スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Andre Rieu Konzert 2009 in Tokio

090329_1302~01


参加してきました、アンドレコンサート!
3日連続開催の初日、まだまだ客席もステージもぎこちなく感じもしましたが、それでもやっぱり楽しかったです♪

ひとつだけ残念なことが……パンフレットの販売がなかったこと。そしてセットリストが帰りの出口付近に貼り出されていたのですが、あまりにぎゅうぎゅうすし詰めだったので記念に書き写す&画像に残すことができず。
今回のお土産は、このチラシ一枚のみです。むむ、残念。

【weiter...】(続きを読む)...
スポンサーサイト

2009/03/29(日) 14:19 | 【音楽】 Andre | トラックバック(-) | コメント(-)

Andre kommt!

明日、土曜日から三日間は三拍子の世界が有楽町でたっぷり楽しめます。
アンドレが、公式HPでトウキョウキタヨ~メッセージを残してくれてますよ♪

まずは何より、ようこそヤーパン!

Thursday, 26 March 2009 at 19:11

What a joy to be in Tokyo again. We're looking forward very much to our concerts. Hope to see you all! Big hug, Andr?


きっと素晴らしいコンサートになるんだろうなあ、そんな想像で、今日もお仕事がんばりますv

ところで2010年の年明けコンサートはケルンで行われるんですね……元旦からアンドレ、夢のようだなあ……行きたいなあ。。。



2009/03/27(金) 06:27 | 【音楽】 Andre | トラックバック(-) | コメント(-)

Andre Rieu in Japan 2009!!


久方ぶりのAndre Rieu情報です。
2008年は淡い期待を抱きながらも、来日はとうとうなされなかったわけですが、それでも来年のお話が確約されて今からドキドキです。
11月のうちから来年の話なんてして、鬼さんが笑うどころかおなかを抱えて大笑いですが、ね。

公演情報:

Andre Rieu in Japan 2009
2009/3/28(土)~09/3/30(月)
東京国際フォーラム ホールA (東京都)


いつもの、国際フォーラムです。
ここはホールが大きい分、S席でないと結構厳しいものがあるので、今回はきっちりプレオーダーで頑張りたいです。
どなたか、Andreの世界をご一緒しませんか?<ここで呼びかけてもね(笑)

Andre公式サイトよりもどこよりも早いチケット情報サイトが、こちら
e+(アンドレチケットページ)

プレオーダーは明日15日の12時から。うーん、プレオーダーは先着順ではなさそうですが、明日は早くに帰宅しないと♪


andre2007
またこんな、アンドレと色とりどり風船に象徴されるようなカラフルな音楽の世界が味わえるなんて、楽しみで仕方ありませんv
そうです、来年はブルー・ドナウが流れても踊れるんでした、私!
それまでに求む、(ダンス)パートナー!(結局そこに流れ着く)



Fremdspracheランキング参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
bundes

2008/11/13(木) 23:59 | 【音楽】 Andre | トラックバック(-) | コメント(-)

Andre Rieu Konzert 2007 in Tokio

070928_01
そのタイトル通り、
亜米利加の匂いがするコンサートでしたv


キーワード:
・グラーシュ
・ツィター
・第三の男
・シシィ
・シスター・マリア・クラレンス
・オペラ座の怪人
・「白い船の司令官……」
・バグパイプ
・鼓笛隊、第一部で客席で鑑賞中~

そんな、ハンガリー+オーストリー+アッメリカー+スコットランド+銀英伝がつめこまれた胸いっぱいコンサートでありました。
私も母も大満足v
たとえ席は二階だろうと、楽しいものは楽しいんです♪

さてさて、明日(29日)の楽日が残っていますので、折りたたみ追記にてコンサートの詳細などを写真を交えながら語ってみたいと思います~ネタばれ全開なことをはじめにお断りしておきますね。
アンドレコンサートは撮影を禁止されていないので(もちろんよそ様の迷惑にならない範囲でですよ)上から失礼しまーすで頑張ってみました。



【weiter...】(続きを読む)...

2007/09/29(土) 03:35 | 【音楽】 Andre | トラックバック(0) | コメント(6)

アンドレ・リュウ 来日公演2007

たまには音楽の話題でも。


今年もやってまいりました、Andre Rieu来日コンサートです。
昨年も、同じ時期に母を連れていきました。
場所も同じ、時期も同じ。
スケジュールは、以下の通りです。
ちなみに太字が今年私が行く日程であります。もちろん、また母を連れて。

9月27日(木) 開場18:00/開演19:00 東京国際フォーラム ホールA
9月28日(金) 開場18:00/開演19:00 東京国際フォーラム ホールA
9月29日(土) 開場16:00/開演17:00 東京国際フォーラム ホールA


