スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Klinsmann氏、監督就任

今の時点で、今年一番のニュースであることは間違いありません。
(なぜならまだ今年始まって10日あまりだから)

ここのところ騒がれていたバイLんさんとこの後任監督が決まりました。
名前はあがっていたものの、誰もが、「これはないだろう……」と思っていた大どんでん返し。

Klinsmann neuer Bayern-Coach
@Kicker.de


昔のことはイロイロ大人の水に流すことにしたのですか?
クリンシーはかなり根に持つタイプだと思うのですが、そこら辺どうなんだろう。


080112_01
Werder.deでもトップニュースにあがってます。
彼らの眺めている先にクリンシがいます(そういう意図の写真です・笑)

来シーズンから、クリンシによるバイヤン前線が始まるそうです。
ほんとにこれだけはないだろうと思っていただけに、イロイロ複雑です。
しかし代表的には、今まで「うちとこの選手早く返してよねー」とせっつかれなくなりそうで万々歳じゃないでしょうか。今度就任する監督は自分がかつてせっつかれた立場をよく知ってるクリンシですもんね。
少なくとも、代表とバイヤンの関係は良好になることでしょう。元コーチで元監督。
やるからにはクリンシには即刻首をフロントから切られないように頑張ってもらいたいものです。
でもほどほどに頑張ってください。皿を掲げるのはシャフさんに譲ってください。そこは外せないラインです(ここは緑白応援ブログですからして)


折りたたみで一言。バイヤンふぁんの方はごらんにならないことをお勧めしたいです。

【weiter...】(続きを読む)...
スポンサーサイト

2008/01/11(金) 22:30 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(-) | コメント(-)

クリンシ誕

070703_07
Ich wuensche dir alles Gute zum Geburtstag!
Gesundheit, Glueck und ein langes Leben.


私のドイツフスバル愛はこのお方から始まりました。
(詳しくは2006/10/1の記事をご参照ください)
なのに、ひとつ謝ります。ごめんね、Klinsi!
20070703223040.jpg
私の手帳の7月欄。
なにかがひどくおかしい。
Klinsiは7月3日生まれですか、自分?
……手帳を買った時点でかんっぜんに勘違いして覚えていたことが判明しました。
本当は、今日30日生まれでございます。
7月3日に一度記事を投稿しようと思って、間違いに気づいた次第でございますよ(笑)


今シーズン(07-08シーズン)から、有料テレビ局で解説をするお仕事に就くことが決まっているクリンシ。
どう考えても二ホンでは見られないのですが、ドイツの方々からすれば、クリンシ帰ってきた!
になるのでしょうかね?
それともお金を払ってまでクリンシの解説を聞きたい、というほどではない?

あの暑い夏の日々から一年、人々の心のなかでクリンシと夏のメルヒェンはどう変わっているのででしょうか。変わらずアツイのかな。
良い思い出として大切にしまわれているのかな。
これから始まるシーズンに向けて、努力家のクリンシのこと、ブンデスの復習やらなにやらきっとしているのでしょう。
難しいとは思いますが、いつか彼の解説を聞きながらブンデスの試合が観戦できればな、なんてささやかな願い事は織姫さまと彦星さまはかなえてくれたりしないでしょうか。(他力本願)

070703_06
代表監督お仕事中のひとコマ。
なかなかTorが爆発しないポ王子になにごとかつめよる代表監督。
王子があっちょんぷりけーなってますが。
そしてそれを見守るまぶしげな眼をしているミロ。
いったいなにをいっているのですか、あなた。

代表監督という重圧から解放されて一個人に戻ったクリンシ。
夏のLAでカピテンに会いに来たように、このシーズンの大目玉であるミロのところにひょいっと遊びに来て、ちょろっとアドバイスなんて、どうでしょう。
バイヤンだから難しいかな。
クリンシ自身が行きたがらないかも。
あのクラブともいろいろありましたもんねえ……。

笑顔が素敵な43歳、これからも元気で、楽しいフスバル人生をお送りくださいな!!


