スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"82 Millionen+23 = ein Team"


二年前もベルリンでファンへの御礼をしたマンシャフトさんたち。
今回のEM2008でも、盛大にファンフェストを開いたようです。
6月30日、月曜日。ベルリンの天候は、晴れ。集まったファンは、10万人。
ベルリンには一度旅行に行ったことがあるのですが、あのブランデンブルグ門を通り抜ける大通りを人が埋め尽くす、っていうのはちょっと想像がつきません。それも、平日の昼間ですけどね!(笑)
みんな代表チームに御礼が言いたくて来たのかなあ。
再来年、2010にはまた同じようにベルリンに集まってくださるでしょうか、ビア保父マネジャー?

リアルタイムでライブストリームを流してくれた太っ腹ARDさん&ZDFさんだったようですが、私のPCはずーっと、「接続中です」のままで時間が過ぎていきました。PCさん、アナタいったいどこに接続していたの???
しかし、太っ腹だけあります。
その感謝祭の模様をさっそく51分もの大作として全世界の誰でも見られるように公開してくれるとは!
はじめから最後までじっくり見たら、バッファの時間を入れたらそうとうかかりそうな超大作ビデオ。
みんなが楽しそうなのが良いです。笑顔でいるのがやっぱり良い。
↓↓

Euphorischer Empfang fuer Jogis Jungs
@ARD.de

申し訳ないですが途中で早送り一時停止などをさせていただきまして、個人的ハイライトはたっぷりと見させてもらいましたv
いやー個人的には最後の最後のファンへの挨拶でのPocher氏がナイス!
このところ某大きいヒトとのつながりが深い分、付き合いでか、つられてかはわかりませんが、いつもは控えめ後ろにたたずむ彼がなんと、最前列に!!

080701_03
マイクを持って先導するPocher氏&メルテ&メツさん。
ちょっと恥ずかしげなところがまたvvv


080701_07
そして最後に飛び上がってのご挨拶。
正直CBふたりが最前ですと、後ろの小さいひとたちが欠片も映りませんよ?
でもでもめったにないことですので、申し訳ありませんがご容赦ください<誰への謝罪かは不明

腰のことについてはどこの記事も触れていないので、きっと大丈夫だったのでしょう。
一番初めの登場時にMetzeとふたりで仲良くバスケでドリブル。
そしてその後の軽いインタビュー、で伸びた前髪が風になびいてさらさらしているところを見て。
最後の最後で、ファンにお別れの挨拶でFritz氏に誘われてかで自分の着ていたTシャツを脱いであげようとしているところとか。
なんだかこのヒトずるい! と軽く思いました。いや、あまりになんというか、かっこかわいくて


そんなMerteのインタビューでの小話は、Werder公式より。

"Wir haben eine harte Nacht hinter uns, aber wir sind sehr gerne hier. Der Flieger hat vorhin schon eine Runde gedreht und das war ein fantastischer Anblick. Aber wenn man jetzt hier unten steht, ist es noch viel besser."
「僕らには厳しい夜だったけれども、ここにいることがとても嬉しいよ。(僕らが乗ってきた飛行機の)パイロットがさっき既にこの辺りをぐるりと回ってくれたけど、まるで夢みたいな眺めだった。でもいまここ地上に立ってみると、上空よりももっと素晴らしいね」(自分脳内訳)

@Werder.de 【Merte und Co. begeistert in Berlin empfangen




今回の横断幕は、『ファン+23人の選手=ひとつのチーム』
ファンを大事にしてくれる彼らが、次の2010でもうひとつ上の段階に行けるよう、今からまた、応援し始めようと思いました。
楽しい夢をありがとう、です。

080701_06




Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch


スポンサーサイト

2008/07/01(火) 23:55 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(2)

das Finale


080630_02
その銀のメダルになにを思うのか。


西班牙チームには、おめでとう!
マンシャフトさんたちには、ありがとう?

