スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラジオ講座ストリーミング放送


一週間遅れですが、ラジオ講座がオンラインで聞けるようになりました!
早速、ラジオドイツ語を聞いてみました。

まいにちドイツ語 ストリーミング放送ページ

ラジオの本放送はさっそく聞き逃したりしましたが、これで翌週はストリーミング放送で聞きなおすことができます。
こんなサービス、待ってました♪

さて、これからさらに聞き逃している英語5分間トレーニングのストリーミングも聞いてきます。。。

スポンサーサイト

2009/04/06(月) 23:45 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(-) | コメント(-)

ベルリン今昔

090318_2051~01
本日のお買いもの。

4月からのラジオ講座&テレビ会話テキスト(どちらもドイツ語用)。
THE ALFEE in Berlin(DVD)
A CHORUS LINE(オリジナルキャスト版CD)

この新しいテレビ会話で今のベルリンを。
DVDで十年前のベルリンを垣間見ることができます。
まさに、ベルリン今昔。

いつもテレビ版はテキストを買うのみで本編放送は見たことがないのですが、4月からのこのベルリン編は担当講師が矢羽々先生ですし、しっかり映像で見て楽しもうと思ってますv
私が知っているベルリンと、今のベルリンがどう違うのか。きっといろいろ発見があるんだろうなあ、と思います。


最後のコーラスラインCDは、英語を再びがんばろう自分へのご褒美というか、やる気が起きない時の魔法の音源にと思っての購入です。あのミュージカル、舞台では見たことがないのですが、映画版のDVDは部屋のすぐ手の届くところにいつも置いてあります。
見るだけで元気の出る、お気に入りのミュージカル。


さて、では十年前のベルリンへ、ちょっと行ってきます。

2009/03/18(水) 21:13 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(-) | コメント(-)

発音クリニック(1)10月3日放送分

さて、何の単語でしょうか?

ヴィルヘルム ・ エーミル ・ リヒャート ・ ドーラ ・ エーミル ・ リヒャート

↑これは、今日のラジオ講座で勉強になった、「Telefonalphabet(テレフォン・アルファベート)」です。聞き間違えをなくすため、「ヴィルヘルムの『W』です」といった置き換えで説明する、聞き取りに自信がないときに大いに活用できそうな技です。

***

今週から、後期ラジオ講座が始まりました。
月曜から木曜は、昨年の再放送、「謎の女」。
しかしただの再放送ではなく、昨年まで20分だった放送を5分短縮して、15分に再編集されたものです。
月曜から再度聞きなおしていますが、4月からの放送では感じなかった、「5分短縮」を実感しました。まったく初めての講座ならわからなかったものが、二度目の放送で、それが短くなるとやっぱり15分放送の詰め込み感、と言いますか、なんだか窮屈な感じです。

まあ、でもこれは続けて聴いているからこその感想なのかもしれないですけどね。
初めてドイツ語(にかぎらずラジオ講座全般)を聞いてみようとしている方からしてみたら、15分でも長いのに! となるかもしれませんし。
語学を学ぶのは長く険しい道をひたすら歯を食いしばって歩くもの、というイメージから、「気軽に手軽に始める外国語」へ路線変更、そして集客率アップ?

学習者すべての希望をかなえる講座なんて、どこの国のどんなスクールやセミナーでもないんだろうなあ、と思います。


***

気を取り直して、金曜日。
金曜だけは新作です。

講座名は、「ドイツ語発音クリニック」です。

日本語なまりのドイツ語から抜け出せない私です。
通っている学校での会話コースでも、グループ内で先生に大絶賛される男性に羨望の目を向ける私。
ディクテーションをDW(Deutsche Welle)で毎日行っていても、ふと気付くと自分の日本語っぽいドイツゴが気になります。

今日の講座が第一回目でしたが、なんだか聞いて、聞いた通りに繰り返し繰り返し、口から出る音を真似ていけば、「私でもなんとかなるかも!」と希望が湧いてくるようでした。
第一回目はアルファベートから。
しかしこのアルファベートの聞き取り問題が、初見ならぬ初聞きでは、ペケがたーくさん。

