スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ブンデス6節】gegen Hoffenheim 5:4

【Bundesliga 6.Spieltag】
Werder Bremen- 1899 Hoffenheim 5:4 (4:2)
27.09.2008, 15.30 Uhr


Der Wahnsinn an der Weser!
@Kicker.de

まーさーに、「そんなばかな~!?」な試合展開でございました。
新PCの移行作業がこの試合開始のほんの数分前までかかっていまして、あわててラジオとTickerをつけ、その快適さに鼻歌でちゃうくらい上機嫌で、ついでに前半で4点入る展開にさらに鼻歌、な土曜の夜でした……

まさかの後半、怒涛の追い上げをくらい、さらに審判に物申したくてたまらない、Mertesacker選手の一発Rote。
試合を始めたOezilくんが試合を決めて、最終的には5:4でSVW勝利、で終わりましたがいやーなんで私はこんなにもやもやしているんでしょう。



Werder Bremen:
Wiese -
Fritz, Mertesacker, Naldo, Boenisch (59. Pasanen) -
Frings -
Hunt (65. Vranjes), Oezil -
Diego -
Rosenberg (65. Proedl), Pizarro;
 >auf der Bank: Vander, Niemeyer, Almeida, Sanogo

1899 Hoffenheim:
Oezcan - Beck, Nilsson, Compper, Ibertsberger - Luiz Gustavo - Teber (46. Weis), Salihovic - Ba, Obasi, Ibisevic

Tore:
1:0 Oezil (8., Linksschuss, Vorarbeit Hunt)
1:1 Ba (15., Linksschuss, Ibisevic)
2:1 Pizarro (16., Rechtsschuss, Rosenberg)
3:1 Diego (21., Rechtsschuss)
4:1 Hunt (30., Rechtsschuss)
4:2 Salihovic (36., direkter Freistoss, Linksschuss)
4:3 Ibisevic (62., Foulelfmeter, Rechtsschuss, Weis)
4:4 Compper (71., Kopfball, Salihovic)
5:4 Oezil (81., Linksschuss, Vranjes)


Schiedsrichter: Guenter Perl (Muenchen)

Weser-Stadion: 42.100 Zuschauer (ausverkauft)

Gelbe Karte: Salihovic

Rote Karte: Mertesacker (63., Notbremse)




序盤は、WERDERペースではありました。そして後半は、アウェーチームのペースでした。

開始何秒かでファウルを取られたHuntのいつもどおりな様に苦笑したり、そのHuntとOezilくんの細かなパス回しから、1点目が生まれて、Super!
今日もラッキーボーイ大爆発!?
とうきうきしながら始まりました。

20080927_10
先日のFCB戦でも鮮やかに決まった彼の強烈な左足。
今回も左を振りぬいて、ゴール右上隅にボールが吸い込まれていきました。

しかし7分後、すぐに同点に追いつかれてしまいます。いつものように鮮やかに抜けだされて、半瞬間に合わないDF陣。Fritzのせいではないですが、これで間に合ってスライディングしていたら、この後の29番さんのようにカードをもらっていたかも。かもかも。
審判、ミュンヘンの人なんですね~いやだからどうということもないですが

同点にされ、上昇気流に乗っているチームに食われるか、と思ったすぐ1分後、今度はRosi→PizarroのFW連携Tor!!
右から切り込んできたRosiがゴール前Pizzaにパスを回すと、それを mit der Hacke (ヒール)で決めたPizarro。
クール!!

たたみかけるように5分後、今度は青チームのクリアボールがそのままDiegoの目の前に。それをノーバウンドでボレーシュート。鮮やかな3点目です。
やっぱりDiegoは上手いなあ。

20080927_11
喜びすぎたのか、ごろん、しちゃったところもファンから愛されるところですかね~

さらに30分には、Huntのミドルが炸裂。今シーズン初ゴールです。
喜ぶファンのTor後の掛声がものすごいことになっていました。
これで4:1。


ここでもう試合が決まったかと思われましたが、このあたりからじわじわホッヘンさんの反撃が始まります。再三再四、MerteがWieseを救ってきましたが、相手方のSchauspielerっぷりが上手だったのか(スライディングはしたけど足は当たってないのにね……)Merteが転ばしたファウルでのゴール前FKで決められ、4:2。
後半、ペナルティエリア内でDiegoが相手方を倒しちゃったのかな?
そのPKで4:3。
雲行きがいよいよ怪しいです。

そしてそのゴールハイライトを流している間に、Guenter Perl審判が赤紙を掲げました。
20080927_06
Notbremse、相手方に急ブレーキをかけたファウルだそうです。
完全にこのときは、足がかかってました。カードが出るのも仕方がないのかも。
しかし、いきなり赤、というほど悪質でしたでしょうか?
その前の前半のものもカウントされての処置なのでしょう、たぶん。足かかってないのにね前半のは。

もちろん本日のKapitaenが抗議に走ります。Naldoなんて鬼のような形相で怒ってます。
Merte本人はカードの出た瞬間、信じられないというリアクションを出しましたが、抗議しようにもさらに前にもう仲間の人だかりができていてなにもできない状態。
そこから、彼がピッチを去るところまでカメラがずっと背中を追いかけている様子が映るのですが、たまりませんから早く他の選手にパンしてもらえないかと思いました。

20080927_05
63分、Merte退場。


残り時間を10人で戦わなければならないWERDERは、このあとHuntとRosiを下げて、VranjesとProedlくんを入れました。
4:3で追いつかれようとしているときに、今年はProedlくんというCBがいてくれて良かったです。

しかし、それでも勢いづいたホッヘンさんは止められませんでした。
CKからのごちゃっとしたゴール前でもうほとんど押し込まれた同点弾。
4:4。

4点取ってはいても、ここまで追い付かれるとは……まさにこのチームの良いところと悪いところがごった煮されている試合だと思います。
これでまさか逆転されてホームで負けてさらにこの退場で29番さんが敗戦の責任うんぬんかんぬん……ぎゃあーそれは勘弁して!
と祈っていた81分。
試合を始めた選手が、試合を決めてくれました。
この日二本目のゴールは、一本目と同じ左足。
5:4。


そしてそのあとの時間の長かったこと!
ロスタイムは2分、とにかく早く終わってくれ、ともうもう祈るばかり。
試合終了の笛と同時に、なんだかどっと疲れました。負けなくて、本当良かったです。。。


20080927_07
このふたりがもっと噛み合っていけたらすごい中盤になりそうです。

20080927_08
CBコンビ。上でも書きましたが、こういった緊急事態にProedlくんがいてくれてよかった。


私は完全SVW寄りなので客観的な目線からこの試合は見られていないですが、それでもホッヘンが若くて怖いもの知らずで気力にあふれている、というのは感じました。
2部からあがってきたばかり、と侮っているかもしれない1部の常連チームは、下手したら大変な痛手をくらうかも?
応援しているのは緑白ですが、ホッヘンが今シーズンどこまで順位を伸ばせるのか、非常に興味があります。



Bundesランキング参加しています。応援クリック、いつもありがとうございます♪
bundes

Mertesacker氏の今後の出場停止試合数が少なければいいなあ。

2008/09/28(日) 15:54 | 【サッカー】 BUNDES | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。