もやもやーっとしたまま終了してしまった感のあるEM2008でしたが、この6月まるまるフスバルに集中できたこと、決勝まで(私が)見る気になれたこと、実はすごいことだと思います。
元来私はフスバルファンではなく、ドイツファンなので、これだけ連日見ていたらみすぎじゅん、いや自分の許容範囲を超えてしまって飽きてしまうのではないかと思っていたのですが、最後の最後まではらはらし通しで、そんなことは遠い次元のかなたでした。
マンシャフトさんたちが危なかっしい上に最後まで残ってくれたから、目が離せなくて最後の最後、メダルの授与まで見られたんだよなーと、感謝でいっぱいです(ほんとのフスバルファンさんたちとはきっと違った感想なのは重々承知の輔)

西班牙は――この試合しか見ていないのでなんですけれども――少なくともドイツよりも強い、とは私には言えませんが、この試合に限って言えば、より良いプレーをしていた、と思います。
序盤の緊張がちがち? 状態の西班牙のときにドイツがもっと畳み掛けられていたら展開は違ったのかもしれませんが、それも「たられば」ですもんね。
私が応援している選手が選手だけに、どうしても守備に目が行きますが、その一度決壊したら鉄砲水が溢れるような崩壊っぷりに、思わず目を覆いたくなりました。
こんなとき、もっと真面目にきちんとフスバルを見ている方なら、原因や推測が考え付くのでしょうが、私の頭ではそんな難しいことはわかりませぬ。
ただ、「ああ今日も……」とがっくり肩を落とすばかりなり。
それを思えば、むしろ一失点で済んで幸いというべきか、なんというか。

080630_05
この試合で一番目を惹いたショット。
躍動感溢れる、これぞフスバル! というふたりの体現っぷりがGut! Merteが宙に浮いてます。
……実際にはボールの先にはLehmannがいて、彼ががっちりボールを抱え込んでくれたがために失点せずに済んだ、というぎりぎちちょっぷな場面ですけれども(涙)


EMは今日で終了。
ファンフェストでベルリンご挨拶が終われば、次はもう代表はWM2010に向けて動き出さねばなりません。二年後に誰が代表に呼ばれ、誰が活躍するのかはまだ遠い先の話ですが、今回のもろもろの反省点をきっとチームは消化して、マイナス部分をプラスに変えられるんだ、と希望を持っていて良いですよね?
そして二年後のWM2010には、ニホンの 雑音 偏向報道が届かない場所で観戦できるよう、私自身も今から、今日から二年後に向けて動き出そうと思います。


見ている応援している自分たちももどかしい思いでしたが、きっとマンシャフトさんたちが一番もどかしい思いをして戦っていたEM08だったんでしょうなあ。
なにかが足りなかったんでしょうが、その何かを、次のWMで見せてくれたら。
WM2006が終わってからの夢の二年間を、Danke! Jogis Jungs!!


Fussballランキング参加しています。クリックひとつ、マンシャフトさんたちにお願いします。
fussball


月末にお休みの取れる職場でないので、今日はそのままお仕事でしたが丁度良かったです。仕事中は仕事のことだけ考えているので、朝一番の怒髪天的出来事から程よく頭が冷えました。
試合中および試合直後に愚痴ってしまったAさま、ごめんなさい。この場を借りてお詫びします。そしてまた後ほどお詫びに伺います……。



080630_04
Merteの腰が大事ないといいのですが……。

2008/06/30(月) 22:31 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(5)

EM応援歌(Wenn nicht jetzt, wann dann?)


EMが始まってから、ようやくドイツ代表マンシャフトさんたちの試合がテレビで見られるようになりました。それまでのEM予選では昨シーズンのブンデスと同じく、耳で聞く試合、という状況でしたから。
時差のことだけがネックといえばネックでしたが、それは普段のブンデス週末金曜当番のときでも同じですから、慣れているといえば、慣れてるもんです<さすがにグループリーグで二試合続けて見た後勤務、というのは厳しかったですけれども

そしてこの、「見られる」試合であるにもかかわらず、私はこのEM期間、自らのドイツ語能力向上のため、そして今後の保存用として。
インターネットを通じてライブストリーム放送を流してくれているラジオ(WDR イベント)から、ドイツ対××戦をいまのところ全戦、片耳で聞いて、テレビの試合を見るということをしてました。
もちろん決勝もこのスタイルで。
ニホン語での解説がどうも……もにょもにょ、なときでも片耳はドイツ語ですので、そちらに集中してしまえば、「はいはいすみませんでしたねー」といいたくなるときでも万事解決です。

