スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Four of Swords(静けさの中での準備)


右手の人差し指が使えずとも、キーボードは打てます。
お茶も飲めます。

でも、おはしが上手くもてません。
鉛筆が人差し指で支えられません。

このふたつが、ちと辛いですねえ。
しかし最近、ドイツ語テキストを、「まず初めに書き取る」という習慣が自分のなかに出来上がってしまっていたので、それを定型化させないためにも、ここらで一度指で文字を綴ることをやめてしまうのも、良い頃合なのかもしれません。なにごとも凝り固まりすぎてはいかんと思うです。
いつだって書き取れる時間があるわけでもなし。

怪我をするとどうしてもいろいろと焦ってしまいますが、あまり急ぎすぎてもよくないですよね。
いっつも私は、「したいこと」と「しなくてはいけないこと」を優先しがちですが、たまには、「しないこと」をする時間もとらないとなあ。(あれ、日本語がおかしい?)

仕事のあとに軽くコーヒーを飲みながら、ぼんやり考えました。
もちょっと、ゆっくりしてもいいのかもしれません。

080730_1756~0001

こんなときには、こんなドイツ語のことわざでしょうか。
Eile mit Weile.
急がば回れ。


Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch


2008/08/11(月) 23:55 | 【日々のつれづれ】 ごった煮 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/1011-fbe5e99b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。