スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メルテコラム(2008年12月17日分)


今年最後の、ごあいさつコラムです。
旅行中、ご一緒してくださった方とお話していました。

『たぶん休暇になったらもうコラムの更新はしないでそのままあったかいところに行ってしまうよね~。
新しいコラムは新年のトレーニング始ってからだよ!』

ごめんなさい、謝ります。
きちんとファンの皆さんに挨拶をされてからお休みに入られました。
もう土下座です、ほんとあのときの自分、どれだけ失礼なんだ……。

てな訳で、クリスマス気分でウキウキな文章を読ませていただきました。それに加えて直近の試合両方とも勝ちましたものねえ。
休暇中でもトレーニングをかかさない、と公言した彼を見習って、自分もがんばりまっす!!


なんちゃって訳は折りたたみ追記にて。どぞ。


Gesegnetes Fest und einen guten Rutsch!
2008年12月17日 水曜日


 やあ、みんな!


 僕はいま、家族のもとで祝日を過ごすために故郷に帰っているところだ。くたびれるサッカー漬けの日々も年の終わりを告げ、だんだんとクリスマスの雰囲気になってくる、それにいささかの休息が持てる、ってのは良い気分だね。


 骨の折れる、くたびれる日々だったよ本当に。毎週批判をじっと聞き入れなくてはならない一方、僕らは全員、何が何でももっといい結末で締めたかった。それは先週の二つの勝利で十分やってのけれたね。さらに僕らはUEFAカップの出場権をも獲得し――こんなことほとんど誰も計算に入れてやしなかっただろうけど――それに引き続いてのWolfsburg戦で勝てたことは本当に大事なことだった。
上手くいった結果を胸に抱いて休暇に行くことで、心の負担も軽くなるからね。


 だけど、だからといって僕らが獲得した勝ち点に対しての満足度を思い違いするのは許されないことだ。終わりは確かに大目に見られるものだった。だけど、それ以上のものではもちろんないよね。
ひっきりなしに上がったり下がったり、今シーズン前半はチームとしての僕らはそれを体験していたし、個人的にもそれが当てはまっていた。
負傷それに出場停止処分――そのどちらも、チームが一定の好成績を収める手助けのできないものだった。


 だけど、それでも僕はこう言わなくちゃ。
「今は、良い気分だ」って。
直近の試合で僕はいい仕事ができたと思ってる。だからそれを休暇後のシーズンにも持ち越したいと思って、来週以降もコンディションの維持向上に努めるため、体を動かしていこうと思っている。


 具体的に何を意味するか、って言うと。
典型的なクリスマスの過ごし方は――君たちが家でよくしているように――思う存分祝って、思いっきり食べて、それから足を高く上げて休む――そうはなりそうもないんだ。心拍計とスパイクは、いつも近くにある。


 今年のクリスマスは僕にとってそうではなくとも違ったものだ。今まではこのクリスマスの間はいつもハルツ山地に赴いて、祖父母のところで過ごしていた。でも今回は、家族全員で太陽のもとへ飛ぶ予定なんだ。
そうだよ、太陽の下へ!


 これは僕にとって絶対に新しいものになる。クリスマスのお祝いを凍えるような天候と夜の霜なしでするなんて。これは夏のような高い気温の賜物だね。
クリスマスをどこかほかの場所で過ごすなんて、確かに奇妙な感じがするかもしれないな。だけど新たな体験は興味深いものだし、僕はいつでもそういったものを歓迎してる。


 今僕はもう既にお祝い気分になっちゃってるけど、2008年を駆け足で喜んで振り返ってみようと思う。
走り去って行った2008-09シーズンの前半戦だけで成り立っているわけじゃないんだ!
日々の仕事の中で、サッカーが速く忘れ去られていくものだとしても、この年はWerderにリーグ2位という結果をもたらし、それからとても感動的だったEM。僕にとってとても大事なトーナメントになったよ。言うなれば、2008年は自慢できる――要するに、成功に彩られた一年だった、って訳だ。


 そして僕と、チームとしての僕らは休暇の後もその2008年を結びつけたいと思ってる。残りのシーズンは僕らにとってとても大切なものになるんだ。
親指をぎゅっ、と握って「出場停止」や「怪我」なんてものを避けられるよう応援していて。それに残りを僕らはやり遂げなくちゃね。


 君たちみんなが楽しく、祝福されたクリスマスを迎えられますように。そして、良い新年を迎えられるように!
うん、この挨拶はいささか早いかな、って僕にもわかってるんだけど……でももうすぐ僕は心拍計とスパイクを荷造りして、南に向かわなくちゃいけないから。
もしかして、モミの木の下で、さらに日焼け止めクリーム(のプレゼント)を見つけちゃうかも。


 それじゃあ、また。


 君たちのペアより

2008/12/21(日) 23:04 | 【サッカー】 Merte | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。