オランダ大使館HPでも紹介されていますが、アンドレのステージは一度は足を運んでほしいコンサートの筆頭にあげられます。
Max Raabeさんと、Andre Rieuのステージは、ジャンルは違えど、似たような香りが漂っています。
純粋に、楽しい。
クラシック、でも楽しい。
余計なことを考えないで、頭をからっぽにして楽しんだもの勝ち、というステージを見せてくれます。
聴く音楽、というか見て聞いて楽しむ音楽、というものですか。
その証拠、というかなんというか、私が持っているアンドレDVDはこれくらい。多すぎ?(笑)

070924_01
(クリック拡大)

日本のレコード屋さんで普通に入手できるのは左下の、「世界ワルツ紀行」だけかも。(他のDVDはほとんど、アンドレ公式HPから購入しました。日本語HPも用意され、最近は購入しやすくなりました)

世界ワルツ紀行 世界ワルツ紀行
アンドレ・リュウ (2006/06/07)
ユニバーサル インターナショナル
この商品の詳細を見る

ちなみに、「世界ワルツ紀行」にはニホンゴ字幕がついています。アンドレはオランダ人ですが、このDVDで喋っている言語はドイツ語です。アンドレ自身がいつだかどこかで話していましたが、オランダ人は自分たちの言語(オランダ語)が少数派だというのを自覚しているので、ドイツ語英語フランス語の授業に熱心なんだ、だから何ヶ国語も話せるようになるのだ、ということなんだそうです。
確かにオランダ語はドイツ語と英語を7対3くらいの比率で足したような言語です。アンドレ自身の故郷、マーストリヒトでのコンサートの際にはオランダ語で話していましたが、ところどころ聞き覚えのあるような、でもちょっと違うような印象を受けました。ドイツ語を不自由なく話せるようになった上でオランダ語を学ぶと効率がよかったりするんでしょうか……。

話を戻しまして。
ドイツ語を勉強されている方、クラシックがお好きな方、ちょっとお疲れの方、にはこれを非常にお勧めします。
ドイツから出航した豪華客船の中でのコンサート、という設定で繰り広げられる曲の数々。アンドレの曲の合間のコメントもそれほど難しいドイツ語ではありませんし、字幕がついているので何度も聞き返せばヒアリングの練習にもなります。
そしてドイツ語の聞き取りに疲れたら、彼らの音楽で頭を休めて……休めっぱなしでうっかり眠ってしまうこと多々(笑)
アンドレを知ってから初めて買ったDVDということもありますが、アンドレ・リュウとヨハン・シュトラウス・オーケストラの皆さんの魅力がぎゅっと凝縮されたDVDだと断言できます。
収録時間は、70分弱。
他のDVDはコンサートの収録が多いので、160分や170分など長丁場で、一度に見るのはちと厳しい、時間の少ない社会人の手軽に取れる癒し時間。

ドイツでは超人気で、最近の年末といえばこのアンドレのコンサートをテレビで見ながら越す人も多数いるとか。

***********

便利になった近年の技術のおかげで、アンドレのステージが手軽にPCでも見られるようになりました。
The Washington post, Oh happy day
@某動画地下鉄駅
こんなおかしなステージなんです、いつも。これはおそらくニューヨークのラジオシティホールでのコンサート模様。大好きで仕方ない曲である“ Oh Happy Day”がアンドレの新しいレパートリーに入っているとは知りませんでしたぞ。
他にも、“Andre Rieu”で検索をかけるといろいろ出てくるので、ご興味のわいた方は、ぜひ。


ランキングに参加しています。クリックいただけると励みになりますv
deutsch
今週は忙しくなりそうです。。。
(自分メモ)
火曜(深夜というか水曜早朝)ブンデス7節
金曜アンドレコンサート
土曜再びブンデス8節&メルテ誕生日

2007/09/24(月) 22:37 | 【音楽】 Andre | トラックバック(0) | コメント(4)

Danke, Andre!

昨日の金曜日、無事にアンドレコンサートに参加してきました。
我が母君はさすがは私を産んでくれたお人、ほとんど趣味が一緒なので、私がはまったものに外れはない、といった感じで、「次にいつアンドレが来日するのかわからないから!」と説き伏せて連れてきました、有楽町。
映画やコンサートに連れて行くと途中で寝てしまう特技を発揮するお人なのですが、流石にこのアンドレコンサートには、寝るヒマもなかったみたいです(笑)