ランキング参加中です。
fussball
Klinsi誕生日お祝いクリックお願いします(笑)


2007/07/30(月) 06:53 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(0) | コメント(8)

Klinsmann live auf arena.

"Die Bundesliga ist die Liga der Fans!"
Juergen Klinsmann lobt die Bundesliga im internationalen Vergleich.

「ブンデスリーガはファンのためのリーグだ!」
他国リーグと比較してブンデスリーガを賞賛するユルゲン・クリンスマン氏
@Bundesliga.de


ドイツ代表ファンの方々のブログやホムペで、あのやきもきさせられっぱなしのKlinsiが帰ってくるよ!
しかも有料テレビ放送だよ!
2年契約だよ!
多分二ホンでは見られないよ!
というのは聞いては(見ては/読んでは)いたのですが、まさか今シーズン中にやってくるとは思いもしませんで。

ブンデス公式記事によりますと、34節の土曜日、さっそくクリンシ解説初お披露目だそうです。

記事のなかではクリンシのブンデスに対するコメントが。

Vor seinem ersten Auftritt am Samstag bei arena erklaerte der fruehere Bundestrainer Klinsmann gegenueber dem Pay TV-Sender: "Im Vergleich zu allen anderen europaeischen Ligen schneidet die Bundesliga sehr gut ab! Die Bundesliga ist die Liga der Fans - nirgendwo sonst wird so viel für die Fans getan. Nirgendwo finden wir eine solche Begeisterung der Fans, so viele schoene Stadien und - besonders in dieser Saison - eine solche ausgewogene Leistungsdichte, die einen spannenden Verlauf ermoeglicht. Das alles sind Faktoren, die der Bundesliga einen einzigartigen Charakter verleihen."
 5月19日の土曜に、前ドイツ代表監督のクリンスマン氏が有料TV局での初めての解説に出演することになった。
「ヨーロッパのすべての他国リーグと比較しても、ブンデスリーガは非常に優れていると言える。ブンデスリーガはファンのリーグだ――これほどたくさんのファンがいるリーガはほかのどこにもない。これほどまでにファンが熱狂する、たくさんの手入れの行き届いたスタジアムを抱える、――今シーズンは特にそうだが――一喜一憂な混戦模様で戦われるリーグはね。これらすべての要素がからみあって、ブンデスリーガを比類ない面白いものとしている」


ファンのリーグ、たしかにそう思います。
他国のリーグに詳しいわけではないですが、マナーがいいとか、女の人がひとりで観戦していても大丈夫とか、スタジアム綺麗とかよく聞きます。
あとは集客率も大変よろしいようで。
代表監督からコメンテーターに華々しく転職したクリンシですが、さあ土曜日はドイツ中の、有料テレビArenaを契約した方々が彼の解説聞いて一喜一憂するんですかね~。

Arenaの公式にも飛んでみて、クリンシがどの試合を解説するのか見てみたのですが、まだ出てない?
記事はあがっているのになあ。
まあ、どこの試合を解説するってわかっても、見るのには契約+送られてくるチューナー+アンテナ設置が必須なので、まず無理ですけどね! 時間的にも、空間的にも。
……Werder.TVといい、Arenaといい。
二ホンにもーおすそわけービッテ~!!

余談ですが、ブンデス公式のばばばん、とでかいクリンシのお写真に胸キュンな私がいますよ(笑)

2007/05/18(金) 00:09 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(0) | コメント(0)

Klinsi sagt "Lieber bei der Familie bleiben"

まだ家族と一緒にいたいから……そう、彼は言った。やっぱりね(笑)

Klinsmann sagt Chelsea ab
クリンスマン、チェルシーを蹴る
@Spiegel.de


久々のKlinsi話題。
bisokkoさんのところでクリンシがちぇるしーの監督に!?
というお話があがっているのを知りました。
そして今日、Spiegelがその顛末をあげてました。