***

そしてこのEMが始まってからというもの、試合前にはほとんど必ず、ある曲がかかっていたのが気になってました。
そしてどうもどこかでいつか私自身が検索したことのある曲のような。
↓ ↓ ↓
メルテコラム(2007年10月2日分)

見覚え&聞き覚えあるはずです。
メルテがコラムで言っていたお勧め曲でしたよ。メロディラインと、サビの歌詞がすごーく気に入っていたんでした、自分。

ラジオでは、WM2006夏メル映画でも使用されていた、Klinsiお気に入りの『Dieser Weg』のかかる頻度も高いのですが、こちらの曲のほうが多く聴いていた気がします。
決勝を前に、少し調べてみました。
曲名は、
『Wenn nicht jetzt, wann dann?』(いまでなければ いつ?)
ハンドボールWM2006のテーマソングとして、ドイツはケルンのバンド、Hoehnerが歌ってドイツ国内で大ヒットした曲です。
このテーマソングを掲げて、彼らドイツハンドボールマンシャフトさんたちは見事優勝を果たしたのでした。

そして今回、メロディラインはそのままに、歌詞を若干変えたFussballバージョンとして、EM優勝を祈願しての再発売となったのでありました。
(ちなみに発売日は6月18日。グループリーグを終えて、オーストリアに勝利した後の発売でした。
もしも、もしも仮にグループリーグ敗退、なんてことになっていたのなら、この曲も多分ひっそりと消えていったことでしょうが、この決勝、ファイナルまで来たとなれば、やはり盛り上がる曲で気分を高揚させたいもの。
サビが特に素晴らしいと思うのですよね~この曲。今から購入してもEM期間中に届くのは間に合いませんけれども、それでも手元に残しておきたい一曲だなーと思います。


そしてこの曲の一番の特記事項。
お聞きいただくとわかるのですが、すごい大多数で歌っています。そんなにバンドさんの人数居るの? と思いきやいやいや。
実は歌っているのは、
[ Hoehner und die Deutsche Handball Nationalmannschaft ]
@U ちゅーぶ
なのです。
優勝した彼らにあやかるということなのか、ハンドボールの代表選手たちが、フスバルの代表チームのために、歌ってます。
もうこのシチュエーションにやられました。彼らのためのテーマソングをいささか変えて、フスバルチームのために、ハンドボールの皆さんがココロをこめて(かどうかはわかりませんが)歌います。
いやー、もうココまで来たら、歌詞の通りにカップを掲げるのは君たちだ、ですよ!

紹介動画に、ポ王子&シュバイニのようなお祭り系コンビが居るのが気になります。やはりどこのチームでも居るんでしょう、ムードメーカーが。ほほえましい。

きっと明日の試合前にもラジオでかかるだろうこの曲を共に歌って、ドイツの優勝を祈願してます!


***

自分のメモ兼後学のために、一番を置いておきます。歌詞をメロディに乗せられるようなニホンゴ、って非常に難しいですね。ですので、このニホンゴ歌詞は自分訳でだいたい訳です。

Wenn nicht jetzt, wann dann? (Fussballversion)

Deutschland vor noch ein Tor
Das ist der Trend der Zeit
Fussball das ist jetzt der Renner
Jederzeit zum Schuss bereit
Nur gemeinsam seid ihr stark
Und dann laeuft auch euer Spiel
Ein kluger Pass und der Ball
landet unhaltbar im Ziel

ドイツよ前へ、もう1点
トレンド時期だ
フスバルはいまやヒット商品
いつでもシュートの準備はできている
ただ君たちがひとつになって強く
試合で駆けたらいい
針穴パス それにボールで
防御不可能な決勝点を決める

Dann wird es allen klar
So werden Wunder wahr
Kommt und holt euch den EM Pokal

そしたら疑問の余地もなく
そう奇跡がやってくる
君らがEMカップを掲げる奇跡が

Wenn nicht jetzt, wann dann
Wenn nicht hier, sagt mir wo und wann
Wenn nicht ihr, wer sonst
Es wird Zeit, nehmt den Fuss und nicht die Hand

いまでなければ いつ
ここでなかったら、どこで いつ
きみたちでなかったら、ほかに誰が
つかみとる時だ 手じゃなくて 足でね




Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch



折りたたみ追記に、完全自分メモ。

【weiter...】(続きを読む)...