「R」と「L」
「M」と「N」
そして、
「B」と「W」

たった三文字の略語でも、
DDR(ドイツ連邦共和国)が、「DDL」かな?
BWL(経営学)は、「BBR」に聞こえてしまう私。

ひとは、自分が発音できる音しか聞き取れない、と外国語習得のための本のあちこちに書いてあります。いやー、まさにそれをひしひしと実感しました。

たった15分の講座。
そして第一回目、アルファベートの発音練習でしたが、何度繰り返して聞いても、出てくる自分の音がなかなか変わりません。
しかし、一朝一夕で変わるものではないですもんね。
始まったばかりの発音講座と一緒に、えっちらおっちら徐々に直していけたらな、と思います。

そしてそのアルファベートの聞き取りがまだ難しい人へのお助けテクニック。
それが、「Telefonalphabet」でした。
アルファベートだけなら難しくとも、これが補助でついていてくれたら、だいたい大丈夫です。
ということで、冒頭の答えは、

W illhelm
E mil
R ichard
D ora
E mil
R ichard

でした。
このテレフォン・アルファベート、自分でこうして単語を考えて話すと、いろいろ楽しいですよ♪
ぜひ、放送をお聞きになってる皆さまご一緒にv



Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございます。
deutsch

考えてみると、erder remenはWとBが連続してますね。このチーム名が聞こえている通りに口にできたら、きっと「W」と「B」はカンペキ!
あと何百回聞いたら正確に発音できるかな……

2008/10/03(金) 23:20 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(-) | コメント(-)

Danke Herbstmonat! Willkommen Weinmonat!


080918_2004~0001
半年間お疲れさまでした。

本日9月18日木曜日をもちまして、4月から始まっていたラジオ講座、「KhH(Kopf hoch, Hampelmann)」の放送が終わりました。
正確には来週、復習期間で再放送があるのですが、テキストが進むのは、今日の講座まで。

今年からラジオ講座の5分短縮、今までの20分から15分になった影響と、月水金が入門編、火曜と木曜がその一歩先、という区分けになっていたラジオ講座。
私自身の状況としては、何度かすっかり忘れていたりもしましたが、基本は火曜と木曜日に放送を聞いて、録音して、復習、というサイクルでなんとか完走しました。
O田先生のこのフェリックス日記講座、非常にためになりました。まだ自分で消化しきれていないところが多いですが、これから何度も聞き返し、例題にチャレンジし続け、自分のモノにしていこうと思います。素晴らしいテキストをありがとうございます、O田先生!
「テコモロ」は自分の文庫本ノートの最初のページに忘れないようにメモっていますよ……独作文(日記など)のときに、これを見るのと見ないのではやっぱりまだまだ自分の作る文に差がでますから。。。


いやしかし、エヌハーカーの教育形態にけちをつけるつもりはありませんが、やはり毎日聞いて学ぶのが、いいなあ、と半年終えての感想を持ちました。隔日ですと、どうしても間延びするというかなんというか……。
(自分の学習態度を棚に上げて何を、ですわね)


そしてこの18日は同時に、次月のテキスト発売日でもあります。
早速10月号を購入し、内容を確認する我。
基本的に新しもの好きなもので、すぐに飛びつきます。

10月からまた曜日枠を変えて、月~木を以前の講座(謎の女・2007年4月~9月)を短縮しての再放送。
謎の女はストーリーが秀逸で、いつの間にかぐんぐん引き込まれていったので、もう一度、新たな気持ちで聞きなおすのもいいですなあ。