Wie die "Sun" heute meldet, habe der fruehere Bundestrainer dem Verein von Michael Ballack abgesagt. Der 42-Jaehrige habe erklaert, er wolle mit seiner Familie in den USA bleiben. Nach Klinsmanns Absage gilt es wieder als wahrscheinlicher, dass Chelseas Trainer José Mourinho auch in der nächsten Saison auf der Bank des englischen Meisters sitzen wird.
今日のサン紙によれば、かつてのドイツ代表監督はドイツ代表キャプテンであるミヒャエル・バラックが所属するチームのクラブ監督になることを断ったとのことだ。
「アメリカで家族と一緒に過ごしたいから」ということが彼の返答の理由だ。クリンスマンがオファーを断ったことを受けて、次のシーズンも現監督であるジョゼ・モウリーニョがこの英国チャンピオンの椅子に座ることになる可能性が大きくなった。



お話を聞いたときに、「あーこりゃ、英国だからねー。クラブチームなら代表のときと違ってどうしたって英国住まなくちゃだし、まずないない」と思ったものでした。
案の定、期待通りの返答ですよ、クリンスマンさん。
まだお子さまたちも小さいですからね。
せめて学校卒業するまで……って長いな、それ!
バラにいさんとまた師弟関係になるクリンシ、ってちょこっと想像しましたが(そしてかなり嬉しい絵面だな、と萌え~となりましたが)実現していたら自分は来シーズンプレミアもおっかけなきゃ! 英語も頑張らねば!! になっていたので、これはこれでよかったかも。
しかしクリンシ、今後ほんとにどうするんでしょうね、アナタ…?
どこかのブンデス監督になっていたら、自分的には言うことないんですが~いや、やっぱり駄目だ。Werderと他のチームなどかけもちできようはずがない。そしてクリンシがWerderの監督をやることなど想像もできないのです。なんとなくシャフさんがずっと続けていきそうな感じがする。
やっぱりアナタは代表監督希望きぼう。
しかしそうするとJogiさんの立場が……うーん難しい。

久々のクリンシ話題がでましたので、今日はあの、『1ポイントケプケたんから取るまで絶対にあきらめない! 取ったら雄叫びだぜー!!by ピンポン』な代表映画を見ようと思います。ほんと大人げないよ、あなた。でもそこが好きだ~。

2007/04/17(火) 20:57 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(0) | コメント(4)

Hohe Ehre fuer Klinsmann

Ex-Bundestrainer erhaelt das Bundesverdienstkreuz
【元代表監督が功労十字小綬章を受け取る】

070301_02
ドイツにおかえり、クリンシーvv

……でも、すぐ帰っちゃうけどね、常夏の国に。それがクリンシクオリティ(笑)

夏にマンシャフトの皆さんと監督コーチたちに授与されていたあの勲章を、ようやっとクリンシも受け取る気になったみたいです。
その第一報は、ヒーイズカムバック、の前、事前報道として、オカジさんのところ【Carpe Diem】さんで知ったのですが、その後、クリンシ情報が新聞、テレビなどで続々と。
げってぃさんところにも単独でカテゴリ立てされててビクーリですよ。このいちまいだけでしたがね!
相変わらずのスマイリィ。
しかし、関連記事を読むと、どうやらマスコミ嫌いはあいもかわらず。以下、読んだキカーさんとこの記事から一部抜粋。


Hohe Ehre für Klinsmann
クリンスマンに高き栄誉を

http://www.kicker.de/fussball/nationalelf/startseite/artikel/362219/

Knapp acht Monate nach der WM-Endrunde in Deutschland hat der ehemalige Bundestrainer Jürgen Klinsmann das Bundesverdienstkreuz erhalten. Im Rahmen einer privaten Feierstunde im Kanzleramt in Berlin wurde dem 42-Jährigen am Mittwoch von Bundeskanzlerin Angela Merkel die Auszeichnung am Bande überreicht.
ドイツでのWMが終わってから八ヶ月足らずで、前代表監督ユルゲン・クリンスマンが功労十字小綬章を拝受に来た。水曜日にこの42歳の元代表監督は、内々の、プライベートな祝い事として、ベルリンのアンゲラ・メルケル首相の元を訪れ、そこで彼女からこの勲章を授与された。


まず、あの夏から8ヶ月経ってるということにこうして記事で読んでびっくり。そんなになりますか、もう。
そして、訪れる前から記事にされてましたが、ほんとに大統領じゃなくて首相のとこに受け取りにいったところはなにゆえに?


