番さんとふたりで連れ立って帰って行きました。良かった。
 このときにはかなり雨が本降りで、選手は足早にスタジアムに戻っていたのですが、そのなかでもカピテンは呼びとめられれば雨でも足を止めて記念撮影に応じているところがプロだと感心しました。てかこの雨でお願いする方もする方だ。ずぶ濡れですぜお互いに。カメラ、あなたがた傘もなんも差してないけどそれ大丈夫? こちらのカメラは防水加工がしっかりされているのでしょうか……(そんなわけない)

 このあと、カールスルーエにバスで移動になるのでしょうけれども、さすがにそこまで待ってはいられません。スタジアム滞在時間正味10分で、足早に帰ります。しかし帰りのトラムがまた来ない……一時間は待ったかな~歩いた方が早かったな~スタジアムで待っていた方がまだ実りがあったかしら?


20081205_06

20081205_08
 しかし、たまにこんなトラムが通るので目には嬉しかったり。


 予定を大幅にオーバーして、夕方のICでハノーファーまで向かいます。
 朝ホテルを出る前に、一応荷造りしておいてよかった。すぐに荷物を持ってフロントまで行けましたもの。事前準備は大事です、はい。

 それでは、これからハノーファーまで一泊の旅です。緑白チームが勝てますように、とお祈りしつつ私は列車に飛び乗りました。


 

2008/12/05(金) 20:37 | 【旅行】 Reise2008 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。