2008/06/28(土) 23:06 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(0)

ドイツ×トルコ戦放送障害その後

この試合自体の感想はまだなにか夢心地というか、現実味を帯びていないような気がして保留中なのですが(大体あれだけトルコが押していて、ほとんどクロアチア戦に逆戻り?だったドイツがあれで勝てたことがまだ信じられない)、後半に入っての大規模な放送障害についての詳細があがっていましたのでそちらをまず。

UEFA EURO 2008™ サッカー欧州選手権
「準決勝-1 ドイツ vs トルコ」生中継における映像・音声障害について

@Wow

準決勝で映像中断=サッカー欧州選手権
@すぽなび

UEFA drohen Regressforderungen
@Kicker.de


以上の情報を照らし合わせると、この映像・音声障害は再送信された放送データで回復されているとのこと。
もしもし?……再放送は録ってませんよ?
さらに次の再放送は、
8月10日(日)深夜4:20~ デジタルHV/BS-5ch
らしいですが、この放送中断の間に起こった両チームの動きに試合を左右するような重要な要素があったのか、と考えたら、「まあ再放送は録らないでもいいかな」と思ってしまった薄情な私でした。
あ、その前にこのチャンネルなら私は録れません。残念。


ちなみにこの映像・音声障害。
世界規模でかついろいろなところが影響を受けたらしく、私が目でテレビを見つつ、片耳で聞いていた、WDRラジオでもこの時間帯はいきなり、「ぶつっ」と現地からの放送が途絶えて急にスタジオに戻されていました。
テレビがだめならラジオ、というのもどうやらだめだったようです。
しかしこの放送障害が起こる前に、既にWDRライブストリームラジオはスタジアムの実況マイクの故障かなにかでぶつぶつ途切れて、試合開始前15分あたりから試合開始直前までつながらなかったのでありました。この障害はWDR側の障害で、テレビ局の本放送障害とは無関係?
試合前のマイクぶつぶつ切れで、スタジオの女性アナウンサーが、スタジアムの実況さんに、「私の声、聞こえます? あ、全然聞こえてないですねー直ってから中継します」とあっさりばっさり斬り捨てていたのがなぜか印象に残っています。動揺もせずにさばさばと現実を受け入れていた姿勢がかっこよかったです。


きっと一秒一瞬がハイライトになる(はず、の)決勝戦ではこのような事態が起こりませんように!!


Fussballランキング参加しています。クリックひとつ、ありがとうございます。
fussball


080625_07
ニホンのいろんなニュースサイトをのぞくとかなりの高確率で採用されていたこの勝利を祝う代表選手たち、のショット。
なにゆえこれだったのか……。
普段はこんなにベロ出したりしてないんですよ、たまたまはしゃいでしまっただけなんですよ、元来控えめなんですよ、とこの画像を見たとき頭の中をぐるぐる言い訳が駆け回ってたりしましたが、たまたまニュースを見ただけの方がそこまで気には留めないですよね。
余計な気を回しすぎました。
しかしこのお顔では喜んでいるのか勝利のおたけびなのかご機嫌斜めなのか読み取りづらいですよ、Mertesackerさん。

2008/06/26(木) 22:52 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(3)

呪いは解け、決勝へ



080625_01


呪いを解くのは、容易ではありませんでした。
ひとつずつ、解除していって、3段階でようやく。解除時間もぎりぎりの、90分。
準決勝の呪いをチームみんなで解いていきました。
みんなが王子。

080625_06
身体を張った、Merte王子。

Merte流に言うと、あとひとつ勝てば、です。
おめでとう! ありがとう!!


Fussballランキング参加しています。マンシャフトさんたち応援クリックお願いします。
fussball

うまいこと試合の感想も出てきません。あー勝ったんですよね、本当に?

2008/06/26(木) 06:16 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(2)

Gewinnen!!!


080619_04


いまはひたすら感無量――この試合を見られて良かった。大きいひとが鬼と化しただけのことがありました。最後の最後まで集中を途切れさせず、試合をひっくり返されることがなく、ミロが決めてカピターノが決めて、名誉挽回の機会を与えられた選手がそれ以上の働きをみせてくれて。

苦しかったけど応援してきて良かったなあ、と素直に思えます。
いろいろ書きたい事はあれど、いまはこれだけ。

Danke ! Jogis Jungs!!