"Das ist natürlich eine außergewöhnliche Auszeichnung, die ich aber der Leistung des ganzen Teams zu verdanken habe. Die Ehrung erfüllt mich mit Freude und Stolz", erklärte Klinsmann am Abend gegenüber der dpa. Die Übergabe fand unter Ausschluss der Öffentlichkeit statt, da der "Macher" des WM-Sommermärchens bei seinem ersten Besuch in Deutschland 234 Tage nach dem WM-Finale einen Medienauflauf vermeiden wollte, begründete sein Berater Roland Eitel."Das war eine lange geplante Privatreise. Ich habe keinen Drang, in der Öffentlichkeit zu sprechen", so "Klinsi".
「これはもちろん、非常に名誉なことでありますが、私はこれはチームが一丸となって戦った結果、成果のおかげと思っています。この勲章は喜びと、誇りが形になってものです」
とは、dpaに対してのクリンスマン氏のコメントだ。マスコミの黒だかりを避けるため、非公開で行われたこの受け渡しのために、WMの夏のメルヒェンの“指導者”はWMの決勝が終わってから234日ぶりにドイツの地に再び戻ってきた。クリンスマンの顧問であるRoland Eitelは、「これはあくまで私的な旅行計画であり、公にすることを勧めたりはしなかった、私から、クリンシーにね」と(今回の非公開の理由を)説明した。


授与自体は非公開、だからその後に、お写真と公式コメントで勘弁してね、ってことでしょうか。
いや、アナタの露出しなさっぷりからすると、これだけでもじゅうぶんですよ。

さらに記事は、木曜日(今日)ベルリンで行われる、ドイツサッカーセミナーにも出席するよ、と書いてありました。
DFBの記事(クリンスマンさんについてはひとことも触れられていないけれども)はこちら。↓
http://www.dfb.de/index.php?id=500014&tx_dfbnews_pi1[showUid]=10335
エライひとがいっぱいです。

今回はプライベートな旅行ですから、公人としてではなくて、ただのゲスト(お客さん)として行くのかもしれませんね。
なんにせよ、ひとりだけ受け取り損ねていた勲章を無事に受け取りに来てくれてよかった。
そして元気そうで良かった。
夏のメルヒェンDVDを見たばっかりでしたから、思い出がフラッシュバックして、愛vも再燃ですよ。
メーーモリ~♪
だけでなく、いまのクリンシがどうしているのかがわかって、単純に嬉しかったです。
……ただ、やっぱり元代表監督。コメントがあたりさわりなく、そつもないおかげでなんだかちょっと物足りないような。。。模範的なコメントといえばそうなんですけれどもね。
試合中での全身での表現と、口からでる言葉のギャップが激しすぎですよ、クリンスマンさん(笑)

2007/03/01(木) 22:24 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(1) | コメント(4)

Klinsmann lehnt US-Angebot ab

やっぱり米の監督話は蹴ってしまったKlinsi。
http://de.sports.yahoo.com/061208/12/agzs.html

はからずも、前のKlinsi記事

最初の議長の発言、『彼は候補者のひとりである』ってのが気になるところ。
なんにんにも声はかけてるんだよ、だからクリンシーが断わっても平気だよ、というようにも聞こえる。

って言っていた自分の発言通りの思惑になってしまったようで嬉しいやらやっぱりあなたは一般人のままですか、という残念感もありーので<どっちだ

061208_01
やっぱりヤーメター

先日の日本で放送があったEM予選でのドイツ代表戦に、なーんだか物足りないものを感じたその張本人が、いっそ帰って来ればいい!
……いや、難しいのは百も承知ですけれどもね。Torを決めたときのあのリアクションがないと、やっぱりちょっぴり、足りないのです。アドレナリンの分泌量が。