そして金曜日には、同じS野先生が担当される、「ドイツ語発音クリニック」が新作としてお披露目されます。
もちろん、金曜日の発音練習重視の講座も楽しみです!
私はいまだに、数字の13~19、dreizehn,vierzehn,fuenfzehn~の、「zehn」の発音が悪いので、こういった発音に特化した講座がないものか、と思っていました。
耳からきく音と、自分の口から出る音がどうしてもずれて、正しい発音にならないのはどうしてなのかなあ、耳が悪いのかなあ、と思ったことも。
来月からの実際の放送を聞いてみないと実際のところはわかりませんが、この発音クリニック、期待大、です♪


Deutschランキング参加しています。クリック応援、ありがとうございますv
deutsch


2008/09/18(木) 23:00 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(-) | コメント(-)

そらいろのろくがつ



080518_2044~0001
テキストだけは欠かさず購入していますが、今期まだ一度もテレビ版を見ていない私です。


テキストには大変面白いことが書かれていて、読み物としても大変お買い得、この価格でこれだけのドイツ語が詰め込まれているのはなんだか価格破壊もいいところじゃないのか、と思うほどでありますが、それでもどうしてもテレビ講座を見逃してしまう毎週なのですよねえ。
月曜日の朝6時再放送か……身支度で忙しい時間帯ですしねえ……(フェードアウト)

それはそうとして、今月号はそらいろテキストです。
4月は黄緑、五月はオレンジ、そして青。
また今年もカラフルシリーズ継続、ですねこりゃ。
しかし昨年から改良された点があり、背表紙の「N●Kラジオ」の部分がそれぞれの語ごとに色分けされていることによって、書店で見分けやすくなった、か、な……?


6月号の火・木担当フェリックスコーナーのはじめに、O田先生のあいさつ文が載っていますが今回それに激しくうなずきました。先生は、語彙を増やすことが語学のステップアップにつながる、とおっしゃっています。

語学を上達させるために必要なのは、「お金と時間」。
そのお金と時間をなにに使うのか、といえば「文法とそして語彙だ」
@外国語上達法


と私が何度も読み返してはココロの戒めとしている、『外国語上達法』 (岩波新書 黄版 329)@Amazon
を思い出しました。つきつめていけば、やはりそこにつきるのですよね。
ある言語を習得しようと思うのならば、文法という骨組みに語彙という肉付けがされて、両者がうまくかみあって初めて、機能する仕組みなのですから。
どちらも大切、ただぶっちゃけ単語を並べるだけでコミュニケーションは十分取れるので、どちらかというと語彙を増やすことが確実に他者との関係はスムーズに運ぶような気がします。

今回のO田先生のアドバイス、『Mein 単語帳を作りましょう』はなるほど納得です。私が覚えたいフスバル関係の語彙と、ある友人がとても応援しているUwe Kroeger氏関係の音楽語彙には果てしなく遠い距離があるように思えますし。

080518_2049~0001
ここのところ、ブンデス最終節に向けて気もそぞろだった精読。
今日からEMまで、また気を取り直して再開です。
↑は精読単語ノート。記事内でわからなかった単語はこうして書き出して残しています。一度読んだだけでは覚えられないものももちろんありますので、私のノートは同じ単語が重複していることがままあります。しかしそれも、きっと後から見返してみると自分の習得記録のようになっているんだろうな、と思うと無駄なことにはならない気がします。
ちなみに色分けは、
赤=名詞
青=動詞
緑=その他(形容詞・副詞 usw. )
となってます。
カラフルノートは見やすくて良いですよ。


そうそう、6月号テキストを見てなにかが非常にひっかかっていたのですが、先ほどある画像を見て思い出せました。
070926_02
少し色が薄いですが、珍しかったそらいろユニWerderバージョン。第7節、Wolfsburg戦で使ったこのそらいろのユニはもう出番がないのでしょうか。来季また再利用されたりするのでしょうかね。


Deutshランキング参加しています。クリック応援、まことにありがとうございます。
deutsch

2008/05/19(月) 00:02 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(0) | コメント(0)

No more ORANGE!?



080418_2352~0001
5月号テキストです。
今年も月ごとカラー変えは継続の方向でしょうか?