Fussballランキング参加しています。クリック応援、Jungsに届きますように。
fussball

2008/06/20(金) 06:27 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(4)

【Gruppe B】 Oesterreich ×Deutsch 0:1


【Gruppe B, 3. Spieltag】
at Oesterreich - Deutschland  de

   0 : 1 (0:0)


080616_12
勝ったどーーーーー!!の雄たけび。珍しい。


試合が終了してすぐのKapitaen BallackとMerteの力強い抱擁に、どれだけこの試合に気合いを入れていたのかわかってちょこっとうるっときました。
080616_01



決して最高のパフォーマンスを残せたわけではなく、むしろ改善提案出さなくちゃいけないところだらけだったとは思いますが、それでも勝てたことがいまはうれしいです。
オーストリアもはじめから最後まで、終始ドイツゴールをねらって前向きに全力で向かってきていたのですが、やはり最後の最後で、決めきれない、そのあと一歩に泣いたような気がします。

そしてHarnikくんが一躍ドイツのみならず全世界でその毒舌っぷり(むしろやんちゃっぷり)で有名になってしまったのが悲しいんだかうれしいんだか(とほほ)
080616_11

はじめに言ってきたのはたしかにHarnikくんの周りのチームメイト(緑白)だったのでしょうが、これで今後のチームにおいての彼の位置が微妙にならなければいいんですが。

クロアチア戦でのメンバーからの変更は、負傷したJansenに代わって左SBにLahm、あいた右SBにはお久しぶり!Arne Friedrichが。
私はArneがなぜだか好きです。ここのところ代表での姿をお見かけしていなかったので、怪我か不調なのか、と思っていましたが今回の試合では地味に堅実に守っていたと思います。あくまで素人レベルでの観戦なので、専門の方は違った評価を下すのかもしれませんが。
しかしこの地味に堅実に、がDFに求められている素質ですよね~。目立ってはいかんのです、目立つときはきっとやらかしたときでしょうから(涙)


080616_10

この3人のDFの絵がすき。
次のポルトガル戦での起用がどうなるのかはわかりませんが、彼が引き続いてSBに入ってくれていたらいいのにな、と個人的希望です。

試合を決めたのは、カピターノの豪快FKでしたが、それまでに左のSBとして、そして切り込み隊長として縦横無尽に走り回っていたLahm選手に今回の最功労賞を捧げたいです。彼は際だって動きが良かったように思います。
彼があれだけ走ってドリブル隊長でいてくれたから、あのFKがもらえたのだと思いますし。。。
それぞれの選手に特徴も持ち味も違うのでなんですが、彼がこれだけ際だって見えないくらい、フィールド上の選手全員が光ってみえる試合がみられたら、いいなあ。

両監督退席のときに少し席を外していたのですが、監督が退場しなければならないほどの騒ぎ、だったのでしょうか??
監督がいなくなっても、実際にゲームを行っているのは選手たちで。
それでもやはり大事な局面で的確な一言で流れを変える、それが監督業だと思っているので、
その指示がなくなった後半戦、両チームにどういった話し合いがあり、どんな指示が出ていたのかが気になります。
Jogi監督の去就問題にまで発展した、先日のクロアチア戦での敗退。
今回はそれを払拭するまでの勢いはなかったものの、また違った意味で注目されてしまった監督でした。
選手の赤紙と同じように、次のポルトガル戦も引き続き退席、などとならなければいいんですが。

Merteについて。
何度かひやりとしてしまう守備が見受けられました。Metze&Merteの足が長くてよかった! 身長の分、救われたところも何度かあったと思います。
クリーンな守備もいいのですが、やもすると諦めの早い守備、に映ってしまうこともあるのかな、と。
今回Metzeが頑張っていたので、その分プラスマイナスNull、という感じでしょうか。
次節ポルトガル戦では1+1=3人力、くらいに強くて固い守備になっていたらいいのですが~。

Fussballランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
fussball


まずはグループリーグ突破!
この肩を組んだ姿のように、一致団結チームはひとつ、で乗り越えていって欲しいものです。
080616_09


2008/06/17(火) 22:53 | 【サッカー】 EM2008 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。