スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

諦めたら……

そこで試合終了だよ、と安西先生はその昔スポーツにおける大原則、名言を残されました@SD

20090227_03
リニューアルしたこちらのネットラジオで試合を聞いていました。
後半の怒涛の追い上げ。

20090227_01
90分近くのプレーにはひやひやしました。

20090227_02
試合前、試合後のインタビューで喜ぶお顔が印象的。

まさに、諦めたらそこで終わりでした。
2点目をPizzaが決めた時のTickerが、「Unfassbar!」(想像を絶する、の意)と感嘆符付きで絶叫されていたのも納得の結果。

自分もあきらめないぞ~!

スポンサーサイト

2009/02/27(金) 06:50 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(-) | コメント(-)

【UEFA-Pokal】Werder Bremen- Glasgow Rangers 1:0


【UEFA-Pokal Achtelfinale, Rueckspiele】
Werder Bremen - Glasgow Rangers 1:0 (0:0)
13.03.2008, 20:30 Uhr


Werder Bremen:
Wiese –
Owomoyela (78. Harnik), Naldo, Mertesacker, Boenisch –
Jensen, Borowski, Hunt, Diego –
Rosenberg, Hugo Almeida (66. Sanogo);
auf der Bank: Vander, Vranjes, Oezil, Tosic

Glasgow Rangers:
McGregor –
Broadfoot, Weir, Carlos Cuellar, Papac –
Hemdani, Dailly, Ferguson, Davis, Adam (57. Whittaker) –
Novo (78. McCulloch);
auf der Bank: Alexander, Buffel, Thomson, Boyd, Naismith

Tor: 1:0 Diego (58., Linksschuss)

gelbe Karten: Adam

Schiedsrichter: Martin Hansson (Schweden)

Weser-Stadion: 33.660 Zuschauer


試合に勝って、勝負に負けました……。
もう一歩階段を昇るためには、最低でも2点取らねば→延長戦で決める oder さらにPK
という絶対条件があるなかでの試合でしたが、攻め攻め状態で、しょっちゅう「シュース、シュース、とああああーあ?」
という実況ラジオさんの声もむなしく響く前半45分。
どうも相手GKさんに神が降りていたようで、それでゴールを割れなかったのですか。
58分にDiegoが決めて、これでもしや、追加点が!!
と淡い希望を持った残り30分とちょっと。
ラジオの向こうから聞こえてくるWeser Stadionの、「Werder!」「Bremen!」のやまびこ現象に不覚にも涙出ました。
サポはまだ諦めてませんよ!
最後の2分まで、もしかしたら!!

……でも、Weserの奇跡は起こりませんでした。
この試合には、勝ちました。でも、次の階段は、Werderではなく、Rangersが昇ります。
勝ったのに負けた気分というのは複雑です。どうこのもやもやを表現したらいいのかわかりません。
しかし今季はこれだけの負傷者をスタート時から抱え続けて、それでもこうしてこの時期まで夢を見せてくれたのはすばらしいことだったと思います。
来年こそは、ね。

そしてこれで燃え尽き現象起こさず日曜の試合にきっちり勝ってくれたら、まだ望みはあると思うのですが、どうでしょう。


080314_01
まずはみんな、強行軍お疲れさま。


Fussballランキング参加しています。
fussball
Ich konnte einen guten Wunschtraum sehen.
Die Zeit des Traum ist kurz, aber shoen !
Ich danke ihnen fuer die wundershoenen Spiele.

2008/03/14(金) 23:59 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(0) | コメント(0)

【UEFA-Pokal】 Glasgow Rangers - Werder Bremen 2:0


【UEFA-Pokal Achtelfinale, Hinspiele】
Glasgow Rangers FC - Werder Bremen 2:0 (1:0)
06.03.2008, 21:00 Uhr

Glasgow Ranger:
McGreagor –
Breadfoot, Weir, Cuellar, Papac –
Ferguson, Dailly –
Hemdani, Adam, St. Davis –
Cousin (75. McCulloch);
auf der Bank: Alexander, Thpomson, Novo, Burke, Witthaker