S席の前のほう、ひとけた席やや下手側での鑑賞だったのですが、ここはちょうど通訳の方の正面に位置していて、アンドレが英語で挨拶をしているのをオモシロおかしく紹介してくれていました。平坦な、わかりやすい英語なのですが、それをあの通訳さんのように日本語でも笑えるユーモアのある訳に瞬時にするのは、やっぱりそれなりの勘とアンドレと培った経験が大きいのでしょうかね。
前にアンドレが来日していたときと同じ通訳さんだったのですが、前回と今回で通訳さんに対する感じ方が違うというのは、やはり私の、「言葉」というものに対する意識が変わった結果なのか。
彼のように、楽しく面白い通訳さんというのは、とても、あこがれます。
こちら側と、あちら側の架け橋をする役割が、いつかできたらいいなあ、とアンドレの音楽を聴きながら、だいそれた望みを抱きました。

数年ぶりのステージは、やっぱり爆笑と大興奮の連続で、アンコールも数知れず。もうお休み、という意味で最後に演奏された「子守唄」で客席はおろか、ステージ全体の、本当にすべてのライトが消えたときには、『そこまでするか!』とそのいさぎよさに天晴れ。
「美しく青きドナウ」ではアンドレの、『座っていられないでしょ。さあ、踊りましょ』のMCと共に、母君を連れて前に出る我。見ているだけでも楽しかったですが、参加するのは、もっと楽しかったです。
外国の方々のように、卒業ダンスパーティーなんぞとは無縁のニホンジンですので、ワルツを踊ろう、言うてもとっさに踊れるわきゃあなくて。結局みんなで輪になってちーぱっぱ、になったのですが、それだけでも間違いなく楽しい。
たまたま、隣の方も前の方も、楽しい方ばかりで(前に出るような勇気ある方々なので楽しいのは当たり前か)偶然目の前が通訳の方で。ドーナウ~ドーナウ~♪で思い切り良くジャンプして。あの下手方面の盛り上がりは、後ろの客席の方はどう思ったでありましょうか。
だって楽しかったのだから仕方がない(笑)
楽しいことを、素直に楽しい、と言えることはとても大事だと思いました。我慢しないで、楽しいって顔に出していいんだよ、と。
お土産に、空から降ってきた風船をふたつ持って帰って。
「楽しかったね」で帰れる場所を作ってくれて、本当にありがとう、アンドレ。

また来年、会えたらいいね、とアンコールで隣になったおばさまがおっしゃってました。本当にネ。

Thank you Tokio, for 3 great concerts! We'll come back soon, sayonara.
Saturday, 23 September 2006 at 10:16
@Andre.com アンドレコメント


2006/09/23(土) 21:00 | 【音楽】 Andre | トラックバック(0) | コメント(2)

Herzlich willkommen, Andre!

Mein Lieblings Spieler(Trainer)がクリンシーならば、
Mein Lieblings Musikerはアンドレです。
(ジャイアントじゃないっすよ)
Andre Rieu氏とヨハン・シュトラウス・オーケストラが今日から金曜日までの3日間、東京は有楽町の国際フォーラムで来日コンサートを開催しています。

もう、待って待ってまちくたびれたよー!!
というくらい(少し誇張しました)好きな楽団なので、ちょっと浮かれ気味です。
そして、金曜の千秋楽に母君の分と2人分チケットは事前に取ってあるにもかかわらず、今日、なんだか、気付けば、会場にいました。
あれー?
お仕事定時でむりやり終わらせて、急げば当日券まだ売ってるかも!
と銀座の街を早足、むしろ駆けるOLひとり。
わりとチャレンジャーだな、と思いました。
まあ当日券が売り切れなら、また金曜に見られるし、と思って行ったらまだ余裕で売っていて、ですね。

しょ、聖徳太子がひとり飛んでいったよ~?<今はもう諭吉です
第一部が終わるぎりぎりの駆け込みだったので、席は二階席のもう後ろも後ろのほうだったのですが、それでも面白かった!!
DVDで飽きるほどアンドレのステージは見てますが、やっぱり生は違います。
も、大興奮。
遅れてきたくせにノッリノリでごめんなさい周りの方々。
でも私、何年も待っていたんです。
(正確には2年ぶりのコンサートです)
クラシックの枠になんて収まりきれないオモシロさ。
笑いっぱなしのステージ。
楽しんでなんぼ、のコンサート(クラシック)なんて、滅多にない経験です。
2年ぶりなのでかなり興奮しているため、支離滅裂ですみません。
お時間とフトコロに余裕があってクラシックと楽しいことがお好きな方には、是非ともアンドレのステージをオススメしたいです。
明日明後日、まだチケットは余っているようでしたので、銀座有楽町付近にお出かけの方は、夜の時間をアンドレのために使ってみませんか?(笑)

詳しくは、こちら。
http://www.diskgarage.com/artist/06800.html
セットリストまで載せてしまう大盤振る舞いです。

ちょっと金曜まで、フスバルとドイツ語は頭の隅の方にいそうですね……それっくらい、楽しかった!<もうわかりましたから

2006/09/20(水) 23:50 | 【音楽】 Andre | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。