スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

休止のごあいさつ


本日、8月8日をもちまして当ブログは休止します。
3年半の間ご訪問いただいた方々には感謝の言葉もありません。

リンクをしていただいたみなさまがたにはご挨拶を差し上げたつもりですが、こちらで把握していないリンクをしていただいた方がいらしたらちょっとわかりませんので、これを持って挨拶とさせていただきます。リンク解除・継続はお任せいたします。
ただ、更新をせずコメントも近々閉じてしまいます。
記録場所としては残しておきますので、今後もし(古い情報などでも良ければ)ご参考になれば幸いです。

このブログを通じてたくさんの方々と知り合うことができました。
実際にお会いさせていただいたり、楽しい情報を教えていただいたり……皆さまの好意で支えられていたここを閉じるのは心苦しいですが、今後もドイツ語を習い続けることに変わりはありませんし、緑白チームをこっそり応援し続けていきます。

またご縁がありましたら、いつか、どこかで。(somehow , someday , somewhere @IL DIVO)

今までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

2009/08/08(土) 16:12 | 初めに | トラックバック(-) | コメント(10)

管理人のこと

一行紹介:
ドイツ語を学んでいます。

時折、蹴球の話題へと頭が飛んでいきます。

【ブログでは】
・ドイツ語習得関連記事
・蹴球関連記事
・音楽関連記事
そのようなラインナップでお届けしています。
偏りまくりv

◆蹴球◆
ブンデスのチームのなかで、最も関心が高いのが北の音楽隊のチームです。


◆音楽◆
・趣味でバイオリン弾いていたりします。最近はさぼりがちでのこぎり音に戻らないように時折指鳴らし程度。演奏できる(人様に聞かせられるほどではない)曲で最も好きなのは、「パリの空の下」です。あのゆったりとした弓使いが弾いている自分も好きだし、聞いていても好きv
・クラシック業界のなかで好きな演奏家は、Andre Rieu。オランダのバイオリニストですが、世界中を旅しているクラシックの枠を超えたエンターテナー。何故か本国オランダよりもドイツでコンサートを開く回数が限りなく多い。ドイツ旅行の折りには是非とも一度足を運びたい。
・J-Popは正直最近わかりませんが、ふたけた越しの付き合いでいえば、The Alfee。彼らのベルリンでのコンサートを見に行くために、思えばドイツ旅行に申し込んだのでした。アルフィーがつないだドイツの縁。
・2007年に入って急激にはまったのが、IL DIVO。Pops+Operaの融合をはかったというオペラ歌手(ひとりポップス歌手もいますが)4人の多国籍グループです。先日の来日コンサートに追加公演のチケットを取って行ってきました。オペラを実際に見たことはないのですが、人間の声はここまでひとのココロと体を振動(感動)させられるんだ、と武者震いをしたものです。ちなみに、うちの猫(4歳・オス)も彼らの歌がかかると耳をピン、と立てて聞き入っています。おかげで他の歌手の曲は彼のいる前ではかけられない(汗)「これじゃない! アレ聞かせて!」とせがむのです、これホント。(2007年3月、IL DIVO好きな彼は他界しました。天国でも聞いてるかな~彼らの歌声)
・さらに2007年マイブーム、ドイツの超絶人気バンド(?)Max Raabe und Palast Orchester。来日コンサートに行きました。初めて生でラーベさんの歌声&パラストオーケストラの皆さんの演奏を聴きました。感動でした。面白かったです。笑いのエッセンスが絶妙にブレンドされているオトナの社交場のような雰囲気でした。来日公演のときはラーベさんは日本語でMCをされてましたが、本場ドイツではもちろんドイツ語でぴりっと辛いでも面白トークを繰り広げられているようです。それがわかるように、なりたい!!(切実)頑張ろうドイツ語。


◆愛読書◆
シャーロック・ホームズ全集/星の王子さま/エロイカより愛をこめて←特にこれは「少佐」ラブ。
その他多数。
Web本棚始めました→【Jusuraの本棚:Booklog】


かなりかたよりまくった自己紹介でしたが、少しは管理人の人となりを知るきっかけになりましたでしょうか。

2008/02/28(木) 19:54 | 初めに | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。