スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イマドコメルテ(2)【コラム・2008年8月6日分】

WERDER公式に、一行消息が書かれてすぐに、おおきいヒトご本人によるコラムが更新されました。
その前のコラムの更新日付は、なんと5月19日。
その間にEM(ユーロ)があったとはいえ、久方ぶりのコラム。

Merteも久しぶりで気合が入っているのかつれづれと大量のテキストを残してくれて、当方、読み上げるのにかなり時間がかかりました。
リハビリは大きな問題もなく進んでいるようです。そしてやはりまだ、最低あと二週間は戻る予定がない、とはっきりきっぱり。
コラムのなかでもご自身が語っておられますが、「完全に治りきっていないのに気ばかり焦ってすぐ帰還。そして再発、ああ悪循環」をたくさん見てきたであろう彼、

「完全に治るまで、戻りません」宣言です。

長い目で見たら、きっとその方が絶対良いに決まってます。彼を指導している理学療法士さんもきちんと真面目に考えてくださってるのでしょうが、Merte自身もそう思っているのなら、時期尚早で戻され、膝再発、ということもなさそうです。
時間はかかっても、その方が誰にとっても良い結果になると思います。
ちと寂しいですが、ゆっくりじっくり、このシーズンを乗り切れる身体に戻してくださいませね~<届かない呼びかけですが・苦笑


折りたたみ追記にて、ちょっと長い自分訳メルテコラムです。


Deutschランキング参加しています。クリック応援、いつもありがとうございますv
deutsch




Bremen, Muenchen, Augsburg, Donaustauf
2008年8月6日 水曜日


はてさて、僕は心の底から喜んで、わくわく興奮したユーロ(EM)の夏後はじめてのコラムをお届けする、予定だった
今現在のチームの様子だとか、これから列をなして待ち構えている試合のこととか。
でも残念なことに当初の予定とは違ったものがやってきて、今僕はドナウストアウフ(Donaustauf)の地に再び舞い戻って、素晴らしいこととはいいがたい課題を片付けなくちゃいけない。


それにしても腹立たしいこと。
なんとはなしに奇妙な状況だったんだ。まず僕の休暇が終わって、クラブに帰ってきた挨拶をして――ブレーメンに戻ったと思ったら、またすぐに旅に出なくちゃいけなかったなんて!
日曜日にはブレーメンに戻り、月曜日にお決まりの乳酸値テスト、そして火曜日にチームのみんなとの(僕にとって)今シーズン初めてのトレーニングに参加して……ただしそれが長くはなかったんだ。ウォーミングアップの後すぐに、走っているうちにつまらない動きをしてしまって、芝に着地した。その後すぐに、膝が変な方に向いてしまった。
僕としては問題なし、で続けたかったんだけど、次の一歩を踏み出したと同時に、まるで5マルク硬貨が膝の中に差し込まれているような感覚がしたんだ。
なにかがおかしいことは、明々白々だった。
診断もそれを証明していた。
半月板が飛び出ていて、関節に一部かかっていたんだ。


そんなわけで、もう一度飛行機に乗って、今回はミュンヘンまで飛ぶことが僕には必要だった。
そこで迎えの人と会って、アウグスブルク(Augsburg)のドクター・ウルリッヒ・ボアニシュ(Ulrich Boenisch)氏のもとへ連れて行ってもらった。彼が執刀してくれた手術はすべてうまくいった。
そしてまたすぐに、今度は僕がお世話になっている理学療法士、クラウス・エーダー(Klaus Eder)のいるドナウストアウフ(Donaustauf)へと向かったんだ。
彼とここで会うのはもうすでに四度目を数える。
これまで僕はいつもそのときの状況にふさわしい時間をここで過ごしてきた。
特に、ここでの滞在期間を経た後はいつも健康で、調子が良い状態で戻っていけたんだ。
だから、間違いなく今回もそうなるだろう。


もちろん、予後の心配がないことを願っているけれど、それを抜きにしてももうあと2週間はここに留まっている予定だ。その間に、松葉杖を置いて、2本の足で歩くことを再開して、徐々に負荷をかけていって、トレーニングマシンで鍛えていく。これが以前にも紹介した、リハビリの手順だ。


本当は、人が言うように負傷したときはすごく腹立たしく思っていたけれども、まだいくらかはましだった。僕が前に同じように半月板の負傷を負ったとき、それは2006-07シーズンの終盤だった。僕は決定的に重要な数週間を――ブンデスのラストスパートと、UEFAカップの準決勝を――見ているだけだった。いまよりももっと苦い気持ちで、せめてチームのみんながあまりにも長いこと僕抜きでやりくりしなくても済みます様に、って願うばかりだった。


この時期、水位通報は聞こえてきていない。(※警戒水位は超えていない)