Werder Bremen:
Wiese –
Fritz, Mertesacker, Naldo, Pasanen (64. Boenisch) –
Baumann, Jensen, Vranjes (60. Hugo Almeida), Diego –
Rosenberg, Hunt;
auf der Bank: Vander, Oezil, Owomoyela, Harnik, Borowski

【Tore】
1:0 Cousin (45., Rechtsschuss)
2:0 St. Davis (48., Linksschuss, Cousin)

gelbe Karten: Hemdani – Naldo, Hugo Almeida

Schiedsrichter: Alain Hamer (Luxemburg)

Ibrox Stadium: 51.082 Zuschauer


080307_01
ラジオの解説さんの愛あるコメントに 全独が 少なくとも極東女子がひとり泣いた。
“Mein Lieber Mann!!”
やっちゃったとしても、キミは僕らの「いとしいしと@指輪」さ!てな感じでしょうか。。。

前半までしか朝は慌しくてラジオを聞けなかったのですが、その前半終了間際から、何度もなんども、ラジオから、Fussballの試合なのに、「ぼりばるぷれいやー(Volleyball)」という単語が聞こえてきました。見事なアタッキングでもしてしまったのでしょうか……。
そしてその後、「これまで鬼神のごときスーパープレーの数々を~しかし今回のこの……」なんていう早口説明の後、「思い出すのはCLのあの試合」って、その話はもういーですから、解説さん!!
それでもやっぱり憎めない、Nr.1(アインツ)Wieseです。
ひとりの生身の選手ですもの、そんなときだってありますわ。


2点取られてしまいましたが、ホームに帰還でそれ以上で返せば大丈夫ですって。
選手のみんなも気持ちを切り替えて、すぐに土曜のブンデスですよ。また強硬日程ですねえ。。。


080307_03
集合写真からして今回は勝てるとは思えなかった、というのは冗談ですが。
なぜだかちぐはぐな印象を受けるこの一枚。誰が一番気になるのでしょう。
真ん中であっちゃ向いている“der Lange”?
Huntにかぶって隠しちゃってるWiese?
妙にびしっと決まっているRosi?
急いで撮りすぎな感ありありのこの一枚、それでもなぜだかお気に入りです。


Fussballランキング参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
fussball


2008/03/07(金) 23:59 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(0) | コメント(0)

時差のお話



次のUEFA杯は、スコットランドのレンジャースとの対戦です。
試合時間をチェックしに公式に行きました。

UEFA-Pokal 06.03.2008, 21 Uhr (MEZ) Uhr

試合開始日時は、3月6日の21時(MEZ)です。

また遅い時間ですねえ……って、「MEZ」ってなんですか???

……しばし検索……

MEZ(Middle Europe Zone)=中央ヨーロッパ時間 のこと。

って、なに?
もしかしたら世の中の常識で、私だけ今まで知らなかったのかもしれませんが。
今後の自分が再びわからなくなったときのために、残しておきますMEZについて。

まず、グリニッジ標準時は世界の時計の基準値です。これはわかります、学校で習いました。

グリニッジ標準時(グリニッジひょうじゅんじ、Greenwich Mean Time, GMT)は、伝統的に経度0度と定められているイギリスのロンドンにあるグリニッジ天文台での平均太陽時である。
@Wiki 『グリニッジ標準時



おおざっぱに言うと、MEZというのはそこから一時間進ませた時間である、ということです。

サマータイムとなるとまた違ってくるのですが、今の冬時間では、そうなっているそうです。
このMEZが適応されている地域は、ほぼ中央ヨーロッパ全域。(ドイツ、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク usw...)
除く、イギリス、アイルランド、アイスランド、ポルトガル、カナリア諸島。(こちらはGMT+0時間)

日本との時差が、GMTでは9時間であるならば、MEZは8時間の時差。
つまり、実際に現地(スコットランド)での試合開始時間は夜20時。
ドイツ時間(MEZ)では、夜21時試合開始。
さらに日本では、翌日朝5時試合開始。
となるわけです。

ブンデスはドイツ国内だけの試合ですから、普段は日本とドイツの時差のみ考えればいいです。
が、国際舞台を飛び回るとなると、記載されている試合時間がどこ基準か、というのを見なくては見逃したり、逆に早すぎたりすることもあるのですね。

