スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ブンデス8節】gegen BVB 3:3


足下一目でどこ対どこだかわかってしまう、こんな対決でした。

20081018_01

【Bundesliga 8.Spieltag】
Werder Bremen- Borussia Dortmund 3:3 (0:0)
18.10.2008, 15.30 Uhr


Werder Bremen:
Wiese -
C. Fritz, Baumann, Naldo, Pasanen (64. Boenisch)-
Frings -
D. Jensen(59. Hunt), Oezil -
Diego -
Sanogo(64. Almeida), Pizarro
>auf der Bank
Vander, Proedl, Tosic, Niemeyer

Borussia Dortmund:
Weidenfeller - Lee, Subotic, Kehl, Kringe, Tinga, Valdez (79. Klimowicz), Frei (64. Zidan), Blaszczykowski, Kovac (52. Hummels), Schmelzer

Tore:
0:1 Frei (59., Foulelfmeter, Rechtsschuss, Vorarbeit Kehl)
1:1 Baumann (68., Kopfball, Boenisch)
1:2 Hummels (72., Rechtsschuss, Blaszczykowski)
2:2 Pizarro (88., Rechtsschuss, Boenisch)
3:2 Pizarro (90. + 1, Linksschuss, Hugo Almeida)
3:3 Zidan (90. + 2, Rechtsschuss, Kringe)

Schiedsrichter: Kempter (Sauldorf)

Weser-Stadion: 42.100 Zuschauer (ausverkauft)

Gelbe Karten: Naldo, Fritz, Frings - Tinga, Zidan


代表戦が間に挟まれていたので、久方ぶりのブンデス!
なんだかやっぱり落ち着くわー週末はこの時間でないとね♪
なんてうきうきしながらいつもの聴戦に備えた私です。

まだMerteの出場停止処分は明けていないし、代表戦で負傷して帰ってきた選手たちもいるのですが、それでもやっぱりブンデス再開は嬉しいv
個人的な印象ですが、BVBはSVWにとって苦手な相手(VfBもですが)と思っていたので、ホームだけどどうかなあ~? と不安になりがちなリアルタイム聴戦だったので、引き分けなら、御の字。。。
……いや、やっぱりジェットコースターの最後の最後で大技大回転でひっくりかえってびっくりしている間に終点にたどりついてしまった、という気持ちですが。
最後の瞬間まで、「勝った~~!!」と大喜びでしたのに、ね。


Bundesランキング参加しています。応援クリック、いつもありがとうございます♪
bundes




最近のブンデス公式ラジオは、昨年までの全体で3試合中継、から放送拡大になったのでしょうか?
いつもチャンネルはひとつにしか合わせないもので結局わからずじまいなのですが、どうも土曜日のほとんどの試合にラジオ聞けますよマークが燦然と輝いているんですよね。

今回、もちろんブンデス公式でラジオを聞いていました。
が、どうやら複数回線の障害だったのか、SVW対BVBの試合ラジオボタンを押したのに、聞こえてくるのは、「Juergen Klinsmann~」
……あれ?
その後も流れてくるのは、赤いチームの近況や試合前コメント、あれあれ今度はKSCにマイクが移ってしまいました……ってこれ違うチームの対戦やん!!
あたりをつけて、KSC対FCBのラジオボタンをぽちっと押しましたら、こちらこそ正しいSVW対BVB。
おーーーーい、困るんですよこういうの!(苦笑)
でも久方ぶりにKlinsiのお声を聞きましたv
ってそういう問題でもないですね。

その後、試合開始直前に混線に気づいたのか、急にチャンネルが切り替わり、聞こえてくる試合が南の方に移ってしまいました。
またチャンネル替えるのか!
きっとどなたかが指摘してくれたんでしょうね。
これで正しいラジオボタンで普通の放送が聞こえるようになりました。
試合前に気づいてくれて、助かりましたよ。

