スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Linksdrehung(左回り)


そろそろ前回教わったステップを忘れるかな、と思った頃にやってくるダンスレッスン(Tanzunterricht)です。
そしてあいもかわらず筋肉痛に悩まされる日々がその後数日。
毎回、体力つけよう筋トレしようと思うのですが、思っただけで過ぎていく日々が過去何度も……。せめて柔軟性だけはつけようと、朝の一番体の硬い時間帯に柔軟体操だけは始めています。

今回は、先生の競技ダンスのパートナリン(女性)さんが見学にいらっしゃいました。どうもご自分たちのダンス練習の後にこのレッスンの予定があったので、誘われたらしいですパートナリンさん。
そしておそらくは先生の思惑通り、私たちダンス生徒に指導を始められるパートナリンさん。
先月といい、今月といい、やっぱり女性のパートは女性に聞くとわかります。何がうまくいかなくて、どこでひっかかっているのか。
指導する立場の方はすごいよく見てらっしゃるんだなあ、と尊敬の眼を向けてました私。

前回ようやく、ウィンナワルツ(Wiener Walzer)の左回りのステップを教わった私たち。そのときに来られなかった方への軽い指導の後、ついに!

Wiener Walzerの通常右回り+難しい左回りのコンビネーションを教わりました。

右回りは組んでいる体の関係上、楽なんですって。ダンスの基本形である組んで伸ばした腕(女性なら右腕)の先に回るので、自然とそちらに回転できるようになってる、そうです。
ですので今まではひたすら右回り、目が回ったらしばらくその場で左右に揺れるだけの休憩を取って、再び右回りでした。
それが今回、左回りと、その後のコンビネーションを教わったことで、右回りで目が回ったら今度は左に回って相殺、ができるようになりました。
左回りは慣れていないため、どうしても最初の一歩で右に回りたくなる体がいまして、それをおさえて逆方向に向かねばならぬ、というのが厳しかったです。

右回りの後一呼吸のチェンジを入れる、それで反対に回る準備をすることができます。
よくよく家に帰って反芻してみると、なるほど合理的にできているチェンジなのですが、あの限られた時間のなかで消化して完璧にものにするには、なかなか難しいものがありました。

しかしこれで左回りの左足を右足の前にクロス、の意味がわかり、ようやく自分のワルツも最初の階段を登れた気持になれ……たかな。
思えばこの短時間・次回レッスンはかなり先、というレッスンでよくここまでこられたものだとレッスンが終わった後自分たちで誉めたたえあいました。
先生も、パートナリンさんも褒めてくださいました。それがなによりうれしいことです。

まだまだ左回りも完璧に程遠いですが、先生は次のダンスは何を習いたい?
と生徒にアンケートを取って採用する気まんまんです。
私としてはこのままワルツ方面で行きたいのですが、元来先生はタンゴの先生。ここは情熱的に習ってみますか?(笑)


Wiener Walzer参考動画。↓
Dancing Stars 3 Wiener Walzer
@ゆーちゅーぶ

欧州でもダンスは人気。むしろ本場ですから当たり前?
ニホンでもかつて流行ったように、プロでない一般の方がダンスを習い、どれだけ成果を出せるかを追っていく番組がどこでもあるようです。これはオーストリーのテレビ番組かな?

2008/10/15(水) 22:09 | 【日々のつれづれ】 tanzen | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。