ま、なんのかんの言いましたが大事なことは、「次のUEFAは金曜の朝5時キックオフ」というのを覚えておけばいい、ということでした。


にほんブログ村 外国語ブログへ
ランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。

2008/03/04(火) 00:12 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(0) | コメント(0)

【UEFA-Pokal】 SC Braga - Werder Bremen 0:1


【UEFA-Pokal】
SC Braga - Werder Bremen 0:1 (0:0)
21.02.2008, 22:30 Uhr


Sporting Braga:
Kieszek –
Joao Pereira, Paulo Jorge, Rodriguez, Carlos Fernandes –
Stelvio Cruz (61. Vandinho), Roberto Brum –
Cesar Peixoto, Ze Manel (46. Joao Tomas), Wender (46. Matheus) –
Linz;
auf der Bank: Dani Mallo, Contreras, Frechaut, Miguelito

Werder Bremen:
Wiese –
Fritz, Mertesacker, Naldo, Owomoyela –
Baumann, Jensen, Borowski (79. Boenisch), Oezil (57. Vranjes) –
Hugo Almeida, Rosenberg (70. Klasnic);
auf der Bank: Vander, Tosic, Sanogo, Harnik

【Tor】
0:1 Klasnic (78., Rechtsschuss, Vorarbeit D. Jensen)

【gelbe Karten】
Roberto Brum, Stélvio Cruz, Paulo Jorge – Borowski, Fritz, Naldo

【Schiedsrichter】 Serge Gumienny (Belgien)

Estadio AXA: 8.000 Zuschauer



080222_03
左:Tor決めたひと、
右:アシストしたひと。

ここのところ、本当にD.Jensen選手が好調ですね。それにKlasnicも。試合内容は詳しくはまだなーにも聞いていないのでわかりませんが、これにて勝ち抜け決定です。
なんといっても今回の試合開始時間が、現地時間で22時半ですからね。
日本時間で朝の6時半です。
そりゃあWebラジオの録音機能だけ作動させて家を出ねばなりませんて。
そして結果を家で知りたかったので、つい先ほどどきどきしながらSVW公式で1-0の勝利を知りました。
内容はともあれ、ホームでもアウェーでも勝ててよかったです。

よそさまは劇的な展開や大量得点で華々しいらしかったですが、地道でもいいので勝てることがこの冬のまず第一目標ですもんね。よそはよそ、SVWはSVWです。でもやっぱり本音は大量得点も見たいなあと思ってしまうわけですが。

080222_01
応援にかけつけたであろう熱血サポさんたちもお疲れ様です。
これからこの方々も弾丸ツアーでFrankfurtへ移動でしょうか。
中一日(移動日)はあまりにきついスケジュールですねえ。


Fussballランキング参加しています。
fussball
クリックひとつ、お願いいたしますv

2008/02/22(金) 22:59 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(0) | コメント(0)

【UEFA-Pokal】 gegen Braga 3:0


【UEFA-Pokal】
Werder Bremen - Sporting Braga 3:0 (2:0)
13.02.2008, 20.30 Uhr


Werder Bremen ( )はKicker採点。

Wiese (1) -
C. Fritz (3), Mertesacker (3), Naldo (2,5), Owomoyela (4) -
Baumann (3) -
D. Jensen (2,5), Hunt (4)(59. Borowski) -
Diego (3,5) (74. Oezil)-
Rosenberg (4), Hugo Almeida (4)


Sporting Braga
Paulo Santos (5) -
Joao Pereira (4), Paulo Jorge (4,5), Rodriguez (4,5), Carlos Fernandes (3) -
Contreras (4) -
Frechaut (4), Vandinho (4,5) -
Jorginho (3,5) -
Linz (4), Matheus (4,5)

gelbe Karten:
Fritz, Wiese – Contreras, Cruz, Paulo Jorge, Rodriguez, Carlos Fernandes

【Tore】
1:0 Naldo (4., indirekter Freistoß, Rechtsschuss)
2:0 D. Jensen (27., Rechtsschuss, C. Fritz)
3:0 Hugo Almeida (90. + 4, Handelfmeter, Linksschuss)

besondere Vorkommnisse:
Wiese haelt Foulelfmeter von Linz (10.) und Jorginho (36.)