現在のBVBには元SVWの選手も何人かいて、どうもそこがクローズアップされている試合になるのかなあ、と思いきや前半はお互い決め切れず。

今回は、堅く行こうという方針なのか、CBはProedlくんでなくBaumiが、左SBにはBoenischくんでなくPasanenがスタメン出場でした。

20081018_04
そして久しぶりのD.Jensen選手のスタメン出場。
第4節(9/13)以来ですから、一ヶ月ぶりですね。おかえり~。


20081018_03
ラジオで、「赤ヴィーゼー!」なんて言われていた気がしますが、「またまた~赤トリコといえばVanderでしょ~?」と想像もできなかったのですが、こうして画像で見ると、強烈です。
チガウチームのGKサンミタイダー。
Wieseはなぜか、ピンクか黄色、というイメージが強いです。(たぶんそれは見慣れたTrikotの色だから)


前半はお互い0点のまま過ぎていきました。
途中あわや! という場面もほんっとうにぎりぎりゴール前でクリアしたBaumiに感謝。Kapitaenやっぱり頼れます!!
20081018_02
W.TVでのハイライトで見ても、この25分のBaumiのクリアがなければもしかしたらもっと早くに試合の均衡が崩れて、守備の崩壊が起こっていたかも……


しかしそのBaumiが後半、やってしまいます。
エリア内でKehl選手を倒してしまい、PKを献上。もちろんBVBはこれをきっちり決めて、0:1。
これはやばい、と監督が動いたのが3人替え。まだ試合全体の動画を見ていないので本当にちょっとずつ替えたのかはわかりませんが、数分ごとに交代って。
守備から攻撃に切り換えるためというのが非常によくわかる交代劇でした。
特にPasanen→Boenischくんへの交代はどんぴしゃりだったと思います。

交代してすぐの68分。
左からBoenischくんが上げたフランケを、Baumiが頭で合わせて、同点。
1:1!!
「自身のミスを、帳消しにしましたKapitaen Baumann!!」
ほんとだよ、ラジオさん!
良くも悪くも、この試合はBaumi劇場でした♪

その後試合は泥沼の様相を呈してきまして、2点目を取られたときにはなんと無人のゴール状態。
かろうじてゴール前に間に合った選手はGK・WieseではなくなんとFritz(ですよね?)
彼がゴールを守っていたら神でしたが、手を使っちゃならない選手が鋭いシュートを止められるわけもなく、ああ2点目取られました。

しかしまだまだWeser劇場は終わりませんでした。
最後の最後、88分。
再び左からBoenischくんのシュート。これを相手GKが……なんというんでしょう、がっちりおなかでキャッチした、と思いきやでんぐり返しでこぼしてしまい、そこを見逃さなかったPizarro。
ぺこん、と軽く蹴ったボールはゴールのなかへ。
……なんだかいかにもWieseがやらかしそうなミスで、これで試合をSVWが制していたならきっとこの場面が繰り返し流されていたんだろうな、と思うと不憫でならないです。
Weidenfeller選手が普段どんなGKなのかは存じ上げませんが、きっと痛恨のミスだったんだろうなあ。

しかしこれで、2:2の同点!
ああ、負けなかった~良かったー。と早くも私は撤収モードでしたがもうひと幕ありました。
なんと、90分のさらにあと、ロスタイムにPizarroが再びTor~~~~~!!
3:2!!?

Weserの奇蹟なるか!

もう笛が鳴ってもいいと思うの、と油断したのでしょうか、その奇蹟はZidanによって打ち砕かれました。あああ~残念。
負けはしませんでしたが、最後の最後でひっくり返されたこの気持ち。
しかも決めたのがZidan。よけいに複雑です。
移籍した選手を応援はしたいけれども……ここでなくても良かったよーという気持ち。
今回は出場しなかったOwoも元気でしょうか。


久しぶりのブンデスは、やっぱりそれでも楽しかったです……このジェットコースターぶりが楽しくなってきてしまったら、なんだか末期のような気がしますが(苦笑)

2008/10/19(日) 13:25 | 【サッカー】 BUNDES | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。