スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Warum lerne ich Deutsch?

その答えはまだ、出てません。

10月に入り、ラジオ講座も新しい単元になりました。
通っているドイツ語学校も新しい学期が始まっています。

学期の始まりは好きです。
クラスメイト、テキスト、それに先生も始めまして。新しい何かが始まるとワクワクする自分がいることに気付くとき、自分はニホンジンなんだなあ、としみじみ実感します。
ドイツの人たちは、「ことやものの終わりを大事にする人たち」で、それに対してニホンは、「始まりを大事にする民族」なんて比較がされている本を読みました。
確かに、初物や初日の出、初売り、すべてはじめてのことばかり。
私自身は初物も(以下同文)に対しては特別な気持はないですが、はじめてのことには、どんなことが起こるかな、と期待している自分がいます。

学校の友だちも、それぞれ新しい道を歩き始めています。
二ヶ月間語学研修でドイツに旅立っている友だち。
旅行兼語学修行だ、と一週間のドイツでの語学学校の予約を済ませ、あとは旅立つだけ、という友だち。
そしてついこの間、長い夏休みをひたすらベルリンで博物館めぐりをして過ごした友だち(なんと一ヶ月滞在してずっとベルリンにいたらしい!)
だんだんと、学校からドイツの地に飛び立っていく仲間が増えていきます。今の学校の進捗状況に満足がいっていなければ、やっぱりドイツでみっちり月~金で一日中ドイツ語漬けになりたい、という気持ちもわかります。

友人たちと比べるわけではないですが、そんなとき、私自身のことをよく考えます。いえ、最近ずーっと、考え続けてまだ答えが出ていません。
私は今後どうしたいのか。
なにができるのか。
なにを、したいのか。
曖昧模糊とした目標を、具体的に描き出す段階に来たのかもしれません。

もう少し、私がどこまで進み、何をそこでしたいのか、詰めていこうと思います。


Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch


Uebung macht den Meister.
だけど、私は本当に、そのマイスターになりたいのか?

2008/10/04(土) 22:57 | 【ドイツ語】 Schule | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。