こうやって書いておけば、いつか未来日記になってまた実現するんじゃないか、ってほら。
はかない望みデスヨ。

2006/12/08(金) 23:59 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(0) | コメント(2)

Noch keine Entscheidung für Klinsmann


klinsi
@bild.de

US-Verband: Noch keine Entscheidung für Klinsmann
Di 28 Nov, 22:31 Uhr
「まだクリンスマンに決定したわけではない」
http://de.sports.yahoo.com/28112006/30/us-verband-entscheidung-klinsmann.html

現地時間の夜10時すぎに、久々のクリンシーニュースがYahoo.deにあがりました。地道にてこてこ翻訳しているうちに、今日の夜には焼き直しの記事があがりました。
……もう新しい記事を訳そうとする気力が尽きましたorz
ので、第一報のままでひとまずお知らせです。
いまのところ、まだKlinsiが米監督を正式に引き受けた、という情報ではないようです。

Der amerikanische Fußballverband hat nach eigenen Angaben noch keine Entscheidung über ein mögliches Engagement von Jürgen Klinsmann als Nationalcoach getroffen. «Klinsmann ist einer von vier bis fünf Kandidaten», sagte der Sprecher des Verbandes, Jim Moorhaus.


アメリカサッカー協会は、ユルゲン・クリンスマン氏を代表監督として正式に決定した、とはまだ発表できないでいる。
「クリンスマン氏は4~5人いる候補者のなかのひとりである」と、協会議長であるJim Moorhaus氏は語った。

Wie Moorhaus betonte, laufen die Verhandlungen noch, eine Entscheidung werde erst in den nächsten Wochen, aber noch vor Jahresende, erwartet. Klinsmann hatte knapp fünf Monate nach seinem Rücktritt als Bundestrainer ein neues Engagement in seiner Wahlheimat nicht ausgeschlossen.


Moorhaus氏は重ねて強調した。
対外交渉への道は進んでいるし、正式な決定は来週のはじめか、年末までにはできるだろうと見込んでいる、と。
クリンスマンはドイツ代表監督を辞任してから5ヶ月かそこらで選故郷の新しい職につくことになるのだろうか。

Die «Bild»-Zeitung hatte den amerikanischen Nationalspieler und Bundesliga-Profi Steven Cherundolo von Hannover 96 mit den Worten zitiert, dass Klinsmann neuer Trainer des US-Fußballteams werde. Das Blatt bezog sich dabei auf ein Interview, dass Cherundolo dem Fernsehsender «Premiere» am Rande eines Eishockeyspiels gegeben hatte. Moorhaus sagte, die Äußerungen seien aus dem Zusammenhang gerissen worden. «Der Spieler hat kein Wissen über den Stand des Auswahlverfahrens», erklärte der Verbandssprecher wörtlich.


ビルト紙はアメリカ代表選手でありブンデスリーガ・ハノーファー96の選手であるSteven Cherundoloのコメントを載せた。
「クリンスマンはアメリカチームの新しい監督になる」と。
これは彼がテレビ局でのインタビューの際に飛び出した発言であり、Moorhausはそれをにおわせるような発言をした。

……最後の一行がよく訳せなかったのですが、おそらくクリンシーはこのままずるずると米監督を受けてしまうのですかねー。
どうなんでしょう。
ただ、最初の議長の発言、『彼は候補者のひとりである』ってのが気になるところ。
なんにんにも声はかけてるんだよ、だからクリンシーが断わっても平気だよ、というようにも聞こえる。
こんなにやきもきするのなら、いっそもう明日にでもJaかNeinで決まってしまえばいい! と思ってしまいます。
またクリンシーの活躍は見たいけれども……米……それはちょっと……。

2006/11/29(水) 23:32 | 【サッカー】 Klinsi | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。