Schiedsrichter: Georgios Kasnaferis (Griechenland)

Weser-Stadion: 25.690 Zuschaue


080214_06
神採点でた大明神のスーパーセーブ。
おそらくこれは一回目のPKのセーブ瞬間。ラジオで、「片手一本で止めたー!」と言うてました。

080214_01
こちらがあちらこちらでおみかけしている綺麗なセーブの瞬間。二回目のPK止めたときだと思われます。

そしてその後、試合終了直前に、今度はSVWへのPKが与えられ、これを決めたことでこの試合はPKに始まってPKに終わったようなものになりました。
Wieseが大明神となって活躍するのは大変嬉しいんですけれども、本来、Elfmeterなんて与えたり与えられたりされないのが一番ですよね。
ちなみに最初のPKをBragaに献上してしまったときに、ラジオのおじちゃんそうとう動揺されていたようで、

“Elfmeter fuer Braga !! Nach einem Foul von Per Mertesacker !!!”

と絶叫されてました。PK与えてしまったのがよりにもよってMertesacker氏とは……どんな当たりをかましたんだ、と思っていたら。
その後気づいたときにはPKの原因ファウルはFritz氏、ということになっていました。あり、変わってる。映像ではなく音声だけだったのでわかりませんが、ふたりで削りに行った、のかな?
二度目のPKはどうもWiese自身がアタッキングしてしまいーのものだったようですが、それにしてもあの広いゴールマウスに比較してのボールの小ささ!
それを2回も止めれば、そりゃあWieseコールもスタジアムに起こりますって。
ラジオからでも、コールは聞こえてました。ずーっと続く、Wiese,Wiese,Wiese!!と。
17節のときに自分の耳で聞いた某選手のコールを思い出しました。


Fussballランキング参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
fussball

いや、しかし本当になにがしか起こしてくれるチームです。
週末のニュルンベルク戦もきっと何かが起きるような気がします。

2008/02/14(木) 23:21 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(0) | コメント(3)

Werder Bremen - Espanyol Barcelona 1:2

【UEFA-Cup,10. Spieltag】
Werder Bremen-Espanyol Barcelona 1:2(1:0)
03.05.2007,20:45Uhr


070504_01
21:05
(20. min)

Gelb-Rote Karte: Klose (Werder Bremen)
Ist das bitter! Klose wird leicht am Arm beruehrt und lässt sich, auch noch außerhalb des Strafraums, fallen. Der bereits verwarnte Nationalspieler sieht zum zweiten Mal Gelb. Eine harte, aber vertretbare Entscheidung.
@Kicker.de Live Ticker



……開始4分でアルメイダが決めてくれて1:0。
最高の幕開け!
と思っていた矢先。
その前に開始2分でGelbをもらっていたミロがなんと20分に、「シミュレーション」でローテをもらう。。。
残り70分を10人で戦うことになりました、Werder。

かなりこの時点で「今年もありがとうございましたー!」て気分でした。

そして踏ん張ってふんばった前半、なんとか無失点でおさえたのですが、後半力がちょこっとゆるんだすきなのか、逆転を許し、ああ敗戦。。。

てか今シーズン審判に対して言いたいことがたくさん……(怒)
ほんとーに、そんな深刻な、カードがでるほどのもんでしたか!?
ミロ悪くない、とまでは言いませんが、国際試合になるととたんにミロに対して審判が風当たり厳しくなりがちなのはなんでなんだろう。

この間はWiese大明神が一発で。
今回はミロが2回で。
国際大会は赤紙がお好き?

……まあ奇蹟はそうそう起こるもんじゃないから奇蹟というわけで。
いい夢をみせてもらいました。
ミロや選手たちを責める気持ちなんてこれっぽっちもありませんです。
国際試合お疲れ様。
あとは、皿だけ。
頑張ろうがんばろう。

――さ、仕事行こう。

2007/05/04(金) 06:54 | 【サッカー】 UEFA-Pokal | トラックバック(0) | コメント(3)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。