In der Vergangenheit bin ich immer so lange hier geblieben, bis ich wirklich wieder absolut fit war, und das werde ich nun nicht anders handhaben, denn meine Erfahrungen mit diesem Vorgehen waren sehr gut. Es gibt zu viele warnende Beispiele von Sportlern, die zu frueh wieder zurueckgekommen sind und sich damit nur selbst geschadet haben.
今まではいつも、長いこと、本当に、完全によくなるまで、ここに留まっている。それを変えるつもりはないね、だって僕の経験上、この行動がすごく良いことを知っているから。
多くのスポーツ選手の、「他山の石」としての例がある。あまりに早くチームに戻り、それが原因で自身をダメにしてしまった、なんて例が。


スポーツ選手と言えば、ここで何人かと出会ったよ。シルフィオ・シュローター(Silvio Schroeter・現デュイスブルク選手。2008年1月以前はハノーファーに在籍)もここにいた。彼は僕のハノーファー時代からの知り合いだ。それに何人かのバスケット選手も現地で会った。彼らもリハビリを行っていた。たくさんの縁が結びつきあって、活発な意見交換が行われている。すごく素晴らしいことだ。もっと良いのは、ここにたくさんの人たちがいたらなあ、ってことだ。ただし身体に問題がない状態で、って条件でね。
僕らはむろんのこと、リハビリを好んでる、ってわけじゃない。
――だけど、運命に不満を抱いても、無駄ってものだよね。


だけど、このまったくもって嫌な出来事にもひとつの良い見方がある。オリンピックだ。
普通なら、負傷中のスポーツ選手はリハビリの時間をものすごく長くこなさなくちゃいけない。でも今回、北京でのオリンピックが僕の気分転換と、この時期を楽しく過ごす手助けになってくれそうなところに感謝したい。僕はどんな場合でも必ずドイツの選手たちに注目して、(親指をぎゅっとして)応援すると思う。すべての種目でね。
そう、僕は真のスポーツファンであり、まったくもってどんなスポーツにも興味を持っているんだ。
特にチーム競技なら、ハンドボールからビーチバレー。
でもそれに、陸上競技とボート競技にも注目することになると思う。ボート競技って、いつもたくさんのメダルを手にしているから。


ということで。
僕がまたすぐにボールに触れるよう、(親指ぎゅ、で)応援していて。
そして僕らのオリンピック参加者たちにも同じように。彼らが掲げる目標を達成できるよう、彼らにも、(親指ぎゅ、と)応援を宜しく。


君たちのペアより


今回のコラムでの疑問。
膝の中に5マルク硬貨。なぜ、5マルク??
原文では、『ein Fuenf-Mark-Stueck』なのですが、この硬貨を使ったWitz(ジョーク)でもあるのでしょうか。それとも、ただ単に一番大きいコインだから、かな?

2008/08/07(木) 23:40 | 【サッカー】 Merte | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ふかふか

『No title』

Merteはあと2週間なんですね~。寂しいといえば寂しいですがよく考えると2週間で松葉杖を置いて、2本の足で歩くことを再開して、徐々に負荷をかけていって、トレーニングマシンで鍛えていくって結構ハードですよね。さすがプロの運動選手。どうかオリンピックがMerteの気晴らしとなってすべてが順調に行きますように…。さてそのオリンピックですが、ドイツって何が強いんだろうってあんまり知らなかったのですが、Merteさんによるとそのような競技が人気というか注目の的なんですね~。ちょっと前陸上競技の選手が北海道で合宿を張っていたなんてニュースを聞きました。ボートってライン川とかで練習しているのかしらとか想像してしまいました。前のコラムから2ヶ月とは!その間にインタビューとかあったのでそんなに間を感じていませんでした。でも怪我したから再開ニュースの機会を一度は逃したのですね~。でもJusuraさんが旅行に行かれた時にぶり返していたら元もこうもないので完治まで我慢して待っていましょうね~!!

2008/08/08(金) 18:50:38 | URL | [ 編集]

Jusura

『ふかふかさんへ』

こんにちは!
ふかふかさんのご指摘に、私の読み方が間違っているような気がしてきました。そうですよね、2週間でこれだけこなせるはずが……読み返してみますね~!
オリンピック、とうとう開幕ですね。どうしても国ごとに放送が偏りがでるのがオリンピックですから、ドイツがなにが強いのか、私も全然知らなかったです。ハンドボールは、もしかしたらこの間のEMでJogis Jungsたちの応援歌を歌ってくれていた彼らなのかも?ちょっと注目してますv

おとなしくMerte完治の知らせを待ってます、はい。私も実は負傷してしまったので、しばらくおとなしくしてます(苦笑)

2008/08/09(土) 20:28:35 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ichliebe.blog51.fc2.com/tb.php/1006-53e48637
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。