4月号は、新芽の黄緑色。この色を見ると、ずんだもちが食べたくなります(笑)
5月号は、なんのオレンジ?? ドイツ語講座の証、「D」の頭文字が緑色ですので、これだけ見ると、緑・白・オレンジ。でちょっと嬉しくなります。(なので、記事タイトルは緑白ファンの一時期スローガンであった、「もうオレンジはカンベンして」です。私自身はオレンジユニは好きでしたv)

結局、ラジオ講座は朝の「まいにち」のうち、火曜と木曜のフェリックスのみを今は聞いています。あと、月水金は、オープニングだけ。なにを聴きたいのかバレバレです。Hahaha。

いまのところ、講座の速さや分量についていけている(と自分では思っている)のですが、確かに繰り返して聞いていると、いままでの20分から5分短縮になった事実は実感できます。
一時間の通勤電車で、去年までは3回しか繰り返しで聞けなかった講座が、今回は4回聞けるのですから。これは大きいです。反復学習、という目線で見れば(聞けば)確かに短縮の効果はあるのかもしれません。

しかし、講座についていく、ということと、その教わった文法を元に自分の考えた文を構築していくということの間には果てしなく広い川が流れているようです。渡りきるのには、いまの自分の段階では非常に時間がかかります。
こういったことからも、まだまだ自分は理想とする場所にはたどりつけていないなあ、と思うわけでありまして。
まあでも、何事も繰り返しと叩き込みですものね。限りある脳細胞をフル活用しても、翌日には忘れていることの多い凡人の頭ですから、後はひたすら繰り返し、蓄積して、頭の引き出しから自然と出てくる日を夢見て毎日机に向かうのみです。
悩むことはきっといつになっても止められないことなんだなあ、とこのごろしみじみ思います。
ただ、悩んでいるだけ、ではなくてそれを自分の心から生まれたものだからとあるがまま受け止めて、それを解消するためにはどうしたらいいのか、自分の前進の起爆剤に変えていけたらいい、とそう思います。


Deutschランキング参加しています。クリック応援ありがとうございます。
deutsch

2008/04/20(日) 20:49 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(0) | コメント(0)

KfH!(Kopf hoch, Hampelmann!)


Wie schaaade!

いえ、今日の放送はO田先生の放送回。ちょっぴりむつかしいレベル設定のなか、さらにいままでよりも5分短いという制限のなか、やっぱり楽しい構成になっていると思うですよ。
その短い分、後半の練習時間に回す分が少なくなったかな、と思わないでもないですが、それは聴講者が各自の復習時間で頭をなやませればいいだけでありますし。

で、なにが残念かというとそういった講座のドイツ語の内容ではなくて。

テーマ曲が。

曲名:Erinner Dich 演奏:KLEE
(ゲンのバイオリン時と同じテーマ曲!)

なところが。

Raabeさーーーーん、どこいった~~~?
(月水金へ)

まあ考えてみたら、毎日同じテーマ曲ですとまぎらわしいですものね……嗚呼でもそれにしても残念です。。。O田先生の放送でRaabeさんのオープニングなら鬼に金棒、復習で聴く気も二倍も三倍もUPでありましたが……。

ま、Raabeさんはラーベさん単体として聴け、ということですね。
しかし今日が初回放送でしたが、いきなりちょっぴり難しい本文でありました。
でもやりがいのあるテキストです。
今日の仕上げは、本文テキストを参考に、自分でも手紙を書いてみよう。

***

(自分が書いた手紙一例)
新聞によると、貴方がすばらしいぬいぐるみ職人であるとのこと。
加えて、年代もののテディベアの修繕もなさっているとうかがいました。
そこでお願いなのですが、私と長い付き合いのテディをなおしていただけないでしょうか。
詳しいことはご承諾をいただけてからお話したいと思います。

ドイツ語文は折りたたみ追記にて。

【weiter...】(続きを読む)...

2008/04/01(火) 23:47 | 【ドイツ語】 NHK-Radio | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。